ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

十番隊

じゅうばんたい

十番隊とは、十番目の部隊。主に、漫画『BLEACH』に登場する護廷十三隊の部隊の1つの事を指す。
目次 [非表示]

概要

隊花:水仙 特色(花言葉):神秘とエゴイズム

日番谷冬獅郎が隊長を、松本乱菊が副隊長を務めている部隊。

仕事熱心な日番谷の指導が行き届いており真面目な隊員が多いが、サボり魔の乱菊の手綱を握ることだけには苦労している。

読者人気の高い日番谷が所属する隊であるためか、六番隊と共に作中での出番が多い。


護廷十三隊の日常を描いた『カラブリ+』によれば、求める人材は

「しっかり仕事するヤツ」(日番谷冬獅郎)

「一緒にお酒、付き合ってくれる子」(松本乱菊)

乱菊は「男女問わず大人気の日番谷隊長を一日中眺められるのは十番隊だけ!」と宣伝している。ちなみに日番谷は「細かいことは言わねえ。お前たちの本気を見せてくれ」と詳しい募集要項を書いているものの、乱菊のパイ拓が押されているため途中から解読不能となっている。おい松本


メンバー

  • 日番谷冬獅郎:隊長
  • 松本乱菊:副隊長
  • 竹添幸吉郎<たけぞえこうきちろう>:第七席
  • 長木曽秋龕<ながきそしゅうてつ>:斬術指南役

過去篇

京楽春水の口から「隊長が殉職した」と明かされた以外は一切不明。


20年前

旧十番隊

  • 志波一心:隊長 → ???
  • 松本乱菊:副隊長
  • 日番谷冬獅郎:第三席

千年血戦篇にて判明。一心は仕事を押しつけてくる乱菊ではなく日番谷こそが次期隊長と持て囃していた。

原作者によると、日番谷と乱菊は先遣隊として黒崎一護の家にやってきた際には一心の存在に気付いていたという。

また死神代行消失篇において一護の決断を見届けた日番谷による「銀城の次の死神代行があいつで良かった」という言葉は、一心と一護の関係性をふまえた上で発せられたものだったと画集『JET』のインタビューで明かしている。


その他


関連タグ

BLEACH 護廷十三隊


九番隊←十番隊→十一番隊

関連記事

親記事

護廷十三隊 ごていじゅうさんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1777213

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました