ピクシブ百科事典

チョウチンアンコウ

ちょうちんあんこう

チョウチンアンコウは深海に生息するアンコウ目チョウチンアンコウ上科の魚類の総称、もしくはチョウチンアンコウ科チョウチンアンコウ属に属する学名Himantolophus groenlandicusの標準和名。
目次[非表示]

概要

名前の「チョウチン」は提灯を意味する。頭頂部についた誘引突起が提灯をつるした竿に見えることと、それを光らせることによってとなるをおびき寄せることからそう名づけられた。食用にはされないものの、アンコウキャラクターとして描かれる場合、このチョウチンアンコウがモデルになることが多いほど一般的な種である。

標準和名「チョウチンアンコウ」の特徴

チョウチンアンコウ 


標準和名をチョウチンアンコウと呼ばれるものは、いわゆる誰もが想像するであろう姿かたちをしているもの。チョウチンアンコウ科チョウチンアンコウ属に属す。
学名はHimantolophus groenlandicusで、頭の誘因突起は先端に発光器を持つ10の皮弁と発光器を持たないふくらみを持つ。
この誘因突起は発光液を発射する事も出来る。
丸みを帯びた体格で下あごが出っ張っている。体表にはいぼのような突起物を確認する事が出来る。
水深200mから800m位の深海に生息する。メスが40cm以上成長するのに対し、オスは4cm程度と、メスがオスに比べてかなり大きいのが特徴。

生態

チョウチンアンコウの仲間は外洋の深海を漂泳するように進化した一群で、水深200から3000mに見られる。全ての仲間でオスはメスよりはるかに小さい。
全ての仲間が発光器を持つわけではなく、ヒレナガチョウチンアンコウ科などいくつかの科では持たない。
また発光器の位置も、サウマティクティスのように口の中に持つものやオニアンコウのように下顎の先に持つものがいるように種類差がある。
また、幼魚は浅い海で生活を行う種類もいる。

繁殖方法

前述のようにメスに比べてオスの体長は圧倒的に小さい。そのためミツクリエナガチョウチンアンコウヒレナガチョウチンアンコウキバアンコウオニアンコウ といった一部のチョウチンアンコウの仲間は、体の小さなオスは、メスに出会うとメスの体に噛み付き、離れないように寄生する。噛み付いたオスはそのうちメスの体と同化血管でつながることでメスの体の一部となり精子を供給するだけの器官となってしまう。
これは、広く暗い深海でオスとメスが出会える確率は少なく、一度出会えてもまた出会えることが出来ない可能性のほうが大きいためだと考えられている。1匹のメスに対してオスも1匹というわけではないため、中には1匹のメスに十数匹ものオスがくっついている個体もある。

ただし、これらの特徴は、前述したチョウチンアンコウの仲間等以外では見られず、通常食用にされるアンコウの仲間、その他のアンコウの仲間、標準和名がチョウチンアンコウと呼ばれる種類の仲間、シダアンコウといったチョウチンアンコウの仲間などでは見られない。
こういったシステムは「矮小雄」や「矮雄」などと呼ばれ、原始的な生物の世界ではわりとスタンダードであったりする(人間でもしばしば見られるが、大概はろくでもない場合が殆どである)。

関連イラスト

深海魚
ちょうちんあんこ


チョウチンアンコウ



関連タグ

海洋生物  深海 提灯
一妻多夫
チョンチー ランターン
しんかいコンチェルト・・・ばるぱんさー氏による海洋生物がテーマの漫画作品。四話の主題はチョウチンアンコウである。
深海魚のアンコさん
ハングラー

pixivに投稿された作品 pixivで「チョウチンアンコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102120

コメント