ピクシブ百科事典

リルトット・ランパード

りるとっとらんぱーど

「リルトット・ランパード」とは、『BLEACH』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

人物

見えざる帝国の精鋭部隊・星十字騎士団のメンバー。
女性メンバーで構成された「バンビーズ」(バンビエッタ・バスターバインが勝手に命名)の一員で、行動を共にしており、「リル」の愛称で呼ばれている。
一見すると、小柄な少女のようだが、ユーハバッハから“G”の聖文字を授かっている滅却師

その容姿とは裏腹にかなりの毒舌家であり、一人称は「オレ」と、口調も荒い。
だが、「仲間に冷静になるよう促す」、「強敵に対しては出し惜しみをせず完聖体での短期決戦を仲間に提案する」などの行動から沸点の低いバンビエッタキャンディスと比べると冷静に状況を判断する指揮官向きな性格でもある。
その毒舌ぶりを活かした冷めたツッコミも持ち味。
変人やならず者ばかりの星十字騎士団の中では(比較的かつ相対的に判断すると)まともな感性を持っている常識人と言えよう。ユーハバッハから与えられた情報もしっかり読んでいるようで職務にもそれなりに真面目であるようだ。

他にも、神聖滅矢(矢)の先端と霊子兵装(弓)、完聖体時の羽はデフォルメされた口をあけた人のような形をしている。

ジジバズビーと共にユーハバッハの「聖別」から生存、死亡は回避したものの力を奪われてしまう。
星十字騎士団に加入してから日が浅いためか、ユーハバッハへの忠誠心が他の団員に比べると低かったこともあり、自身らを裏切ったユーハバッハに反旗を翻した。一時的に死神たちと休戦を結び、霊王宮への門を作るために協力したのもそのためである。
自身は「見えざる帝国」が通ってきた太陽の門から真世界城への侵入を果たし、ジジと共にユーハバッハと交戦するも力及ばず敗北した。

能力

ザ・グラタン
G


能力名は、「食いしんぼう(THE GLUTTON)」
巨大化させ相手を食い殺す能力で、何でも食らい尽くすことが出来る。(『鋼の錬金術師』のホムンクルスグラトニーと同じような能力)
能力発動時は、口内の歯はギザギザ状になる。
「食いしんぼう」の能力の通り、劇中では度々、お菓子アイスキャンディーを食べているコマが描かれた。また、靴は「食いしんぼう」を意識させるギザ歯型の模様が入ったデザインである。

関連イラスト

ザ・グラタン


ザ・グラタン
リルトット・ランパード



関連タグ

BLEACH
滅却師 見えざる帝国 星十字騎士団 バンビーズ
大食い 毒舌 ロリ ジト目 俺女

pixivに投稿された作品 pixivで「リルトット・ランパード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201079

コメント