ピクシブ百科事典

コムタン(メガレンジャー)

あんこうねじれのおとうと

コムタンとは、『電磁戦隊メガレンジャー』に登場するアンコウネジレの弟である。
目次[非表示]

「健太…また一緒に、焼肉食べよ…」
CV:ゆきじ

概要

ビビデビアンコウの遺伝子を元にネジレ科学で生み出したネジレ獣で、アンコウネジレの双子の弟。兄とは対照的に色が赤く、優しい表情をしている。

名前は彼の卵を拾った健太が「ビビンバ、ユッケ…」と好物である焼肉のメニューを羅列した流れで付けた。

活躍

ビビデビによって兄と共に作られるも、ネジレ獣としての才能が皆無だった為に卵の状態で彼から人間界に捨てられてしまい、その際に何の因果か健太の自転車の中に闖入。
恐竜の卵と勘違いした健太の世話によって誕生した。

当初はぬいぐるみサイズだったが、孵化してからは急速に成長。僅か2日で健太と同じ大きさになるまでに至る。
生まれた時は健太の事も「けんけん」としか言えなかったが、肉体共々知能も成長しており、彼の事を「健太」と呼べる様になり、同時に健太に食べさせられた影響で焼肉が好物となる。

その姿を見た千里から「ネジレ獣ではないか?」と怪しまれるも、当人はこれまでのネジレ獣とは打って変わって温厚な性格であり、自身が空腹にも関わらず健太に煎餅を半分あげようとする等、とても優しい心の持ち主であった。

だが、ネジレ獣として生まれた彼に降り掛かる運命は生易しい物では無かった。
やがて兄であるアンコウネジレと合体すると人間をダイヤモンドに変える「ダイヤモンド光線」を発射出来る事が判明するや、コムタンは当のアンコウネジレから執拗に追い回される羽目になる。
逃げる最中に健太と再会し、健太もコムタンの事を「絶対に守ってみせる」と心に誓うが、迫り来るアンコウネジレによってレッドは両足を石化させられてしまい、その隙に兄に吸収されてしまう。

その後、駆け付けた他のメガレンジャーの仲間達によってアンコウネジレの物質変換装置を破壊された為、彼に操られる形でメガレンジャーを攻撃する。
然し、変身を解いた健太の必死の訴えによってコムタンは自我を取り戻し、アンコウネジレと分離。そればかりか、健太を庇って攻撃した事にアンコウネジレの怒りを買い、彼が全身から放った光線で粛清されてしまう。致命傷を負ったコムタンは、育ての親である健太の腕の中で上記の台詞を言い遺し、儚く消え去るのだった……。

余談

モチーフは兄と同じくアンコウ

今エピソードはシリーズでお馴染みの怪人との交流回となった。

声を演じるゆきじ女史は今作がスーパー戦隊シリーズ、延いては特撮初出演となる。

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー 邪電王国ネジレジア ネジレ獣 アンコウ
アンコウネジレ:兄

戦隊メンバーと心を通わせた怪人の変遷

KKエス/OOバットン→コムタン→デギウス

関連記事

親記事

アンコウネジレ あんこうねじれ

コメント