ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


『───その羽ではもうどこにも飛べはしない どこにも逃げられはしない』
『真の八咫烏の羽からは 何者も逃れられはしない』

さらば真選組篇後半にて、突然姿を現した謎の男。被り笠と烏の仮面で素顔を隠している。
天照院奈落先代首領にして、天導衆の一角。曰く「天の裁き」、信女曰く「国の命さえ攫う本物の死神(からす)」。物静かで丁寧な紳士のような口調で話すが、その本質は無慈悲で残忍極まりなく、目の前の命を奪うことに何の躊躇もない。

その剣技は同じく剣に秀でる沖田や信女ですらほとんど反応出来ない程で、肉弾戦においても夜兎族の神楽を「子兎」呼ばわりして力で圧倒する程の実力を誇る。沖田、神楽、信女といった作中有数の実力者三名をほぼ同時に相手取りながらも、彼らをほとんど寄せ付けずに悉く返り討ちにしてみせた。
そんな中、直後に乱入してきた銀時は、何故かその剣筋に無意識のうちに反応し、ギリギリの所で渡り合っていた。

アニメ版では原作で数週間に渡って描かれた登場から素顔判明の流れが一話分にまとめられたためか、「虹色の残像を残して瞬間移動する」「斬撃で空気が振動する」など、原作以上の「銀魂らしくない」やや大袈裟ともとれる演出でその異端ぶりが示されている。また、初登場シーンではパイプオルガンの重々しいBGMと共に登場し、多くの視聴者にその存在感を強く残した。
ちなみに、そのBGMの曲名は「剣の記憶」であり、原作において遂に虚の素顔が露わになった回のタイトルでもある。

銀時との斬り合いの中で仮面を叩き割られるが、その素顔は……














以下、銀魂の基幹に関わる重大なネタバレにつき閲覧注意




































正体


生きるのが、うまくなればなるほど。



『君は 私の剣をしっているな 
 だとしたらそれは恐らく ぬぐい難い 敗北の記憶
 君はしっている』
『君の剣は 私には届かない』

CV:山寺宏一/喜多村英梨(少年体)


あまりにも残酷な真実。

第544訓(アニメ314話)にてこの台詞と共に露わになった彼の素顔は、亡き吉田松陽と瓜二つ。銀時が虚の剣筋に無意識のうちに反応できていたのも、松陽と幾度となく重ねてきた稽古の「敗北の記憶」があったためである。その素顔を見た銀時は、一時的に思考を完全に放棄する程の動揺を受けて立ち尽くす。直後、神楽の必死の呼びかけで我に帰った銀時の必殺の一撃を全身に浴びるも、その傷は急速に再生・完治する。その異端ぶりに気圧され、さらには戦況の悪化もあり対抗策も尽きた一行は退却を余儀なくされる。
その後、一行を乗せた船が離陸したところへ砲撃を放ち、佐々木を葬った。

黒縄島の闘いが終結した後、第554訓にて信女の口から真実が明らかとなった。

虚とは、アルタナ(地球人からは龍脈と呼ばれる)という巨大なエネルギーにより不死となり、500年にわたり殺戮の日々を生き続けている男。吉田松陽とは、奈落が天導衆に仕える時代となった徳川の治世、突然謎の失踪を遂げた虚が名前を変え、身分を隠し寺子屋で子供達に手習いを教えていた際の姿であり、血に濡れた500年の中で彼がこぼしたほんの一瞬の微笑みであった。松陽の処刑後、奈落たちがその遺体を火葬していた最中に炎の中から蘇る。奈落はその体を調べ上げようと試みたが、いつの間にか彼は天導衆の一角にまで上り詰めていた。

後述するように、少年期の朧に自らの不死の血を与え延命したり、暗殺対象を多数見逃すなど、次第に「虚」から「吉田松陽」へ人格が移り変わっていたようである。またかつて獄中での朧との会話で、「奪うことしかしてこなかった自分でも何かを与えることができるのではと考え、自分に抗ったため」と語っている。しかし、「結局与えられたのは自分の方だった」とも話している。また、この時に牢番だった骸(信女)にも手習いを教えている。

