ピクシブ百科事典

バラガン・ルイゼンバーン

ばらがんるいぜんばーん

バラガン・ルイゼンバーンとは、「BLEACH」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:飯塚昭三

プロフィール

身長166cm 体重90kg 2月9日生まれ
破面・No.2(アランカル・セグンダ)/第2十刃(セグンダ・エスパーダ)
孔の位置:胸の中央
司る死の形:「老い」
帰刃名:『髑髏大帝(アロガンテ)

概要

Barragan·Luisenbarn


大帝の二つ名を持つ豪胆な態度の隻眼老人。仮面の名残は頭部の王冠状の飾り。
虚圏の神」を自称し、さらに、かつての「虚圏の王」であるため、従属官達との間には絶対的な上下関係が存在し、陛下と呼ばれている。
藍染惣右介に支配者の座を奪われた事を恨んでおり、藍染を「ボス」とは呼ぶものの忠誠心は無く倒す機会を狙っている。

髑髏大帝(アロガンテ)

解号は「朽ちろ『髑髏大帝』」
戦斧から発せられたに包まれる事で、王冠と黒いマントを纏った骸骨という、西洋死神を思わせる姿になる。
「老い」の力を持ち、あらゆる物体・事象を朽ちさせる事が可能。

セネスセンシア:解放前から使用。あらゆる事象や物体の劣化を促進させて自身に接近する動きをスロー化させ、意志を持って触れた物体を老化・崩壊させてダメージを与える。バラガンの老いの力全般の総称。

死の息吹(レスピラ):帰刃後に使用する技。触れたものを急速に朽ちさせる息。これに触れた場合、触れた箇所が一瞬で老朽化して朽ちてゆく。直接触れていない部分も、触れた個所から徐々に朽ち始めてしまう。技を食らった後回避するには、朽ち始めた部分を切り落とすしかない。特性上攻撃のみならず防御にも転用できる。生物や物体に限らず、鬼道さえ朽ちさせることが可能。

滅亡の斧(グラン・カイーダ):帰刃形態の武器である巨大な黒い戦斧。右腕から鎖に繋がれて出現する。破面化前にも同様の武器を所持していた。アニメ版では戦斧を振るうと「死の息吹」のような老いの力を発生させて、距離の離れた標的を切り裂いた。破面となる前も老いの力を宿していたが、前述のように飛ばすことはできず直接斬りつけて効果を発揮した。

本編での動向

藍染に従いコヨーテ・スタークティア・ハリベルと共に従属官六人を連れて空座町へ侵攻。山本元柳斎重國の炎で身動きが取れない藍染に代わり、従属官に偽の空座町を形作る結界の破壊を命じる。
従属官たちが倒された後は帰刃して自ら砕蜂大前田希千代と戦う。老いの力で二人を圧倒し、砕蜂の卍解である『雀蜂雷公鞭』すら退け、加勢に現れた有昭田鉢玄(ハッチ)の結界すらも老いによって朽ちさせる。
しかし、老いの力が自身にも有効であるという弱点を見抜かれ、老いに侵されたハッチの右腕を鬼道『匣遺(はこおくり)』によって体内に転送される。最期は藍染に向かって滅亡の斧を投げ付け朽ち果てた。

関連タグ

BLEACH
破面 十刃

pixivに投稿された作品 pixivで「バラガン・ルイゼンバーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37012

コメント