2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グリムジョー・ジャガージャック

ぐりむじょーじゃがーじゃっく

グリムジョー・ジャガージャックは、日本の漫画『BLEACH』の登場人物。タグとしては「グリムジョー」の方が機能している。
目次[非表示]

「どいつもこいつも、ぶっ壊れちまえ!!!」
「俺が・・・俺が王だ!!!」
「オメェなんかに・・・敗ける訳が無えんだ!!!」

CV:諏訪部順一

プロフィール

  • 破面・No.6(アランカル・セスタ)/第6十刃(セスタ・エスパーダ)
  • 身長1m86cm。体重80kg。
  • 誕生日7月31日
  • 司る死の形:「破壊」
  • 孔の位置:腹部
  • 帰刃名:『豹王(パンテラ)

概要

右顎を象った仮面を着けた、端正な顔立ちに水浅葱色の髪の男。階級を示す数字は左腰にある。

性格は至って好戦的で言動も凶暴そのもの。強い相手との戦いを何より望んでおり、一護と初めて対戦して以来、格好の獲物(好敵手)として認識し、自分の手で倒す事に執着している。その為に、最初の戦いで一護の月牙天衝を受けて負った傷も、あえてそのまま残している。
その一方で、井上織姫に傷を治してもらった借りを返す為に、彼女を暴行していたロリメノリに対して残虐なリンチを加えて織姫を助けるなど、義理堅い一面もある。ただし、借りさえ返してしまえばそれまでとして、再び彼女を脅迫して利用するなど、あくまで自身の目的が最優先である。

このように、あくまでも「強さ」と「戦い」を常に最優先する為に、藍染の命令にも従わずに独断専行する事が多い。藍染に対してはあくまで彼の強さに屈服している事と、破面の力を手に入れる為に従っているだけであり、藍染の前では一応最低限の敬語は使うものの不遜な態度を崩そうともせず、彼のいない場所では普通に「藍染」と呼び捨てで呼んでいるなど、藍染に対する忠誠心も皆無である。その為に、それぞれの思惑はあれど藍染への忠誠心も持つ大半の十刃のメンバー(特にウルキオラとは険悪な模様)や、組織の和や秩序を重んじる東仙からは疎まれており、東仙やウルキオラとは実際に作中で衝突している他、東仙は彼の処刑を藍染に進言していた程である。
一度は独断専行の咎で十刃の座を降ろされたのだが、それでも全く懲りてはおらず、虚圏にやってきた一護をさっそく勝手に迎え撃とうとして、藍染に牽制される一幕もあった。

時代は中級大虚(アジューカス)で、白い甲殻に覆われたの姿をしていた。従属官シャウロンイールフォルトらとはその頃からの仲間。

敵キャラクターの中では非常に読者からの人気は高く、第4回人気投票では初出ながら4位を獲得した。

グリムジョーが最上級大虚かどうか

現在のグリムジョーが最上級大虚(ヴァストローデ)かは不明だが、人間とほぼ同じ姿をしている事、卍解や虚化した一護レベルである事から間違いなく隊長格以上の実力を持っている事、帰刃してもなお二足歩行で殆ど人間と変わらない容姿である事、最下級大虚(ギリアン)であるナキームや中級大虚であるシャウロン達および、恐らく中級大虚と思われるフィンドール達が揃って限定解除した隊長格に普通に倒されている中で、虚化した一護と実力が拮抗している事を考えると、グリムジョーは最上級大虚の可能性がかなり高い。

ただし、第5十刃であるノイトラ・ジルガが「俺に倒される程度の奴がヴァストローデである訳がない」と発言していた事から、アジューカスだった可能性もある。

豹の前足

通常形態で使える能力。千年血戦篇で使用。
両手を豹の前足に変化させる事で加速する事が出来る。

破面篇で使わなかったが、もし当時会得していなかったのだとすれば破面は死神とは逆に帰刃(卍解)→固有能力(始解)という順で会得するものなのかもしれない。

帰刃

豹王(パンテラ)

豹王


解号は「軋れ『豹王』」

詳しくは豹王の記事を参照。

  • 王虚の閃光(グラン・レイ・セロ):大虚の技である『虚閃(セロ)』に自らの血を混ぜたもの。余波で空間が歪む程の威力を誇る。

本編の動向

破面篇

藍染惣右介の命令を無視して従属官と現世を襲撃し、一護を圧倒するものの途中で介入してきた東仙の命令で撤退した。藍染の命令を無視して勝手に独断専行した挙句、複数の従属官を失った責任を追及され、その罰として東仙に左腕を切り落とされた事で十刃の地位を剥奪される。

十刃落ちとなった後はヤミー、後任であるルピに従う形で再び現世に出現。性懲りもなく独断専行して再び一護に挑むが、今度は虚の力をある程度使いこなせるようになった一護に逆に圧倒される。しかし、時間切れで虚化が解除された一護の腕を斬魄刀で地面ごと突き刺して固定して一時的に勝利する。ところが、駆け付けたルキアに氷漬けにされてしまう。次の瞬間には氷を砕き、一護の手に刺さった斬魄刀を抜くのに苦戦していたルキアの頭を掴んで虚閃で殺そうとするも、割って入った平子に邪魔され失敗。立て続けに平子との戦闘に入った。初めはほぼ互角に渡り合っていたが、平子が虚化してからは圧されてしまい、平子の虚閃を食らって重傷を負った(この時、グリムジョーも自身の虚閃を放ってダメージを軽減してはいた)。その直後に帰刃しようとするが、藍染に派遣されたウルキオラによって制止され、再び戦闘を切り上げて虚圏に帰還した。
その後、織姫が藍染の指示で自分の腕を修復したのを見て、自らの体の潰された6の数字も織姫に修復させ、その直後にルピを殺害して第6十刃に返り咲いた事を藍染の前で高らかに宣言する。
そして虚圏に侵入した一護と決着を付ける為に、またもや命令を無視して独断専行を開始し、ウルキオラの管轄下に置かれていた彼女を無断で連れ出して、ウルキオラにやられた一護を治療させるのだが、治療中にウルキオラが襲撃してきた事で、治療の邪魔をさせない為に彼と交戦して反膜の匪で一時的に彼を封印。引き続き一護と自身の負傷を織姫に回復させ、最後の戦いを挑む。

