ピクシブ百科事典

オオノキ

おおのき

オオノキとは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。

概要じゃぜ

CV:西村知道(幼少・青年期:菊本平

三代目土影。小柄な高齢の老人。「~じゃぜ」が口癖。二つ名は「両天秤のオオノキ」
非常に頑固な性格で、雲隠れなどの他里に対抗するべくを利用することも厭わなかった。マダラからは「両天秤の小僧」と子供扱いされているが、かつてマダラと戦い敗れた過去から「自分を捨て」このような性格になったという。

初代土影・イシカワの孫であり、二代目土影の弟子。
黒ツチの祖父で、黄ツチの父である。
未だに現役だが高齢の為に腰痛持ちで重い物が持てない。団子っ鼻が特徴で土遁系のチャクラ性質を持つ。
血継淘汰と呼ばれる能力により、触れたモノを分解する『塵遁』という強力な忍術が使える。
その他、触れた物の重量の軽重を変化できる術を使える。

現影の中では非常に高齢でうちはマダラ、初代土影、二代目土影、二代目水影とも顔見知り(当時は子供だった)。ちなみに前述通り、初代土影はオオノキの実の祖父である。

第四次忍界大戦では先代とも戦い、マダラとは心が折れ欠けるも我愛羅をはじめとする次世代の忍たちの行動に奮起し、自らの信念を取り戻す戦いを行った。

大戦終結後も存命であるもののさすがに現役引退している(次期土影は孫である黒ツチ)。
そしてベッドから動けないほどに老いさらばえてしまっている。
さすがのオオノキも歳には勝てなかった様だ…

関連タグじゃぜ

NARUTO 土影 血継限界 五影 岩隠れ
ローブシン

pixivに投稿された作品 pixivで「オオノキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156529

コメント