ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

クリストファー・ロイドとは、アメリカ合衆国俳優

1938年生まれで、14歳頃から俳優としてのキャリアを持っている。
舞台俳優としてキャリアを積みながら、『カッコーの巣の上で』で映画デビュー。

1985年に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のエメット・ブラウンことドク役で世界的にブレークした。
また『アダムス・ファミリー』のフェスター・アダムス役も当たり役となった。
若い頃から老けメイクをされやすく、BTTFのドクを老齢になってから演じた際は、特にメイクしなくても違和感がなく演じている。

非常にシャイな性格で、インタビューなどは極力受けないことで知られている。
来日経験がしばしばあり、日本の観光地等を巡ったり、日本の俳優と交流したことがある。

日本語吹き替え

彼を日本語で吹き替える場合、ほぼ専属というべき声優が二人いる(いた)。

この両名は作品によっては支持する人が分かれており、青野だとアダムス・ファミリーが、穂積だとバック・トゥ・ザ・フューチャーの評価が高い。ちなみに青野はビデオソフト版、穂積はテレビ朝日版を担当していた。
ちなみにロイド本人の声はこの二人を足して二で割った感じであり、どちらかといえば穂積にやや近いところがある。
青野がこの世を去ってからは穂積が担当する事が多かったが、2018年10月20日穂積もこの世を去った。

関連タグ

バック・トゥ・ザ・フューチャー ドク エメット・ブラウン

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クリストファー・ロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4369

コメント