蘇った虚は以前とは別人のように変貌しており、松陽としての人格は完全に失われてしまったようである。信女は彼を「松陽であって松陽でない者」、銀時は「あれは松陽じゃなく、松陽でさえ殺せなかった別の何かだ」、高杉は「先生の中にいた別の"なにか"」と評している。しかし、「うずいているな、私の内にあるかつてあの男だった血肉が」と、まるで吉田松陽だった頃の記憶を読み取っているかのような発言もしている。また、信女は「松陽を殺したのは銀時ではなくあの男」とも語っているが、これは「“松陽”という人格が虚によって殺された」という意味であると思われる(これに関しては後述)。

烙陽決戦篇において、かつて死にかけていた少年期の朧に不死の血を注ぐことによって延命を行っていたことが判明する(死期が迫りながらも、朧が彼に忠を尽くすのもこのため)。元老院を抹殺して春雨の力をも掌握しようとする有り様は、星海坊主から「宇宙で最も危険な生物」と例えられた。後に三凶星の一角である猩覚は「今の春雨はたった一人の男の、ただの玩具に成り下がっちまった」と語っている。

黒い刀身に卍型の鍔とどこかの斬魄刀と似たような形状だが、実はこの卍型は史実の吉田松陰の家紋と同じである(五瓜に卍)。恐らくこれもまた「虚=松陽」の伏線の一つであったと考えられる。

なお、星海坊主との交戦中に鍔の描写が不自然に描かれており、表(刃の側から見た)と裏(柄の側から見た)の両側共に「卍」の形となっている。もし片側を正確に描いた場合、倫理描写でアウト(ナチスドイツハーケンクロイツ紋章と同じ)になる為であると思われる。

烙陽にて

烙陽に集った銀時らの前に再び現れ、掌握した春雨総十二師団の総力を挙げて銀時達及び元老院の依頼を受け参戦していた星海坊主と共に行動する第七師団の残党たちを殲滅しようと指揮を取る。しかし、春雨や奈落の手勢が次々と突破されていく状況を目の当たりにし、ついに自ら出向くことを決意。第九師団後衛部隊壊滅の報せを受け、銀時達の始末を朧に任せて自身は星海坊主らの交戦地へと向かう。

事前に、神威との確執にけじめを付けんとする星海坊主から横槍を入れぬよう忠告を受けていたのだが、これを無視して親子喧嘩(兄妹喧嘩)に介入。星海坊主、神楽と交戦中であった神威を不意打ちで斬り掛かるも、星海坊主によって阻まれる(この時、神威を庇った代償として星海坊主は左の義手を失った)。

船の砲撃により彼ら親子を分断後、己の家族を守らんとする星海坊主と交戦。宇宙最強と謳われる彼とまさに「規格外」の熾烈な戦いを繰り広げた。その様は「夜兎の生ける伝説」との異名をとる星海坊主が手応えを感じられず生命の危機を感じるほど。しかし、危機を告げる本能を強引にねじ伏せた星海坊主の渾身の一撃によって右腕を吹き飛ばされるが、(アルタナの効力によるものか)それすら物ともせず徐々に彼を追い詰めていく。ところが、上記の顛末から虚が妻・江華と同じアルタナの力による不死者であることを看破した星海坊主は、咄嗟の機転でアルタナの結晶石を片手に差し違える覚悟で心臓を握り潰す。これにより、その肉体は絶命して果てるが、事前に全てのアルタナの力を右腕に移していたため、その吹き飛ばされた右腕から完全な再生を遂げる。

