ピクシブ百科事典

エメット・ブラウン

えめっとぶらうん

エメット・ブラウンとは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の登場人物である。
目次[非表示]

演:クリストファー・ロイド

日本語吹替
青野武(映像ソフト版)
穂積隆信テレビ朝日版)
磯部勉日本テレビ版)
三宅裕司フジテレビ版)
山寺宏一BSジャパン版)

人物

カリフォルニアのヒルバレーに住む発明家であり、変な発明をする事で変人(マッドサイエンティスト)として街では知られている。正式な名前は「エメット・ラスロップ・ブラウン」。
愛称は「ドク」。
先祖はアメリカへ移民としてやってきたフォンブラウン氏であったが、アメリカに渡った際にブラウンに改姓している。1955年頃ぐらいまでは広大な土地を持つ資産家一族だったらしく、1985年現在ではそのほとんどをタイムマシン開発に費やしてしまっている。

海底二万里を読んで科学者を志して以来、科学に魅了されては変な発明に没頭している。
フラックス・キャパシターこと次元転移装置を洗面台に頭をぶつけた衝撃で閃いてから30年の時を経て開発に成功する。

マーティとは年の差はあるが親友であり、タイムマシン開発に成功してからは彼を巻き込む一大事に発展した。

彼の凄さは何もタイムマシンだけではない。それに必要なエネルギー供給源である小型原子炉を個人で開発してしかも実用化させてしまった。しかも核燃料となるプルトニウムを過激派を騙して入手している始末。なお、この原子炉は何故か使用済み燃料が出ないという謎の仕様。後に未来ではゴミをエネルギーにする融合炉に換装している。
さらに凄いのは1885年に取り残されて以降に何らかの方法で蒸気機関車をベースにタイムマシンを創り上げた事である。

各時代の彼

1955年の彼

この時点で既に時間旅行ができる装置を閃いた時の彼である。当然、1985年のマーティなぞ知らなかった為、最初は全く相手にしていなかったがマーティから自分以外誰も知らないはずの次元転移装置の事を言われた事と、完成品であるデロリアンを目の当たりにしてからはマーティを信用するようになった。
パート1で活躍するのはこの時代の彼である。パート3でも前半でデロリアンの修理を行った。
次元転移装置を思いついただけで意図せずに未来を垣間見た為、彼の人生は複雑な未来が待っている事となった。

1985年の彼

現代の彼である。タイムマシンを完成させて時間旅行を満喫・・・と、思いきやトラブルに巻き込まれて命の危機にあったり、未来で若返り手術を受けたり、1885年の大西部時代で鍛冶屋を営んでいたりと波瀾万丈な人生を送っている。パート2とパート3のドクである。
ビフがアメリカを牛耳る暗黒時代と化した1985年の世界ではどうやら拘禁(精神病院らしい)されてしまったが、歴史を正規に軌道修正した際には科学者として受賞しているらしい。

関連タグ

バック・トゥ・ザ・フューチャー 博士 マッドサイエンティスト

pixivに投稿された作品 pixivで「エメット・ブラウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2460

コメント