ピクシブ百科事典

モルヒネ

もるひね

アヘンから精製される麻薬。痛み止めに使用される。

アヘンから精製されるアルカロイドの一種。強力な鎮痛・鎮静作用がある一方、強い依存性を持つ。

1804年、アヘンからモルヒネを分離するのに成功したフリードリヒ・ゼルチュルナー(ドイツ)は、「夢のように痛みを取り除いてくれる」ことからギリシャ神話モルペウス神にちなみモルフィウムと名付けた。

1874年、モルヒネを無水酢酸で煮てアセチル化したヘロイン(ジアセチルモルヒネ)が製造された。

関連記事

親記事

アヘン あへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モルヒネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10232

コメント