ピクシブ百科事典

尸魂界

そうるそさえてぃ

『BLEACH』に登場する死後の世界。
目次[非表示]

「案ずるな 地獄と違って住みよい所ぞ」

概要

 尸魂界(今のPCなら一発で変換できるので試してみよう)とは、漫画BLEACH』に登場する死後の世界である。もう一つ別に大罪人の堕ちる地獄が存在するため、簡単に言ってしまえば天国極楽のようなものと考えればよい。
 尸魂界が誕生したのは今から100万年前で、よほど悪いことをしでかさない限り死んだ人間死神斬魄刀の柄でを押されることで成仏し、尸魂界に向かう。また、浮遊霊(死神は「整(プラス)」と呼んでいる)であっても、死神が手続を踏めば無事成仏できる。整が他の悪霊(ホロウ)』に襲われ虚化破面化しても、生前のがそれほどでない場合には死神が斬魄刀でぶった切ればが洗い流され、成仏する仕組みになっている。

構造

 尸魂界は流魂街瀞霊廷の二つに大きく分かれている。

流魂街

 瀞霊廷をぐるりと取り囲む下町江戸時代の街並みを保っている。
 一般的に地上現世)で死んだ人間が辿り着くのは流魂街であり、ここに辿り着いても現世における家族恋人の魂と一緒にいられるかどうかは運次第である。生まれついての死神だけではなく、流魂街の住人が死神に志願することもある(朽木ルキア松本乱菊阿散井恋次他)。

瀞霊廷

 死神や霊界貴族の住まう場所。一色の無機質建物が立ち並んでいる。瀞霊廷は形をしており、東西南北に四つのが存在する。その門の間は歩いて10日もかかるほど広いため、尸魂界全体は恐らく日本列島その物よりも広い。
 また、瀞霊廷のはるか上空には霊王宮と呼ばれる尸魂界の全てを管轄する「霊王」の住まう場所が存在する。

死後の世界の住人

 貴族という言葉を聞いて、「死後の世界にも血族なんてあんの?」の思った方も多いだろうが、実は尸魂界の住人は死神・非死神を問わず生殖能力がある。そして、尸魂界の住人は既に現世で死んでいる場合であっても更に死ぬこともある
 実はBLEACHの世界では霊体であっても死神などの高い霊圧を持っていればそのへんの電柱パイプ椅子で殴ってダメージを与えられるという実に大雑把な世界観をしており、死神や流魂街の住人も霊子と呼ばれる素粒子で構築されている生物なのである。
 そのため、死神や志波家の皆様は公式設定に体重や好きな食べ物血液型までしっかりと明記されている。
 彼らの寿命はかなり長く、昭和22年に死んだ少年21世紀になってもまだ子供のままだったりと老化成長)の速度は非常に遅い。まだ小中学生くらいに見える朽木ルキア赤ん坊のころに死亡して尸魂界入りし、生前の実姉と一緒に流魂街で暮らしていた)が150歳以上であることから考えるに人間の十数倍の寿命を有するものと思われる。そのため、老化自体は存在する(バラガンによって強制的に時間圧縮させられた砕蜂が見る見るうちにしわがれ白骨化していった描写を見る限り)。特に死神は霊圧がある程度の段階に達すると極端に老化が遅くなるため、中には2000年以上生きている者もいる。

 瀞霊廷には朽木家を始めとした四大貴族が存在するらしい。過去は五代貴族だったものの、志波家没落した。


関連項目

BLEACH 冥界 霊界 あの世
霊圧 斬魄刀
虚圏:こちらは「魔界」というイメージでよろしい

pixivに投稿された作品 pixivで「尸魂界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1155

コメント