2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

隊花:馬酔木 特色(花言葉):犠牲・危険・清純な愛(あなたと二人で旅をしましょう)
隊長を藍染惣右介が、副隊長を雛森桃が務めていた。
穏やかな雰囲気の隊風で、常に隊士仲が良く所属隊士の能力が高いのが特徴…ではあるが、これは後に尸魂界に対して反乱を起こす藍染が、人身掌握のために作り上げた隊風である。藍染の裏切りによって、心身ともに病んだ雛森が床に伏すことが増え、隊が機能不全に陥っていた時期もあった。
藍染との戦いが終わった後は、元五番隊隊長であり仮面の軍勢の平子真子が再び隊長位に就き、心を持ち直した雛森と共に温かな隊風を取り戻している。

護廷十三隊の日常を描いた『カラブリ+』によれば、求める人材は
「元気のある人」(雛森桃)
また応募条件には「裏切らない人」とも。重い。
※藍染は所在不明のため未回答。

藍染がいたころは、月に一度書道教室が開かれていた。
平子が復帰した後には、彼の私物のレコード盤が隊首室に並べられているようである。

小説『The Death Save The Strawberry』によれば、藍染は隊長位についてから勤務体制の見直し、基本給の増額、諸手続きの簡略化など、隊士のためになる改革をいくつも行った。それは藍染の人心掌握の一環に過ぎなかったが、それによって隊士の境遇が改善されたことは事実であった。空座町での決戦の後、雛森は乱菊、七緒から藍染が残したものは負の遺産ばかりではないことを伝えられ、部下たちの気遣いや平子の激励もあり、なんとか立ち直ることができた。
以降は平子真子との間に良好な主従関係を築いており、自由気ままな平子の振る舞いを雛森が優しくもしっかり咎めるというお約束のやり取りが交わされることとなった。


メンバー


  • 石和厳兒<いさわげんじ>:第三席
歩法を得意とする隊士だったが、霊王護神大戦の際に足を失い義足となる。平子に学院長としての資質を見出され真央霊術院学院長に就任した。

過去篇

  • 平子真子:隊長
  • 藍染惣右介:副隊長
  • 市丸ギン:席官、後に藍染の下で副隊長 → 三番隊隊長



The 3rd Phantom

以下、ゲームオリジナル。

平子の代わりに藍染の上司である隊長。
強力な治癒能力を持つ姉・伊花<このか>(CV:大原さやか)には頭が上がらないが、古の破面アルトゥロ・プラテアドとの戦いで彼女を失い、自身も行方不明になってしまう。
斬魄刀は巨大なノコギリのような刀身から雷撃を放つ『紫電』で解号は「打ち据えろ~」。卍解は未登場。
主人公となる姉弟。
幼少期に流魂街で朱司波・藍染・浦原喜助に助けられ、朱司波家に引き取られた。その後恩返しのため五番隊に入り、当時隊員だった志波海燕(本作オリジナル設定)ら多くの死神と交流しながら成長していく。

関連タグ

護廷十三隊
四番隊← →六番隊

関連記事

親記事

護廷十三隊 ごていじゅうさんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1353344

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました