ピクシブ百科事典

1.21ジゴワット

いってんにいちじごわっと

1.21ジゴワットとは、タイムトラベルをするのに必要な電力である。
目次[非表示]

概要

タイムトラベルをテーマにした映画バック・トゥ・ザ・フューチャー』には、デロリアン製DMC-12を改造した自動車タイムマシンが登場する。
このタイムマシン(通称:デロリアン)は時速88マイル(約時速142キロメートル)まで加速した状態で、タイムサーキットを稼動させることで、時間転移を可能にするものであるが、このタイムサーキットを稼動させるのに必要な電力が1.21ジゴワットであると説明されている。
しかし実際にそのような単位は現実科学では定義されていない。
またメガやギガのような10のn乗倍を示す単位「ジゴ」なのか、ある電力量を示す「ジゴワット」という単位なのかも不明。理由は以下よりお察し。

本来はギガワットなのだが、脚本を書いたボブ・ゲイルが“gigawatt”と書くべきところを“jigowatt”と書いてしまい、日本語字幕をつける工程で戸田奈津子がそれをそのまま音写したため、ジゴワットという架空の単位が誕生することとなった。
何かと誤訳の多いことで知られる戸田だが、今回ばかりは元が間違っていたため仕方ない。

日本にはこれを面白がって、フィクションの架空の単位として採用したり、社名にした会社まで存在する。

関連タグ

バック・トゥ・ザ・フューチャー
デロリアン
誤植

外部リンク

デロリアン (タイムマシン) - Wikipedia
ジゴワットとは (ジゴワットとは) - ニコニコ大百科
ジゴワットとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「1.21ジゴワット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8010

コメント