ピクシブ百科事典

春雨(銀魂)

はるさめ

本稿では漫画『銀魂』に登場する架空の犯罪組織について記述する。
目次[非表示]

組織の概要

天人によって構成される銀河系最大のネットワークを持つ犯罪シンジケートで、宇宙海賊春雨と呼ばれている。地球でも麻薬の売買や取引斡旋、人身売買など非合法活動が盛んで、鬼兵隊など地球の犯罪組織と手を組むこともある。「元老」と呼ばれる幹部達が、組織の最高責任者として内部を管理・統括している。

十二師団

実働部隊は最高指揮官の「提督」のもとにある十二の師団で構成されており、トップとして団長を、その補佐役として副団長を各師団に置いている。さらに各師団にはいくつかの末端組織を傘下に置き、数々の任務を任せている。構成員は基本的に己の利権しか頭になく同士討ちも日常茶飯事で、組織としての繋がりは非常に希薄である。

三凶星

第四師団団長「海王星猩覚、第三師団団長「天王星范堺、そして第二師団団長「冥王星馬董ら三名のことを指す。宇宙海賊春雨十二師団の中でもトップクラスの実力を持ちながらも、組織の掟を犯したことで長らく幽閉されていた危険分子達であり、いずれも最強師団である第七師団に劣らない戦力を有している。

組織の勢力推移

かぶき町四天王篇の後日談にて、提督である阿呆が自身の立場を脅かしかねない神威を謀略により公開処刑しようと企むが、協力関係にあった高杉率いる鬼兵隊による寝返りを契機に大規模な反乱が起こり、組織は神威と高杉によって乗っ取られる。その後は、幕府の転覆を狙う高杉に協力して将軍の暗殺作戦に参加する事になるも、元老の命令によって実働部隊を牛耳っていた第七師団そのものの排除が決定する。

茂茂の死後も、執拗に第七師団と鬼兵隊の追撃が行われ、最強のエイリアンバスターとして名高い星海坊主の協力も得る形で着々と追い詰めていったが、この頃より十二師団の団長一同は、神威や元老に振り回される状況に反感を募らせていた。その結果、天導衆の一人であるの手引きによって、実働部隊全体が元老に反旗を翻す。元老は組織を天導衆に売り渡されるも同然の形で全滅し、これによって春雨は組織として実質上の崩壊を迎えた。

その後は虚の私兵集団として活動する事となり、第七師団と鬼兵隊の残党が潜伏している惑星「烙陽」へと侵攻を開始し、上述の「三凶星」らを含む実働部隊の半数近くが投入される。

組織の主要人物一覧

元老

詳細不明

提督

  • 阿呆(元/故人)
  • 神威(現/引継・兼任)

第一師団

  • 獅嶺(元団長/故人)
  • 神威(現団長/引継・兼任)

第二師団

  • 馬董(団長/三凶星「冥王星」)

第三師団

  • 范堺(団長/三凶星「天王星」)

第四師団

  • 華陀(元団長)
  • 猩覚(現団長/三凶星「海王星」)

第七師団

第八師団

  • 勾狼(元団長/故人)

末端組織

  • 陀絡(頭目)


関連イラスト

第七師団
【銀魂571訓】結局三凶星最弱って…


神威と阿伏兎VS雑魚の皆さん
己と同等 それ以上の剛なる者の血をもって初めて 俺の魂は潤う



関連項目

銀魂 神威(銀魂) 阿伏兎 云業 鳳仙 華陀 猩覚 范堺 馬董  鬼兵隊 天導衆
銀魂 コンビ・グループ・カップリング・イベントタグ一覧

関連記事

親記事

天人(銀魂) あまんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「春雨(銀魂)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31648

コメント