その後「やっぱりアナタでも私は殺せませんでしたか」と嘆息しながら、星海坊主の腹に刺した己の刀で彼の右腕を胴体ごと切断。星海坊主に身動きも取れぬほどの瀕死の重傷を負わせるが、虚自身も急激な再生により己の中のアルタナが尽きてしまい、止めを刺さずにそのまま撤退した。

星海坊主を「唯一自分を殺せるかもしれない存在」と評し、また決着後は「お互い命一つ捨てる覚悟がなければ勝てぬ相手だった」と発言していたことから、実力そのものは星海坊主と互角程度と思われる(彼らの戦いを目の当たりにした阿伏兎は、この二人を互いの尾を食らい合う実力が拮抗した二匹の龍にたとえていた)。ただし、アルタナによる不老不死といった反則級の恩恵があることから、作中最強クラスに位置する人物と言っても過言ではないだろう。


過去

かつて虚は幼少期からその不死という特徴故周りの人々から「鬼」と恐れ疎まれてきた。幾度も殺され、その度に蘇るという壮絶な苦しみを味わいながらも死ぬことができない彼は、やがてその苦しみから逃れるため無数の人格を形成することとなる。そして永き時が過ぎ幽閉されていた牢獄が朽ちた後、これらの無数の人格が今度はかつて自分「達」がされていたのと同様に殺戮を繰り返すようになる。やがて時の朝廷に捕縛されるも、そこで与えられたのは八咫烏(死神)の面(顔)だった。

それ以来、人を恐れ、あるいは憎み、あるいは人に焦がれる無数の「自分自身」を持つ虚は500年の間、時の政権が移ろうともただ奈落の首領として殺戮の日々を送ることになる。そんな中、そんな無数の「己」に抗おうと生まれたのが後の「吉田松陽」となる人格だった。彼は無数の虚を抑え込み、無限に続く血の螺旋に終止符を打とうと様々な行動で抗い続けるも、とうとう「全ての虚を終わらせる」ために生まれた今の「虚」に敗れることとなったのである。「松陽を殺したのは貴方(銀時)じゃない、あの男よ」という信女の言葉は、まさに何の比喩でもない事実であった。

目的

前述の通り、虚は無限に続く命の中で魂がかき消えてしまうほどの苦しみを味わい続けてきた。苦しみから逃れようと無数の自分を生み出したが、それでも苦しみから逃れることはできなかった。そしてついに全ての苦しみを終わらせようと、これまで生み出してきた自分を殺し、終焉に向けて行動を開始したのである。虚は地球のアルタナを食らう不死者であり、故にその地球が存在する限り絶対に死ぬことはない。その為、彼は地球を滅ぼすことで自らを完全に終わらせるという結論に達した。

虚が指揮した烙陽における銀時らとの戦いは、すべて陽動であった。激戦の裏で、密かにこの戦いに動員しなかった春雨の構成員を動かし、事前に奪っていたアルタナの門を唯一制御することができ、入手には天導衆の総意が必要とされる「鍵」(詳細は「天導衆」の項目を参照)を用いて他の星々のアルタナを暴走させていたのである。それによって他の星々の民の怒りや恐怖を全て天導衆に向けさせ、彼らのいる地球を全宇宙からの戦火に曝す事こそが、彼の真の狙いだった。この宇宙最大級のスケールを誇る敵との対決が、予告されていた「最終章」の内容となる。

銀ノ魂篇

最終章・銀ノ魂篇にて、銀魂史上最凶最悪の敵として銀時達の前に立ちはだかることとなる。用済みとなった天導衆を始末し、終焉への仕上げに向けて地球に帰還した虚は、地球を占拠していたアルタナ解放軍の駐屯地を民衆に成りすました奈落を率いて襲撃し、地球側によって停戦協定が破棄されたように装い全面戦争を引き起こすべく暗躍する。
その中で解放軍の激しい抵抗に遭うも、無傷の虚だけでなく奈落達も満身創痍の状態で何度も起き上がる。実は奈落にも虚の血が注がれており、不死の軍勢と化していた。ただし、朧と違いこちらは大量の不死兵を即席で作るために一人につき数滴しか使用しておらず、再生力が不完全なゾンビ状態である。
その中で、奈落を蹴散らし進撃してきた万事屋・信女と交戦する。激しく抵抗する一行を相手に圧倒的な物量を放出し、更には奈落三羽の最後の一人・を繰り出す。何度斬っても復活する奈落を前に一行は消耗していき、またも退却を余儀なくされる。

