2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

麻薬

まやく

脳内に作用し、酩酊・多幸感・幻覚などをもたらす薬物。日本では、法律により所持や使用が厳しく制限される。
目次[非表示]

定義

日本においては「麻薬及び向精神薬取締法」において麻薬に指定された薬物。狭義ではアヘンモルヒネヘロインのようなケシから生成されるオピオイド系薬剤を指すが、日本の法律ではコカインLSDMDMAも麻薬に含めている。

概要

での作業による麻酔いから「麻」は「しびれる」の意で使われるようになり、「麻薬」の語源となった。精神を沈め催眠状態にする。

麻薬は痛みを取り去り多幸感などをもたらすが同時に依存性(身体依存・精神依存の両方)が強く、常用すると重大な健康被害をもたらす。また幻覚などの作用により犯罪や事故を引き起こす事もある。

規制について

前述のように麻薬は重大な事故や犯罪に利用されかねないため、規制の対象となる場合が多い。日本では麻酔薬として医療関係の国家資格保持者が厳しい条件のもとでのみ、所持・処方することを許可されている。

一方で、麻薬の所持や使用が合法な国家もある。アメリカの一部の州では医療用麻薬が認められている他、カナダでは2018年10月17日から、大麻(マリファナ)が合法化されている。欧州ではオランダも麻薬に寛容である。

麻薬を広める懸念もあるが、合法的に麻薬が入手出来れば犯罪行為に手を染めずに済むため犯罪の抑止になる他、国家が麻薬を管理すれば税収増加も期待出来る利点がある(加えて暴力団などの資金源を絶つ事にも繋がる)。

こうした政策は、ハードドラッグが入らないようにソフトドラッグ市場に限定して厳格に管理する事で薬物による害を減少させようとする「ハーム・リダクション」という考えに基づく。ただし、麻薬の種類にはよるが依存性などの問題は結局ついて回るため、麻薬政策には絶対的な正解はないというのが実際の所だろう。

医薬品として

オピオイド系薬剤で最も広く用いられるのは経口で投与される鎮痛、鎮咳薬リン酸コデインである。風邪薬に配合されている国もあり、低濃度のコデインが含まれる医薬品は日本でも処方箋なしで入手可能。しかし、作用そのものは弱いとはいえモルヒネと同じであり、ロシアなどでは乱用が社会問題になっている。

モルヒネはコデインの10倍くらい作用が強いが、アメリカなら一般向けの医療キットにも入っており、NSAIDsと言われる非麻薬の鎮痛剤が効かない慢性の痛みに強力な鎮痛効果を発揮する。だが、日本ではほぼ回復の見込めない(副作用よりも鎮痛効果を優先させる方が良いと判断された)末期患者にしか処方されてこなかった。

近年は日本でも、帯状疱疹など命に関わらない病気にもモルヒネを使用する事が検討されているが、慎重な取り扱いが要求される事には変わりない。

関連タグ

麻薬カルテル ヘロイン コカイン

関連記事

親記事

薬物 やくぶつまたはやくもつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1165539

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました