ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:大原さやか

巻頭ポエム

罪無きあなたは 太陽のよう

罪深きあなたも 太陽のよう(第60巻)

※アニメ千年血戦篇の次回予告ポエムでは上の句を真咲が、下の句は一心が朗読している。


概要

黒崎一心の妻で黒崎一護黒崎遊子黒崎夏梨の母。

6月9日生まれ。6月17日没。作中では既に故人。


生前の真咲について、一護は「ウチはおふくろを中心に回っていた」、一心も「全てを引きつけ、全てを許し、全てを照らす太陽のような存在」だったと語っており、一家の中心であったが、当時9歳だった一護を庇い、の一体・グランドフィッシャーに殺害された。


黒崎家のリビングには現在も「真咲フォーエバー」と書かれたポスターの様な巨大な遺影が壁に貼ってある。また命日である6月17日には毎年、全員で真咲の墓参りに行くのが黒崎家の習慣となっている。

上述のように、家族からの愛は亡くなって多くの時間が経った現在でも、全く色あせていない。


過去(※ネタバレ)



以下、最終章・千年血戦篇のネタバレ注意




































「___私は黒崎真咲」

滅却師です



あげてなかったものたち


実は純血統の滅却師・黒崎家の最後(両親は死去し、兄弟はいない)の生き残り。同じく純血統の家系である石田家で養われ、石田竜弦婚約者であった。


その実力は高く、特に静血装の力は桁外れだった。滅却師の仕来たりを無視して虚を倒しに飛び出すなど、強い正義感も秘めていた。

高校時代のある日、当時の護廷十三隊十番隊隊長だった志波一心(後の黒崎一心)と、藍染惣右介の一味が実験で生み出した人造虚「ホワイト」との戦闘に割って入り、自身の身体を囮にホワイトを撃破する。


真咲「つーかまーえたっ!」


Masaki

しかし、この戦闘で受けた傷が元で虚化を発症し、浦原喜助によって一心の魂魄を真咲及び彼女の中の虚に繋ぐことで症状を抑えることに成功して、何とか事無きを得た。やがて高校卒業後、石田家を追放され、大学に進学。自分を救うために死神の力を失った一心とはその後も交流を続け、やがて結ばれ一護たち3児の母となった。


高校時代の性格は、虚に飲み込まれそうになって一心が助けに来た時もお気楽にはしゃいで名前を教えて貰おうとするなど楽天的な性格であり、助かった後も能天気に寝ていたほどという、どこか井上織姫を思わせる人物だった。ちなみに当時の夫は今より息子の一護に顔立ちが似ている。

パパとママの青春SNAP写真


彼女の死の真相は、グランドフィッシャーに襲撃された日に、滅却師の始祖・ユーハバッハによる"聖別"が行われ、虚が混ざっていたことで"不浄"と見なされてしまい、滅却師の力を全て奪われ、戦う術を失ってしまったためだった。(なお、一心曰く滅却師の力が奪われなければ、グランドフィッシャーに傷を負うこともなく勝利できたとのこと)

アニメでは補足シーンが追加。グランドフィッシャーの攻撃を静血装で防御しようとするが、聖別によりそれらが使えなくなり、逃げるしかなくなったとのこと。(ちなみに、その時の一護はグランドフィッシャーの疑似餌しか見えてなかったのに対して、真咲はフィッシャーそのものを視認出来ていた模様)


関連イラスト

星月護さんへ~おかあさんといっしょ一護とお母さんの話


関連タグ

BLEACH 黒崎家 滅却師

黒崎一心 心真

黒崎一護 黒崎遊子 黒崎夏梨

石田竜弦

関連記事

親記事

黒崎家 くろさきけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 615875

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました