ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウィリアム・マッキンリー

うぃりあむまっきんりー

ウィリアム・マッキンリーとはアメリカ第25代大統領であり、アメリカ史上3人目の暗殺された大統領である。

生涯

1843年オハイオ州ナイルズで父ウィリアム・シニアと母ナンシーの間に9人兄弟の7番目として生まれる。

1861年から始まった南北戦争では北軍に一兵卒として参加し戦功を重ねた結果、終戦時には大尉となり、少佐に名誉進級して除隊した。

戦後は弁護士となり、1877年に共和党選出連邦下院議員、退任後の1892年にオハイオ州知事を務めた後の1896年に第25代大統領となった。

大統領在任中は対外拡張を推し進め、1898年4月に米西戦争が勃発。12月のパリ協定締結によってスペインからフィリピングアムプエルトリコなどを手に入れ、さらに戦時中の6月にハワイを併合したことによって、太平洋カリブ海に覇権を伸ばすことになった。

1900年に再選したが、1901年9月5日にニューヨーク州バッファローでレオン・チョルゴッシュに銃撃され、14日に死亡した。マッキンリーの死後、セオドア・ルーズベルト副大統領が昇格して跡を継いだ。なおマッキンリーの暗殺事件をうけて、財務省秘密捜査部(シークレットサービス)がフルタイムでの大統領警護に当たるようになった。


関連タグ

アメリカ アメリカ合衆国 アメリカ大統領 ニューヨーク

エイブラハム・リンカーン ジョン・F・ケネディ ジェームズ・ガーフィールド同じく暗殺されたアメリカ大統領

セオドア・ルーズベルト ロナルド・レーガン ジョージ・W・ブッシュ暗殺されかけた大統領

関連記事

親記事

アメリカ合衆国大統領 あめりかがっしゅうこくだいとうりょう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました