ピクシブ百科事典

目次[非表示]

タグでは日輪が使われる。

プロフィール

身長164cm
体重44kg
誕生日1月8日
声優櫻井智井上喜久子仁後真耶子(幼少期)



人物

鳳仙に支配されていた時の吉原桃源郷で遊女達の頂点に君臨していた花魁。
天下一の美貌に加え、気品や人格などにも優れた一人の女性としても素晴らしい人格者。

上客すら滅多にお目にかかれない高嶺の花であると同時に、非常に芯の強い女性。
遊女にとって絶望的な吉原でも毅然とした態度を貫いてきた姿勢から、月詠を含め吉原中の遊女達から敬慕されている。「吉原の太陽」と呼ばれ、希望の象徴となっていた。

戦闘能力がないながらも、鳳仙も彼女に一目置いており、自分の嫌っていた太陽に重ね合わせていたようである。
また、日輪の方も幼い頃に身売りされた時から鳳仙が太陽に憧れていたことに気付いていたため、ずっと彼を気にかけていた。





ここからはネタバレになります


初登場は吉原炎上篇
キーパーソンである晴太の母親と思しき人物として登場した。
晴太は自分を育ててくれた老人から彼女が母と聞かされて以来、頻繁に吉原に足を運び話しかけていた。しかし常に無反応であったため、スリをしてまで金を貯めてまで彼女に会いたがっていた。
その一環で晴太が銀時の財布をすったことが全ての始まりとなる。


晴太をまるで相手にしない一方で、彼と吉原に潜入した万事屋一行を吉原から逃がす手引きを月詠に頼むといった行動に出ていたが・・・


















実は彼女は晴太の本当の母ではなく、彼の実母は晴太を出産した直後に衰弱死している。
晴太の実母の妊娠を知った一部の遊女達が彼女を匿い、その出産を手助けしていた。その遊女の一人が日輪だったのである。

実母の死後も日輪達は密かに晴太を育てていたが、吉原では遊女が産んだ子も殺されることから、日輪が彼を地上へ逃がすために吉原を脱走した。

しかし鳳仙に捕まってしまい、その場で死のうとするも利用価値ありとして、晴太と彼を託した老人の命と引き換えに吉原に連れ戻される。
それからは足の筋を切られ自力で歩くことすら出来ない身体にされた上に、客寄せの顔見せ以外は軟禁される生活を強いられるようになった。
神威の協力で晴太は日輪の軟禁場所にたどり着く。その際にも彼を冷たく追い返すが、自分が実の母ではないと知っても母と慕う晴太の言葉と、銀時の力添えもあり、彼を息子と受け入れ、涙を流した。

鳳仙を倒すために吉原の天井を解放するように晴太に指示を出す。

鳳仙が銀時に破れた際には、自身の足の自由を奪った張本人であり、憎むべき存在でもおかしくない彼に優しく語りかけ、頭を膝枕して静かに最期を看取るなど、器の大きさを見せた。

終盤では新しく生まれ変わった吉原で、銀時に満面の笑みで酌をした。




現在

鳳仙から解放された後は、車椅子に乗り、吉原で茶屋を経営しながら、晴太と月詠の三人で暮らしている(このため、彼女が登場する時は月詠と晴太も登場することが多い)。

吉原炎上篇以降は花魁時代のしがらみから解放されたこともあり、気さくで明るい人物になる。
しかしその反面、銀魂の通例通りギャグキャラクターと化しており、それまで見せていなかったかなりマイペースで天然な面も目立つようになっている(人の話を聞かずに頼みごとをする、酔っ払った月詠が銀時に暴力を振るうところを微笑ましげに見守る、晴太に重箱入りの弁当を弁当を持たせるなど)。

また料理上手ではあるが、弁当のセンスに関しては、月詠や猿飛あやめにツッコまれるレベル(当の本人たちも、やはりダメだったが)。

しかし花魁時代の気丈さは健在であり、有事の際には肝の座ったところを見せる。吉原が地雷亜によって放火された際には的確に指示を出し、危機を救った。


人間関係

吉原の自警団である百華の長月詠とは長い付き合い。当初は先輩遊女と禿という関係で、生きることに投げやりになり、先輩遊女と諍いばかりを起こしていた彼女を諭し、立ち直らせている。
月詠は日輪への敬愛の念から女であることを捨てて吉原の番人になった。彼女とは気心が知れており、扱いも熟知しているが、彼女がとんでもない酒乱であることは知らなかった。

また晴太の養母になり、血の繋がりをもたないながらも深い愛情を以って接している(その方向性はややずれているが)。

万事屋の面々のことは「吉原の救世主様」と呼んで頼りにしているが、無茶振りをすることもある。神楽とも吉原に訪れることもあるので、それなりに親交がある模様。


関連タグ

銀魂 銀魂の登場キャラクター一覧
月詠 晴太 鳳仙 花魁

関連記事

親記事

吉原桃源郷 よしわらとうげんきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日輪(銀魂)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22384

コメント