当初は普通に戦闘していたが、一護に虚化を使わせる為に織姫に向けて王虚の閃光を放ち、彼がそれを庇わざるを得ないシチュエーションを作る事で、虚化させる事に成功。そしてそれに対抗するかのように初めて自身も帰刃し、その状態で虚化した一護と激闘を行う。
当初は互角に戦っていたが一護がバテていった事で徐々にグリムジョーが優勢に。しかし一護の爆発力に次第に押され始め、織姫らをあえて巻き込むように攻撃する事で、彼女達を一護が庇うように仕向けてダメージを負わせたりもしたものの、最終的には織姫の声援に押された一護の前に完敗する。
帰刃が強制解除され通常形態に戻っても尚立ち向かおうとするのだが、手柄の横取りを目論んで観察していた第5十刃のノイトラに邪魔者として横から攻撃され、今度こそ再起不能となる。

そのままノイトラにトドメを刺されそうになるが、皮肉にも敵である一護に庇われた事で命拾いをする事となってしまい、最後は自分を庇った一護とノイトラを悔しそうな顔で見ていた。
そのシーンを最後に出番が全くない為に生死不明であり、消息も不明となった。

小説『Can't Fear Your Own World』によると、ノイトラ戦中ずっと意識があり、ノイトラvs剣八も見ていた模様。

千年血戦篇

虚圏にて一護たちと交戦したキルゲ・オピーにトドメを刺し、虚圏に残った浦原の元に身を寄せていた謎の破面は

  • 瀕死とは言え星十字騎士団の幹部を倒せる力(十刃レベル)の持ち主。
  • 十刃の生き残りのハリベルは囚われ、ネルも自由に元の姿には戻れない。
  • 浦原との通信に割って入った際に一護を「黒崎」と呼んだ。

などの理由からグリムジョーであるとする説が有力であったが、625話にて浦原に呼ばれて、本当に再登場をし、ハリベルと並んで数少ない十刃の生き残りである事が確定した。服装が現代の若者風になっているが、実力は健在である。首元にノイトラに斬られた時の傷跡も残っている。

Jaguar


ノイトラに斬られてから誰に治療を受けたのかは不明だが、恐らくガンデンバインなどの他の破面も無条件で治療した卯ノ花辺りであろう(織姫がグリムジョーを治療する理由がない為)。

一護を檻に閉じ込め浦原一行や破面を追い詰めたキルゲ・オビーを一護に代わる形で不意打ちで倒し、浦原一行を助けた後は浦原との間で契約を結び、以降は浦原の指示通りに行動する。その後はチャドと織姫の修行に付き合ったり、浦原と一護との交信に割って入ったりもしている。
結局、彼と浦原の間で交わされた契約内容は作中では最後まで不明のままだったが、その契約故にチャドと織姫に無理矢理追い出されても「やめろてめえら」で済ませるくらい彼等には逆らえなくなっており、浦原は今の彼は自分達への実害はゼロだとまで一護に対して言い切っている。

浦原の指示通り黒腔(ガルガンタ)の力を利用して、一護達をユーハバッハによって感知されないように、かつ霊王宮が真世界城に上書きされるという敵の攻撃に巻き込まれないようにしつつ霊王宮に運ぶ手伝いをしたが、いざ真世界城(かつて霊王宮だった場所)に着くと相も変わらず単独行動を始めてしまう。その中で、アスキン・ナックルヴァールと遭遇し追跡するが、アスキンの放った毒入りボール(ギフト・バル)を油断してまともに食らってしまい、行動不能になる。

その後は長らく安否が危ぶまれていたが、卍解した浦原からのアシストを受け取り、帰刃し浦原の卍解によって作られた隠し通路でアスキンに近付き(行動不能からここまで描写なし)、豹王の姿でアスキンの心臓をぶち破り、止めを刺し大逆転勝利を果たす。が、彼の死後更に強まった毒により浦原、夜一、夕四郎共々再び行動不能に。
この事態を予測していた浦原の指示を受けたネリエルから救出されたと思われるが、その後は不明。

後日談小説『Can't Fear Your Own World』で再登場し、生存が確認出来た。殺した筈のルピと再会し彼と交戦。アスキン戦の影響で毒の抗体が出来ており、ルピが使ったマユリ様特製の毒の効果を激減させてしまった。とはいえ、流石に無傷ではなくモチベーションは最悪だったようだが。

関連タグ

BLEACH ブリーチ グリムジョー 破面 十刃
帰刃のその先へ……ゲームのオリジナル形態

関連記事

親記事

十刃 えすぱーだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グリムジョー・ジャガージャック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グリムジョー・ジャガージャック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1275628

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました