ピクシブ百科事典

ロナルド・レーガン

ろなるどれーがん

 ロナルド・レーガンとは、アメリカ合衆国の政治家である。
目次[非表示]

生年没年 1911年2月6日~2004年6月5日
大統領任期(第40代) 1981年1月20日~1989年1月20日

概要

フルネームはロナルド・ウィルソン・レーガン
イリノイ州出身。

第40代アメリカ合衆国大統領で、選出年齢が現職のドナルド・トランプに次いで歴代第2位(69歳349日)の大統領である。また、歴代大統領で唯一離婚歴のある大統領でもある。所属は共和党俳優出身という異色の経歴を持っており、その演技と演出の力は、自身の大統領選で非常に強みとなった。
この点、ヨハネ・パウロ2世とも似ている。

もともと二流の西部劇俳優であったため、「大統領の役を最も上手に演じる二流役者」と揶揄されたこともあったが、演技力や演出力の必要な局面では見事に成果を残している。
特に本人の演技力とアメリカ政府の人材と資金による演出で、当時のソビエト連邦を軍拡競争と宇宙開発競争のチキンレースに巻き込んで崩壊へ追い込んでしまったのは有名である。


俳優時代~カリフォルニア州知事時代

レーガンは元々、ラジオアナウンサー出身の映画俳優であった。

映画俳優としては前述したように二流の西部劇スターどまりであったが、生来スピーチの才能があったレーガンはラジオアナウンサー、司会者としてキャリアを積む中でこの能力と話術、演説の技能を磨き、1964年大統領選におけるバリー・ゴールドウォーターの応援演説で一躍、名演説家としての評価を確立、政界入りする。所属政党は当初民主党であったが、1960年代に共和党に転じ、保守派の中心人物となる。

その後、カリフォルニア州知事を二期務めた後に大統領選へ出馬し、ジミー・カーターの再選を阻止して大統領に当選する。


大統領時代

内政面では、レーガノミックスと呼ばれる経済政策を行い、大幅減税による国民の貯蓄と投資の増進などで経済を建て直そうとしたが、結果的に貿易と財政両方で莫大な赤字(双子の赤字)を出す結果となってしまった。

外交面では、レーガン・ドクトリンと呼ばれる基本方針を打ち出し、それまで比較的緩やかな関係に落ち着いていたソ連を「悪の帝国」(Evil empire)と直接的に批判して刺激した。
戦略防衛構想」という眉唾ものの計画を発表した際は「アメリカならやりかねない」みたいな感じでそれまでの軍拡競争で疲弊し始めてきたソ連をビビらせた上、宇宙開発競争などを煽って同国の財政状況を悪化させ、崩壊に追いやった他、反共運動を積極的に支援して、ベルリンの壁崩壊や多くの東欧諸国の民主化を達成した。
以上の外交面の行いから「冷戦を終結させたアメリカ大統領」と言われている(正式な冷戦終結宣言を行ったアメリカ大統領はレーガンの後任のジョージ・H・W・ブッシュだが、諸政策で終結宣言とソ連崩壊を導き出したのはレーガンであるため、本当に冷戦を終わらせた大統領はレーガンと言うべきであろう)。

彼の功績は多くの人々に讃えられ、名前が空港空母などに使われている。


配偶者

俳優当時はアカデミー主演女優賞も獲得した有名女優ジェーン・ワイマンと結婚していたが、のち離婚。ナンシー夫人として知られるナンシー・デービスと再婚している。

逸話

バック・トゥ・ザ・フューチャーで1955年にマーティがタイムスリップしてその時代のドクから「1985年の大統領は誰だ?」と聞かれて、レーガンと答えると「あの大根役者が!?」と言うシーンがあるのだが、当の本人はそのシーンが大のお気に入りだったらしく、何度も巻き戻して観たという。


関連タグ

アメリカ合衆国 アメリカ合衆国大統領 冷戦 ゴルバチョフ SDI
バンゲリングベイ

関連記事

親記事

アメリカ合衆国大統領 あめりかがっしゅうこくだいとうりょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロナルド・レーガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18271

コメント