そして神楽と神威の兄妹が孫老師率いる夜兎部隊を撃破したのを受けて再び銀時らの前に現れ、ついに地球のアルタナの暴走を引き起こし出す。自身達の力を以てアルタナの暴走を鎮めるべく奔走する定春と阿音・百音の姉妹を奈落に執拗に襲撃させ、そしてついに銀時達との最後の決戦の時を迎える。

虚の体内に宿る地球のアルタナとの拒絶反応を引き起こす力を宿す、宇宙中の星々のアルタナの結晶石を集めて星海坊主が作った銀時の結晶刀で右目を貫かれるも、烙陽での星海坊主との戦いの時とは異なり、アルタナの力を常に補給し続けられる虚の生まれた星・地球の元では、然したる傷を負わせることはできない。
「この星を滅ぼさない限り、私は倒れることはない。皮肉なものですね。貴方達が必死に守ってきたものは、私の生命に他ならない。」
切り札だった結晶刀を無惨に砕き潰し、銀時の額に刀を伸ばすが―――――。

不意に起きた爆発と共に真選組、第七師団、そして星海坊主と神威の親子らが駆け付ける。そして総員を上げて虚の首を目指す面々達。
しかし結晶石の破片を叩き付けられ左の目も潰され視力を失いながらも、過去に何十年もの間毎日目玉を抉り貫かれ続けたこともあると語り、目で見えずとも感じる事ができるという虚には全くと言っていいほど効いていなかった。駆け寄った真選組の隊士達を一太刀の元に斬り伏せ、戦意を喪失した山崎の頸動脈を切り重傷を負わせ、銀時と土方、沖田の3人を相手取ってもなおも余裕を見せる虚。
そんな中、唯一全く怯えを見せなかった近藤の姿だけは捕えられず、背後から心臓を貫かれる。しかし逆に虚自らの身体ごと近藤を貫いて重傷を負わせ、動揺して斬りかかった土方と沖田の攻撃を受けてもなお「今のは良かった」と口にしながらも反撃し深手を与える。第七師団による結晶石の弾丸の一斉掃射をも難なく躱し、さらに神威の足止めからの星海坊主によるアルタナ兵器の砲撃をも避けていた。そして真選組と第七師団の隊員達を瞬く間に死体の山へと変え、立ち竦む新八の元へと歩みを進める。

しかし亡き父・剣の言葉を思い返し斬り掛かった新八の心は折れず、真っ二つに両断しようとするもののその間際に右腕の蘇生が止まり吐血する。アルタナの奔流に呑まれた定春はなおも狛神として、虚への地球のアルタナの供給を封じるために戦っていたのだった。力を取り戻した銀時・新八・神楽の3人は虚に挑みかかるが、あと一歩のところで定春の力は途絶え、アルタナの封印が解け再び虚の傷は癒えてしまう。
だが、そこに集った江戸の住民達が、銀時らを救うべく立ち上がる。剣を手に奈落の大群を振り払う者達、そして己の生命力を阿音と百音の力を借りて霊力に還元し、定春の元へと繋げる者達。剣を持つ者も持たぬ者も皆が戦う姿に、自らが知る「人間」という醜悪な生き物とは違う別の「人間」という生き物の姿に怯えを抱く。そして再び斬り掛かる銀時の姿にかつて見た少年時代の彼の影を見出し、自分の中にまだ松陽の人格が残っていたことを悟りながら、銀時、新八、神楽、近藤、土方、沖田、星海坊主、神威の8人に全身を貫かれて敗北する。だが暴走し墜落する天鳥船の破片の雨の下で、銀時達に対し彼らが吉田松陽を救えなかった事実を伝えながら、アルタナの奔流へと身を投げ姿を消した。

