ピクシブ百科事典

大虚

めのすぐらんで

『BLEACH』に登場する悪霊「虚」の上級種。
目次[非表示]

概要

BLEACH』に登場する悪霊」の上級種。メノス・グランデと読む。スペイン語で「偉大なる虚ろ」の意。
作中では単にメノスと称されることもある。

初登場は死神代行篇終盤だが、本格的に登場したのは破面篇から。設定が判明したのも同じく破面篇から。

大虚は単に巨大なだけの巨大虚(ヒュージ・ホロウ)とは異なる
虚は胸に空いた孔を埋めるため、人間や整(プラス)の魂魄を喰らって倍々ゲームで増えていく習性を持つが、「孔を埋める」ために同属の虚を喰らうこともある。その共食い数百回繰り返し、多くの虚の魂が混ざり合う事で生まれるのが大虚である。
その出自故に数は決して多くないが、下記の3階級が存在し、見た目が小さくなるにつれてその戦闘力は上昇していく。

基本的に破面になれるのは大虚である。

階級

最下級大虚(ギリアン)

メノスグランデ
似たもの同士?


大虚の最も幼い形態。死神の教本などで出てくるタイプ。
グランドフィッシャーやシュリーカーのような自我はほとんど無く知能も低い。
大虚の中で最も数が多く扱いも下っ端であるが、その巨体通り戦闘能力は通常の虚よりも遥かに高い。並の死神では戦う事すら不可能で、死神代行篇では事実上のラスボスを務めた。
一様に全身が黒いのようなものに覆われ鼻の尖った仮面を着けている。3種類に大別される大虚の中で最も数が多く、外見での個体差は見られない。それら全てが高層ビルに匹敵するほどの巨大な体躯である。
体を構成する幾百の虚の中に、巨大虚のような突出して強力な個体がいた場合、そのギリアンは自我を持ち仮面のデザインも異なる。

ちなみに十刃のアーロニーロ・アルルエリはギリアンから直接破面になったが、共食いが3万回を超えるためアジューカス並みの戦闘力を有している。

断言はされていないが、死神代行篇の一護との戦いや周囲の反応を見る限り少なくとも席官レベルはあると思われる。

中級大虚(アジューカス)

「拝啓、臆病者共へ」


強い自我を持ったギリアンの個体が他のギリアンを喰らい続けることで進化した大虚。
ギリアンと比べると、体は並の虚ほどにまで小さくなったが、戦闘力はギリアンの数倍であり知能も高い。
一体一体姿が異なり、通常の虚よりも更に動植物に近い形状をしている。グリムジョー・ジャガージャックの回想に登場した何体かのアジューカスはみな仮面と同じ白い甲殻に覆われていた。
アジューカスとしての形態を維持するには同じアジューカスを捕食し続ける必要があり、一度ギリアンに退化すると永遠にアジューカスに戻れなくなる。また、体の一部分でも捕食されると、後述のヴァストローデに進化できなくなる為、迂闊に群れを形成する事も出来なかった。
しかし、藍染が虚圏に関わるようになってから、アジューカス達もあり方が変わってくるようになったらしく、群れを形成したり、多数のギリアン達を従えて攻撃させるといった柔軟な戦い方をするようになっている。

断言はされていないが、破面篇の描写を見る限りでは恐らく三席より強いくらいのレベルだと思われる(一角より強く、副隊長の始解より弱いため)。

最上級大虚(ヴァストローデ)

センシティブな作品


アジューカスが進化した最上級の大虚。
総じて姿がヒトに近く、大きさも同程度。非常に希少で、数えるほどしかおらず、十刃ですらヴァストローデは少ないという。
その戦闘力は隊長格すら上回ると言われ、10体いれば尸魂界を滅ぼせるらしい。
(ただし作中では隊長格と互角になっているケースも多いため、正確には並の隊長格もしくは、隊長格の平均レベルより強いという意味だと思われる。)

関連イラスト

パソコンから大虚がまた出てきた
Minus Grand


やはりというかなんというか、大半はギリアンのイラストである。

関連項目

BLEACH 虚(BLEACH) 虚閃 虚圏

関連記事

親記事

虚(BLEACH) ほろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大虚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10791

コメント