ピクシブ百科事典

千手柱間

せんじゅはしらま

千手柱間とは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:菅生隆之泰勇気(少年期)

木ノ葉隠れの里の創始者の1人で、森の千手一族のリーダー格であった人物。
また、初代火影である。

ヤマトや柱間細胞を移植した人間を除くと木遁系の術を使うことができた唯一の忍で「最強の忍」「忍の神」と謳われるクラスの実力を持っていた。対抗できたのはマダラくらい。
九尾をねじ伏せたこともあり、歴代の火影の中で最強という設定であったヒルゼンが霞むほどである(ただ、全盛期のヒルゼンが描写されていない)。
マダラをして「すべての術が桁違い」と言わしめるほど、ありとあらゆる忍術が驚異的な力を発揮したらしく、超人な能力を持っていたという。

里の者達を自分の体の一部と捉える愛情にあふれた人物で、何よりも里の者達のことを第一に考えた。

人物

初登場は大蛇丸の穢土転生の術により蘇生されたときで、厳格な感じの人に思えたが…

実は超がつくほどのおおらかで、扉間からもバカと言われるほどに懐が深い人物であり、結構落ち込みやすいが開き直って立ち直るのも早い豪快な性格。
お人好しすぎて指導者としては甘い部分が多かったため、ニ代目火影である扉間は結構苦労した模様。
だが本気で怒ると扉間さえ逆らえないほどの威厳を発揮する。
実は、孫の綱手を無類の博打好きにさせた張本人だったりする。
柱間当人もそれについては自覚しており、綱手が現在の火影だと聞かされた時には深刻な表情で落ち込みつつ「今、里は大丈夫なのか」と本気で不安がっていた。

生前は戦乱の時代を生き、幼い子供まで戦地にかり出され、力の無いものは命を落としてしまう凄惨すぎる現状を憂い、この状況を何とか打開できないかと考え、それが木ノ葉隠れの里の創設に繋がっていく。現在の忍び里の基本である「忍者を実力によって上忍から下忍にランク分けし、同じく難易度によってS~Dに分けられた任務に割り振る」「忍者としての基本を教える教育機関(=アカデミー)を創設し、忍者の質と生存率の底上げを行う」と言うシステムは彼が考えたものである。

の未来を想い、たとえ自分の生きる時代では目標が叶わずとも、そのきっかけを作り、自身の意志を後世の人々に伝え託していくことを大切に考えており、弟の千手扉間や、彼の弟子であった猿飛ヒルゼンを始め、彼の意志は後世の木ノ葉の忍たちに受け継がれている。

かつて自来也が語った「忍とは耐え忍ぶ者』」という思想は、実は彼が最初に唱えたものだった。

木遁忍術

水遁と土遁の性質を持つチャクラを組み合わせて使用する。他の性質変化と異なりこれは「生命体」を発生させる、つまりカタチにイノチを吹き込む「陽遁」の亜種。

木遁の術

樹木を自在に操る。腕や掌から角材状の木を出現させるなど、様々に応用できる。

木遁・木分身の術

木でできた分身を作る。他の分身と違い細胞を元に作られており、十分な攻撃・防御力を持つため単身で戦場に送られることもある。また人型のみならず、種子状に変化させることで発信機となる。見分けられるのは写輪眼のみと言われる。影分身と異なりオリジナルと常にリンクしているため、相互にリアルタイムで情報のやり取りが可能。

木遁・榜排の術

人型のドームを出現させ、内部に入ることで爆風等から身を防ぐ。尾獣の攻撃を受け流すための防御術であり、性質上封印術に分類される。

木遁・皆布袋の術

地中から幾つもの巨大な木の手を出現させ、敵を捕縛する。木人の術に比べて発動スピードが速い。「ほていのじゅつ」と読む。

木遁・木龍の術

象のような鼻を持つ巨大な木製の龍を作り出す。チャクラを吸収する性質を持ち、尾獣を完全に押さえつけられる。

木遁・木人の術

巨大な木製の人型を作り出す。柱間の使用するものは仁王像に似た姿のマダラの完成体須佐能乎と同等の巨人であり、九尾の尾獣玉を相殺できる耐久力を持つ。木龍の術と併用されることが多い。

木遁秘術・樹界降誕

チャクラを生命の源として巨大な樹木を生成し、それらを意のままに操ることで、攻防や敵の捕獲まで行える万能の術。

木遁・花樹界降臨

地面から木の根や茎を成長させて周辺を巨大な樹木が無数に絡み合う地形に変え、巨大な花を咲かせる。花の花粉を吸うと身体が動かなくなる。ただし即効性がある代わりに継続性はなく、花粉がなくなると効果も消える。

仙法木遁・真数千手

木で出来た巨大な千手観音を出現させる。周辺の地形よりも巨大で、尾獣と同サイズの木人が頭の上に乗るほど。無数の手から凄まじい拳撃を繰り出す「頂上化仏」を使う。攻撃後、背の無数の腕は取り外して身軽になれる。

系譜

4人兄弟の長男。弟に二代目火影の扉間、瓦間、板間がいる。瓦間と板間は幼い頃に戦争で亡くしている。 孫に綱手と縄樹がいる。

関連イラスト

ほかげさまぁああああああああ
senju hashirama


Blue
初代様おめでとう



関連タグ

NARUTO 木ノ葉隠れ 火影 初代火影
千手扉間 うずまきミト

ネタバレ注意
































実は、彼は六道仙人の二人の息子の内、弟・大筒木アシュラの転生体であったことが、後に明らかになる。
そして彼の次の代の転生体が、主人公のナルトであり、言うなれば彼はナルトの前世に当たるとされる。

また彼の細胞は「柱間細胞」と呼ばれ、移植した者の自然治癒力とチャクラの潜在容量を増やす効果があり、さらに細胞を持つものは秘術たる“木遁忍術”の行使も可能となるなど、もはやただの生物の細胞の域を超えてしまっている。
ただし誰にでも移植可能ではなく、適合しないと細胞に浸食されて死んでしまうという。
第四次忍界大戦でも細胞の力は利用され、様々な波紋を生みだした。

pixivに投稿された作品 pixivで「千手柱間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8653035

コメント