ピクシブ百科事典

グランドフィッシャー

ぐらんどふぃっしゃー

グランドフィッシャーとは、漫画『BLEACH』に登場した敵キャラクターである。
目次[非表示]

「目障りだ、お前から喰うとしよう!」

cv.茶風林

概要

物語初期に登場する。残忍で狡猾な性格。
54年も死神たちを退けており、頭脳と実力に加えて高い再生能力を兼ね備えた難敵。
尸魂界でもその名はデータベースに登録されており、知名度は中の上程度。
人間の姿をした疑似餌を頭からぶら下げており、その姿はチョウチンアンコウを彷彿とさせる。
疑似餌が見えるだけの霊的濃度の高い人間を襲い、喰らうことでその力を増してきた。

その経歴は黒崎家と浅からぬ因縁を持ち、黒崎一護とは仇敵同士となる。

能力

「圧髪(オプレッション)」

表皮を覆う毛を自在に伸ばして締め付ける。

「脳写(トランスクライブ)」

左手の爪を伸ばして相手の体を貫き、敵の記憶から相手の斬ることのできない相手を読み取る。
さらに読み取った情報を元に右手で疑似餌の形状を変え、相手の動揺を誘ってくる。

「移胴(ミグレイション)」

本体から疑似餌に、或いは疑似餌から本体に逃げることができる。
体も疑似餌もどちらも本体であることが更に倒すことを困難にしている。

本編での行動

嘗て、当時9歳だった黒崎一護とその母黒崎真咲に遭遇する。
この際に疑似餌に引っかかった一護を庇った真咲を殺害した。
なお、一護は疑似餌を追って以降意識を失ったために真咲が殺されたことは知らなかった。

そしてその6年後(原作20話)、奇しくも真咲の命日に登場。
遊子夏梨を殺害しようとした所を死神化した一護に邪魔され、一護に襲い掛かる。
長きに渡り力を蓄えてきただけのことはあり、それまで一護が戦ってきた虚の中でも別格の移動速度と戦闘能力を見せつける。更に一護の記憶を基に疑似餌で真咲の姿を象ることで動揺を誘い、疑似餌越しに胸部を貫いた。
しかし、逆に一護に腕を掴まれて逃げ場を失い、斬魄刀で切り裂かれて大きなダメージを負う。
結果的に「移胴」を用いて一護から逃げおおせるが、この戦いより一護を大きく恨むようになる。
なお、一護に切られたのは完全な慢心であり、実際には更に大きな力を体に溜め込んでいた。

戦闘終了後に「虚圏」へ逃げ込み、そこで仮面を割られる施術らしきものを施されるが、それ以降長らく本編に登場しなかった。

関連タグ

BLEACH  黒崎家










ネタバレ

空座決戦篇にて再登場。
破面もどきとなって体も巨大化し、斬魄刀を使えるようになったグランド・フィッシャーは一護に復讐するために現世に戻り、コンを一護と勘違いして襲撃する。
しかし、死神として復活した黒崎一心に妨害されて一刀のもとに撃破された。

黒崎家の運命を狂わせ、奇しくもその全員を襲うという宿命を感じさせる虚だったが、これによってグランド・フィッシャーと黒崎家の因縁はあっけなく幕を閉じる。

なお、一心が真咲の仇を討ったことは目撃者や当事者が口を閉ざしているため、一護は未だにグランド・フィッシャーが撃破されたことを知らない。あれだけの因縁を抱えながら主人公と再戦が叶わなかった、ある意味哀れな敵キャラクターである。

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドフィッシャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2008

コメント