ピクシブ百科事典

星海坊主

うみぼうず

漫画・アニメ『銀魂』の登場人物で、神楽と神威の父親。
目次[非表示]

プロフィール

年齢40代
身長168cm
体重65kg
誕生日7月20日
一人称
声優速水奨


概要

宇宙三大傭兵部族の夜兎族の男性で、神楽神威の父親。第一級危険生物の駆除をしてまわる、宇宙最強の掃除屋(えいりあんばすたー)で、かの鳳仙と並ぶ作中最強キャラ候補の一人。単行本57巻の質問コーナーによると、本名は神晃(かんこう)であり、星海坊主は仕事をしているうちに定着した通り名である。

初登場時はすだれ頭にチョビ髭(初期と後期では微妙に形が異なっている)だったが、巨大えいりあん(いわゆる宇宙怪獣)との戦いの最中に、寝ボケた神楽に酢昆布と間違われ髪を毟り喰われてしまい、完全にハゲてしまった。しかしその後、育毛剤「アトラスNEO」の長編CMに出演しており、CMの最後には頭頂部に一本だけ髪の毛が生えていた。その結果なのか、以降再登場する度に、毛が生えていたり元のすだれ頭に戻っていたりする描写がある(ただし、髪の毛がまったく生えてないときもあるので、再び抜け落ちたか元々カツラを被ってた可能性もある)。

昔は髪の毛フサフサだったが、30歳過ぎて毛根の女神が実家に帰ってしまった。
時の流れは残酷である。

かつて「親殺し」という廃れた風習に従って彼に襲い掛かった神威の手により片腕を失い(現在は失った片腕には義手をつけている)神威を殺しかけた過去を持ち、それが原因で夜兎の本能が目覚めた際には家族さえも手にかけようとする自分に気付き、家族から距離を置いていたが、現在では万事屋としての生活で変わろうとしている神楽を遠くから見守るような立場となっている。

親がいない銀時にとっては羨望的存在で、不器用ではあるものの神楽の事を想う星海坊主の姿に感じるものがあったらしい。ちなみに妻(神楽の幼少時に病死している)とは「できちゃった結婚」を行ったらしい。えいりあんばすたーとしては結構な報酬を得ているが、妻の医療費と標的である獲物を駆除する際に周囲をも余計に破壊しまくった為、一家は貧乏暮らしを強いられていた。

キャラのモデルはドラゴンボールバーダック
よく間違えられるが星海坊主であって海坊主ではない。

小説版

BE-BOPプラス


3Zでも神威・神楽の父親として登場するが、彼らとは別れて暮らしている。
夜兎工業高校の教師として登場。中国出身。
帽子を被れないため、バーコード頭が丸出し。

関連イラスト

夜の兎
海坊主


【WJ 559訓・感想】
夜兎親子



関連タグ

銀魂 夜兎 万事屋 春雨 快援隊
神楽 神威 江華 鳳仙 陸奥 阿伏兎 
パピマミ ハゲ

以下、原作未読の方は注意

























烙陽決戦篇にて、久々に再登場。
春雨元老院内の知り合いに頼まれ、実の息子であり第七師団の団長である神威を自身の手で葬るべく春雨側として参戦。神威の部下であり、同族でもある第七師団の夜兎達を殲滅する(ただし、彼が戦場に駆け付けた時には第七師団は既に壊滅状態であったらしく、最初から全部一人で片付けたわけではないとのこと)。そしてついに、宇宙船内にて息子と相見えるものの、の仕組んだ罠により乗っていた船が爆発。爆発に直接巻き込まれた神威は船から宇宙空間に放り出され、行方不明になる。

その後、元老院を滅ぼした虚に対して、これ以上自身の「狩り」に手を出さないよう忠告した上で、密かに見逃していた鬼兵隊や阿伏兎ら第七師団の生き残りが避難した星「烙陽」に向かう。しかし、虚が自身の忠告を無視し掌握した春雨の大艦隊を差し向けたことで、なし崩し的に阿伏兎らと共闘することになる。神威との親子喧嘩に横槍を入れる邪魔者を片づけるべく、たった一人で数隻の戦艦を落とすなど「夜兎の生ける伝説」の名に違わぬ無双っぷりを発揮する。

なお陸奥の父親とも古い知り合いだったらしく、その娘の陸奥とも面識がある(陸奥を弟子にとるよう依頼されていたが、彼女自身がこの申し出を辞退した)。その縁あってか坂本快援隊に裏で春雨側の機密情報をリークしており、快援隊が一部の鬼兵隊のメンバーを救い出すことにも貢献している。虚曰く「最初からあの男の標的は神威ただ一人であり、それ以外の者を殺すつもりも最初からなかった」との事。

その後、烙陽に現れた神威や、彼らの親子喧嘩に突如介入した虚と激突。彼がアルタナによる不死者であることを早期に看破し、咄嗟の機転と長年の実戦経験に基づく知識をもって一時的に虚を絶命させた。ところが一瞬の隙を突かれ、虚に胴体を右腕ごと両断されて戦闘不能状態に陥る。

虚がアルタナ切れによりとどめを刺さず撤退したこと、また銀時らが直後に到着したこともあり、絶命には至らなかった。夜兎族特有の高い生命力もあってか、後に快援隊の艦内にて治療を受け、一命を取り留める。その後は神楽と共に亡き妻・江華の墓参りをしに行き、神楽を介して銀時らに虚を倒す手段があること、そして自身もその一助となるべく何らかの方法を探す意思を伝えた。また、地球に深い思い入れを持つ彼女の意思を尊重する旨を改めて明言した。

なお、上記の虚との対決時に、妻との馴れ初めを始めとする夜兎一家の過去の詳細が星海坊主本人の口から語られている。また、この戦いで失った右腕には(おそらく快援隊で調達したと思われる)新たな義手を付けている。

pixivに投稿された作品 pixivで「星海坊主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 656286

コメント