しかし、もともとアルタナから生まれた虚にとってアルタナに飛び込む事は水の一滴が海に戻るようなものであり、それを察していた銀時は阿音・百音たちから聞いた全国にある龍穴を巡り、辺境の海辺にある竜穴から赤子の姿で再生した虚の体を保護。どう扱うかを迷っていた銀時と共にしばらく放浪していたが、その肉体に現れた人格は松陽の記憶を受け継いだものとして現れた。そこに虚を手に入れようとする奈落の残党によって腹部を貫かれ、アルタナの結晶石に変えた心臓を銀時に託して逃がし、自らは囚われてしまう。心臓を失った体は不老不死を得ようとする、復活した天導衆が作り上げた宗教『星芒教』の神体として保管され、彼らをおびき寄せるために桂が起こしたテロに紛れて江戸のターミナルへと移送される。

しかし、実は虚の血によって破滅した天導衆たちが復活できたのは、彼らが虚の血をコントロールできたわけではなく、その中に宿っていた虚の意志によるものであった。自らの意志で動いていたと思っていた彼らは虚に操られているとも思わず、不老不死を求める『星芒教』を組織させ、地球の龍脈から再生した虚の肉体を回収、それにターミナルからアルタナを注ぎ込み、虚の完全な復活を手助けしてしまったのだ。

朧の遺灰によって半不死となった高杉、銀時ら松下村塾メンバーや江戸の人々の抵抗を受けるも、時すでに遅く虚の肉体は復活を遂げる。しかし、目覚めた肉体を動かしていたのは吉田松陽の意識であった。天導衆のリーダーを完全に葬り、その場に駆け付けた高杉に自分の命で暴走するアルタナを鎮静化させ、残った虚の因子を消し去らなければならない告げ、本当に救いたいと思ったものを救えなかったと詫びる松陽。
だが、高杉が松陽の胸に刀を突きたてた。驚愕する松陽に高杉は「お前が何も救えないことは私はとうに知っている」と嗤う。
なんと高杉が取り込んだ朧の血にも宿っていた虚は、それを知らずに取り込んだ高杉の中でチャンスを待っていたのだ。同じく虚の血を持った天導衆たちの血を浴びる事で虚の人格は高杉の肉体を乗っ取った。
松陽を切り捨て、高杉に追いついた銀時に、かつての言葉をぶつけ今度こそ全てを滅ぼすことを告げるが、背後に立つ高杉の幻影を見た直後、自分が地に倒れ伏していることに気づく。
松陽に刀を突き立てんとしたその時、高杉の中に宿っていたのは虚だけでなく、朧の意志もそこに居り、彼と力を合わせた高杉は松陽を虚の凶刃から逃がしていたのだ。

松陽を追おうとするがさせまいと立ちふさがる銀時に対し、どうあがいても友を、再び師を斬る事実を突き付け「護りたかったものも失う虚を生きる覚悟があるのか」と吠えるが、銀時は動じず、「護りたかったものはここにある」と答える彼の背後に自分の刃を止める高杉の影を見る。それに動揺し、銀時に切り伏せられた虚は「人は虚を知るがゆえに人を受け入れ人の中に生き、死別を持ってさえ滅ばず魂に有り続けられる」と最期に悟る。



関連タグ

銀魂 さらば真選組篇 烙陽決戦篇 銀ノ魂篇
天導衆 天照院奈落 吉田松陽  今井信女
坂田銀時 星海坊主 春雨 江華 圓翔  高杉晋助

哀しき悪役 不死身 ラスボス 死神 八咫烏

関連記事

親記事

天導衆 てんどうしゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「虚(銀魂)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「虚(銀魂)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421295

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました