ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:西村知道(幼少・青年期:菊本平

概要

岩隠れの里の三代目土影。第二次・第三次と過去二度の大戦を経験した数少ない忍であり、かつては「両天秤のオオノキ」の二つ名で恐れられていた。


人物

団子っ鼻が特徴の小柄な老人。語尾に「~じゃぜ」とつける。未だに現役であり第二部開始時点の五影の中でも最長の在任期間を誇る。79歳という高齢でなお現役の忍を凌ぐ実力を持つが高齢の為に腰痛持ちである。


非常に頑固な性格で、雲隠れなどの他里に対抗するべくを利用する事も厭わなかった。


生前のうちはマダラとは因縁があり、木ノ葉隠れの里との同盟締結の話し合いの際にマダラに襲われ、二代目土影・と共にマダラと戦うも完膚なきまでに敗北する。かつては理想を追い求める純粋な少年であったが、この時にマダラと戦い敗れた過去から「自分を捨て」狡猾な頑固者となってしまった。


二代目の死後はその跡を継ぎ三代目土影に就任。土影として二度の忍界大戦を指揮し、戦後も時に暁と利用するなどしながらも、里の平安に心を砕いてきた。


関連人物

祖父。

  • 二代目土影・

師匠。

息子。

孫の一人。

  • コヅチ

孫の一人。アニメ版『BORUTO』にのみ登場。詳細は下記にて。


能力

普段は土遁系の術を使うが、それ以外にも土・風・火と三つのチャクラ性質を持っており、血継限界の上位である三つのチャクラ性質を融合させた血継淘汰である塵遁の能力を持つ。また、重力をコントロールする能力を持ち、これにより自身が飛行するだけでなく他者にも付加することもできる。


使用術

  • 塵遁・原界剥離の術

風・土・火の性質三つを一度に合わせる血継淘汰の忍術。飛ばした立方体に触れたものを分子レベルで分解する。分解する性質上、物理的な防御は意味を成さない。


  • 土遁・加重岩の術

触れた物体や敵を重くする術。

敵の行動を鈍らせたり、重力で押し潰すことができる。

自信にかけることで速度が落ちる反面、攻撃に追加分の荷重が上乗せされ威力を向上させたりすることが可能。


  • 土遁・軽重岩の術

加重岩の術とは逆に触れたものを軽くする術。応用性が高く、重力を軽減することで重い物を軽くする、空を飛ぶなども可能になる。


来歴

五影会談

四代目雷影の要請で五影会談が開催された際に土影として出席。

会談では、若くして五代目風影に就任した我愛羅をガキ扱いしており、先輩として何でも質問に答えてやると嘲っていたが、「アンタ達はいつ己を捨てた」という質問に対して言い返せず、思うことがあったのか、忍連合軍を結成しかつての自分を取り戻す決意を固める。


第四次忍界大戦

八尾・牛鬼と九尾・九喇嘛を狙って雲隠れの孤島・島亀に接近した薬師カブトと、穢土転生で蘇ったデイダラを足止めするため交戦。八尾と九尾を奪われずにすんだが、見張り役のヤマトが攫われてしまう。


当初は本部で戦況を見守っていたが、歴代の影達が復活したのを期に参戦。第4部隊率いる我愛羅と共に無や二代目水影・鬼灯幻月と交戦。我愛羅と共に無と幻月を封印するも、分裂によって難を逃れた無を介しマダラが蘇生。その圧倒的な力によって重傷を負ってしまう。


五影の共闘でマダラに果敢に挑むも穢土転生の縛りを絶ったマダラに瀕死に追い込まれてしまう。

その後、復活した大蛇丸によって救出され、他の五影と共に最終決戦に集結した忍連合軍の下へ駆けつける。


戦後

2年後の『THELAST』でも81歳だが在任中(ほかの影も火影以外は大戦時の在任者が続投している)。隕石を追撃するも、やはり腰を痛めてしまっていた。


15年後

※この先『BORUTO』(特にアニメ版)のネタバレを含むため、閲覧注意


第四次忍界大戦から15年経過した本作では100歳を超えている(計算上の年齢は94歳)と言われており、歩行もままならない程弱っているため、移動の際は電気車椅子を使用。


月落下事件の後に土影の座を四代目の黒ツチへと譲り、隠居後はまだ幼い孫の一人・コヅチの成長を楽しみにしながら余生を過ごしていたが、彼はまだアカデミー生のうちに、里を襲おうとした盗賊団を相手に孤軍奮闘した末に落命してしまう。その原因が、自分の「敵を前にしても逃げない強い意志を持て」という教えにあったことから、オオノキはそれを後悔する。そして、大戦後レベルが大きく低下してしまった若い世代が、コヅチのように力不足のまま犠牲になっていくことを憂い、「忍が戦わなくても良くするための人工物による防衛手段の開発」に着手する。

手始めに土遁を応用した自律型土人形「芥」を試作するも、自身の技術では制御が効かず、身内にも協力を得られなかったことから、得体の知れない外部の技術者を秘密裏に誘致し、芥の改良に成功。さらには大戦の負の遺産たる白ゼツの細胞を用いた人造人間「ツクラレ」を試作するに至った。

ただし、ツクラレの欠陥を自力で解消することができず、その対策として同じ人造人間のミツキを非公式に招いたことで、彼を追う木ノ葉隠れの若き忍たちに介入される事態となる。


しかし、思惑に反してツクラレは一号体・を中心に独自の行動をとるようになり、岩隠れ制圧を目論み反乱を起こすという、本末転倒な状況に。

自身の行為を咎めるボルトと交流する中、コヅチの死を世の中のせいにし現実逃避していたことを自覚し、再び「己を拾う」ことを決意。

完全に暴走を始めた空を止めるべく参戦し、空が放った塵遁に自らの塵遁をぶつけて勝利したが、高齢の身で一度に大量のチャクラを消費したことで遂に限界を迎え倒れてしまう。

薄れゆく意識の中、駆け寄るボルト達に岩隠れ流の「人の意志」について諭し、その生涯を終えた。


五影経験者の醜聞を世間に広めることは憚られたため、彼の死は表向き「老衰による自然死」という事にされ、ツクラレに関する一連の事件への関与は伏せられた(詳細を知るのは事件の当事者となったボルト達、岩隠れ上層部の他、木ノ葉隠れの上層部および上忍の一部、事後報告を受けた他の3とその側近、ミツキの出身である音隠れの上層部の一部のみ)。


ゼツの細胞を提供したドクターは「」の外陣だったが、オオノキ本人が殻の存在を認識していた様子はなく、後に殻の暗躍とクーデター事件後のドクターの動向を伝えに日向ハナビが黒ツチの下を訪れた際、ハナビは黒ツチの「まさかオオノキのじいさんが殻に関係していたなんてことは…」という疑惑を否定している。

 

関連タグ

NARUTO BORUTO 岩隠れ 土影

血継限界 血継淘汰 塵遁

関連記事

親記事

岩隠れ いわがくれ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462516

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました