ピクシブ百科事典

天鎖斬月

てんさざんげつ

天鎖斬月とは『BLEACH』の主人公、黒崎一護が持つ斬魄刀『斬月』の卍解の名。
目次[非表示]

斬魄刀としての概要

天鎖斬月


型の鍔に柄頭に鎖の付いた漆黒の刀身が特徴の斬魄刀。大きさは一般的な卍解に比べ非常に小型であるが、卍解としての戦力の全てをその小さな形に凝縮することで卍解最大戦力での超速戦闘を可能にしている。
同様に卍解の大きさや攻撃範囲などが始解よりも小さくなる斬魄刀は山本元柳斎重國の『残火の太刀』や兵主部一兵衛の『しら筆一文字』、阿散井恋次の『双王蛇尾丸』のみ。
卍解時は一護の死覇装も変化するが、この死覇装は天鎖斬月という卍解の一部で、彼の霊圧のゲージの様なものであり一護自身がダメージを負うと消えるが、回復すると死覇装もそれに沿って再生する。

死神代行消失篇で一護が死神の力を取り戻した際の卍解では、死覇装にX字の装飾が三つ付属し、X字をあしらった篭手が追加された。
刀は柄頭の鎖が伸びており、鍔の卍も鋭角になり刀身はより鋭利な形状へと変化した。

斬魄刀の本体の概要

天鎖斬月


CV:森久保祥太郎

『天鎖斬月』の具象化した姿であり、『最後の月牙天衝』を習得するために一護が卍解のまま精神世界に入ったために変化した天鎖斬月の本体。
斬月の時と違い、斬月のオッサンではなく漆黒のコートを纏った青年の姿をしている。
というか、斬月のオッサンとを足して二で割ったような姿である。
一護に『最後の月牙天衝』を教えることを頑なに拒み、彼から引きずり出した虚と一体化して刃を交える。
最終的に会得の鍵を見出した一護に『自分が守りたかったのは一護自身』だという思いを伝え、『最後の月牙天衝』を伝承した。

関連項目

BLEACH 黒崎一護
斬魄刀 月牙天衝

pixivに投稿された作品 pixivで「天鎖斬月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 574759

コメント