ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

硬骨綱アンコウ目アンコウ科の海魚の総称。
熱帯から温帯にかけての深海に広く分布。日本産の種ではアンコウ(クツアンコウ)・キアンコウが代表的。
体形は楽器琵琶、若しくはフライパンに似て、は著しく大きくて平たく、が非常に発達しているのが特徴(明け透けに言うと「耳元まで裂けた口」を地で行くようなスタイル)。大型で、全長1.5~2m近く、重さ60kgに届く記録がある。
背部前方にある背びれが変形したアンテナ状の「釣り竿」を動かし、寄って来た小魚を丸呑みにして食べる。時には水面に浮上して海鳥を襲って食べる事もある。非常に貪食。

(動作が鈍いところから)愚鈍な人を「アンコウのようだ」と呼ぶ事がある。但し現代では死語に近い。

実は非常にデリケートな魚であり、飼育が難しい為、アンコウが見られる水族館は少ない。

種類に関してはアンコウ目を参照。

食用

肝臓が大きく発達するとされる。
のほか内臓などを鍋料理などにして美味。
反対に、肝臓が発達せず、水っぽさと独特の匂いがする夏には利用価値が下がり、大きな個体でもゴミとして捨てられてしまうほどに価値が下がる。
肉が柔らかくまな板の上では捌けないので、下顎をかけて体を吊るし、アンコウの口からを流し込んでを膨らませ、柔らかい胴体に張りがでたところを解体して調理する。これを俗に「吊るし切り」と称する。
口と背骨以外はほぼ全て食べられる為、吊るし切りされると最後には口と背骨だけが残る。

食材として部位が「肝」、「布(卵巣)」、「えら」、「ひれ」、「皮」、「水袋(胃)」、「身」の7つに分かれる為、これを「アンコウの七つ道具」と呼ぶ。特に「アンキモ」と呼ばれる肝臓の部位は海のフォアグラと呼ばれ珍重される。

表記ゆれ

あんこう:部分一致検索では、「ガールズ&パンツァー」のあんこうチーム関連作品が多い。
鮟鱇、琵琶魚、華臍魚:漢字表記。

関連イラスト

「アンコウ」タグの付く作品には、普通のアンコウだけでなく、チョウチンアンコウのイラストも多い。

これが本当のアンツィオ戦です…?


アンコウ
アンコちゃんmini


アンコウをモチーフにしたキャラクター

東映特撮

ウルトラシリーズ

アニメ

ゲーム

漫画

深海魚のアンコさん  

関連タグ

 チョウチンアンコウ 深海魚
アンキモ / あんきも あんこう鍋 あんこう音頭
鍋料理
フグ:旬が同じ時期で、こちらも鍋の具になる。
力士脂肪の多いタイプをアンコウに因んで「アンコ型」と呼ぶ。
オオサンショウウオ瀬戸内一部地域の別称。
アライッペ あんこう等をモチーフ(メインはシラスハマグリ)にした茨城県大洗町のマスコットキャラクター。なお北茨城市にはそのものの「あんちゃん・こうちゃん」がいる。

非関連タグ

あんこ

関連記事

親記事

アンコウ属 あんこうぞく

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アンコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321535

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました