ピクシブ百科事典

ジゼル・ジュエル

じぜるじゅえる

ジゼル・ジュエル とは、漫画「BLEACH」の登場人物。
目次[非表示]

人物

見えざる帝国星十字騎士団のメンバー。愛称は「ジジ」。ボクっ娘でもある。
髪型がGに似てるとか言わない。

ユーハバッハから授かった文字は「Z」。
バンビーズの一人であり、いつもバンビエッタを始めとすると一緒に行動している。
しかし、バンビエッタが狛村左陣にやられると他のバンビーズと共に彼女を討ち、彼女にあることをした。
神聖滅矢(矢)の先端と霊子兵装(弓)、完聖体時の羽は(矢先はデフォルメされた骸骨)のような形をしている。

綾瀬川弓親等との戦闘である臭いを嗅ぎ取られて本当の性別を看破された。女性らしい外見とは裏腹に、本当の性別は。つまり、男の娘ということだった。だがそれがいい
能力である「死者(ザ・ゾンビ)」を使用するためにか弱い女子を装っているのか、単なる趣味なのかは不明だが、男扱いすると機嫌が悪くなる辺り、女性化願望は本物のようである。

しかしゾンビ化能力は凶悪そのもので、尸魂界に侵攻した時からゾンビを量産しており、日番谷冬獅郎を始めとした六車拳西鳳橋楼十郎松本乱菊らの隊長格までもが犠牲になっている。
これらのゾンビを使った人海戦術にて一度は斑目一角や弓親を劣勢に追い込むが、駆け付けた涅マユリと、彼が改造した破面軍団によって形勢は逆転。更に能力のメカニズムを解析されて隊長・副隊長格ゾンビを奪われた。
その一部始終をマユリが講釈し終えた瞬間、ゾンビ拳西の刃を突き立てられ、敗北した。

殺害されたかに思われていたがその不死性故に生きており、ゾンビ化したバンビエッタを喰うことで生き永らえるが、直後にユーハバッハの「聖別」の対象となった。
辛くも「聖別」の対象から生存するものの、リルトットバズビーと共に『力』を奪われてしまう。
そしてリルトット、バズビーと共に自身らを裏切ったユーハバッハに反旗を翻し、一時的に死神たちと休戦を結び、霊王宮への門を作るために協力する。
自身は「見えざる帝国」が通ってきた太陽の門から真世界城への侵入を果たし、リルトットと共にユーハバッハと交戦するも力及ばず敗北した。

能力

どの二人のことーーッ?
この二人・・・どストライク


能力名は「死者(The Zombie)」自分の血液を浴びた者を死体にし、自由に操る能力である。
滅却師同士では相手が一度死なないとゾンビ化出来ないが、死神だと既に死者であるため、血液を浴びせるだけでゾンビが量産出来る。
このゾンビ化能力には一度殺してからゾンビ化させるものと、生きたままゾンビ化させるものがあり、前者は生前に比べて能力が弱体化するものの、ジゼルの好きな性格に調教することが出来、後者は生前と全く同じ力を使うことが出来るが、感情表現などが全くない、正にジジの操り人形と化す。
前者は主に滅却師に対して使用し、後者は死神に対して使用した。

因みに使用する血液についてだが、相手の霊圧によって必要な血液の量が異なり、霊圧が低い場合は血液の一滴が脳に達した時点でゾンビ化する。逆に、霊圧が高い場合は侵入した血液が心臓で増殖して全身に行き渡ってようやくゾンビ化する。このため、霊圧が高い人をゾンビ化した場合には肌が赤黒く濁ってしまう。

体内の血液が不足すると活動に支障が出る模様で、不足した時は自らの血を浴びたゾンビを捕食することで血液を補充する。

血液を使う性質上、血液組成を変えられる(改変される)と機能しなくなる。
涅マユリはこの性質を利用して瀞霊廷にある全隊士の血液サンプルから薬を作り、ジゼルの血液をマユリが作った血液状物質に置き換えることでゾンビの所有権を握った。

更にジゼル自身もゾンビの如く高い不死性を持っており、体を切り裂かれても平然としていられたり、またゾンビ化した死体の肉片を使って腕を再生させたりと、様々な応用が利く。

関連イラスト

The Zombie


ジジ



関連タグ

BLEACH

個別タグ

男のジジちゃんがこんなに可愛いわけがない

滅却師 見えざる帝国 星十字騎士団 バンビーズ
バンビエッタ・バスターバイン キャンディス・キャットニップ ミニーニャ・マカロン リルトット・ランパード
涅マユリ

男の娘

pixivに投稿された作品 pixivで「ジゼル・ジュエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663026

コメント