ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「芸術は爆発だァ!!」

プロフィールだ!うん!

年齢19歳(暁の中では最年少。)
誕生日5月5日
星座おうし座
血液型AB型
身長166.0cm
体重50.8kg
性格プライドが高い、好戦的
好きな食べ物おでんのばくだん
嫌いな食べ物混ぜご飯


概要

CV:川本克彦
暁に属する岩隠れの抜け忍。青い眼に長い金髪の風貌で、髪で隠した左目には常に特殊なスコープをつけている。
名前の由来は不明だが、奥義の一つの様相からしてデイダラボッチとの関連性も考えられる。
粘土造形を得意とするアーティストであり、暁に入ったのも自身の芸術願望を叶えるのにうってつけであったからである。彼曰く「芸術は爆発だ」「クール=アート」。

彼にとっての芸術は「儚く散りゆく一瞬の美」。粘土造形自体は洗練された良いデザインなのだが、彼にとっての芸術の真骨頂はそれらを用いた爆発にあるため、彼の芸術理念を解する者は一人も居ない。コンビを組んでいたサソリは「長く後々まで残る永遠の美」という正反対の芸術観を持つため、芸術関連の意見は全く合わず、何かと言い争ってばかりいる。

一般的に知られている一人称は「オイラ」ではあるが、それはサソリの前や芸術を語る時のみとされている。それら以外で使われる一人称は「オレ」。口癖は語尾に「…うん」を付ける。だが本気で怒ると「…うん」すら言わなくなる(ちなみに怒り状態はかなり怖い)。

ちなみに読者からの人気は高く、第6回人気投票では主人公のナルトを抑えて3位、第7回では6位を記録している。

能力だ!うん!

両手の平にある口で喰った粘土と自身のチャクラを混ぜて作った「起爆粘土」を用いる。これにより様々な造形品を作り、粘土に混ぜるチャクラはC1からC4まで上げることができる。爆発の威力は混ぜたチャクラの種類や量で調整可能、花火程度の爆発力から最大級で大国の主要都市も吹き飛ばせるほどの破壊力を持たせることができる。

欠点を挙げるとすれば、起爆粘土の性質上、土遁の印を結ばねばならず、練りこんだチャクラ以上の雷遁、もしくは電気を通すと不発になる事。

そして、C4は文字通りデイダラボッチのような姿であり、C0 (シーオー)は文字通り「追放 (Cast Out)」となる禁じ手でもある。

これらの能力は元から彼に備わっていた能力ではなく、彼が岩隠れ在籍時に伝わっていた「物質にチャクラを練りこむ術」という禁術であり、その当時忍でありながら粘土造形師として絶賛されていた彼が、更なる美の高みを追求するあまりにその禁術を渇望し、禁忌を犯してまで手に入れた能力である。
その結果追われる身となってしまい、その際に追手に放った起爆粘土に己の求めていた芸術を見出した後、抜け忍となり今に至る。

活躍

岩隠れ時代

この当時は爆破部隊の所属であり、爆遁使いのガリなどと共に任務に励んでいた。
黒ツチ達にとっては兄貴分的な存在だったらしいが、この頃の詳細は不明。

暁入り

抜け忍となった後はとある仏堂を根城に、依頼を受けて爆破テロを実行しながら生計を立てていたが、その中で噂を聞きつけたペインの命令により、イタチ・鬼鮫・サソリが勧誘に現れる。
この時イタチと交戦するも、幻術に引っ掛けられて危うく自爆しかける形で敗北。

思わず振り仰いだそこでデイダラが見たものは、破壊された仏堂の壁から差し込む夕日を背負い、左右に仁王像を従えるかのごとく、赤く輝く写輪眼を煌めかせるイタチの姿だった。
偶然が生んだ、あまりにも見事すぎるその光景に、デイダラは本心から芸術の極みを見出すも、自身の爆発芸術こそ至高と信じる彼にとって、イタチの姿を芸術と感じた自分自身こそ最も認められないものだった。

そのため、そのトラウマを払拭するために勧誘に乗って暁に入り、イタチの写輪眼を超える芸術と、いずれイタチを殺すための訓練を密かに始める。
左目のスコープはこの時からつけ始めたもので、写輪眼による幻術を解くための訓練である。

風影奪還編

サソリと共に砂隠れを訪れ、C2の鳥に乗って空からC1の蜘蛛をばら撒き爆破テロで攪乱。
そのまま我愛羅を拉致せんと風影の執務塔を目指すが、砂漠にいない巨大な鳥を見て侵入を察知した我愛羅が既に待ち構えており、交戦に入る。

空中のアドバンテージと起爆粘土を駆使して立ち回るが、地の利を生かす我愛羅に徐々に追い詰められ、粘土をほぼ使い切ってしまった上に「砂縛柩」に捕まり左腕を潰されてしまった。
ジリ貧どころか返り討ちの危機に陥ったデイダラは、最大威力のC3を里に投下。
我愛羅の砂がそちらの防御に回った隙をついて、追尾タイプの爆弾最後の一発を射出、我愛羅の砂の防御に紛れ込ませることでようやくノックアウトに成功、身柄を確保して撤収した。

その後、任務を受けて奪還にやって来たナルトを挑発し、捕獲に乗り出すも、ナルトと戦っている間にカカシの奥の手「神威」を食らって右腕も飛ばされ、行動不能に陥る。
しかしただでは起きず、影分身を造り出すと起爆粘土を食わせ、その爆発を囮に「土遁・土竜隠れの術」で地中を通って遁走。

見習い小僧だったトビと合流し、撤退した。

サスケとの対決

その後、サスケが「蛇」を組織してイタチ抹殺に動き出したのを知り、命を狙っていた大蛇丸を横取りした形であるサスケを始末せんと、トビと共に出撃。
この時は両腕は角都によって修復されており(腕については左腕は新造、右腕はトビの「神威」で時空間から密かに回収したと思われる)、起爆粘土を駆使してサスケと交戦する。

しかし、サスケは写輪眼の特性の一つである「チャクラの視認」をフル活用し、さらにデイダラの言動や戦闘の流れ、印の組み方を観察することでペースを奪還。
デイダラからすれば、イタチ戦の印象が強すぎて写輪眼を「幻術をかける瞳術」としか認識していなかったのが失敗であった。

結果、サスケのメイン攻撃である雷遁で起爆粘土を無力化され、おまけにイタチの情報にこだわり、自分の芸術を無視するサスケについにブチキレる。

「そーゆートコがムカつくんだよ! てめーら兄弟のそーゆートコがァァ!!」

追い詰められ溜まりかねたデイダラは最後の切り札としてCOを発動、自らを「最期の作品」として盛大な自爆と共に人生の幕を引いた。


第四次忍界大戦

カブトによって穢土転生され、サソリたちと共に奇襲部隊として先陣を切る。
穢土転生されたサイの義兄・シンに起爆粘土を仕込んで自爆させるなどの戦法でカンクロウら連合の奇襲部隊を翻弄したが、シンを愚弄したのが仇となり、キレたサイの「超神偽画」で吹っ飛ばされたところをカンクロウの「黒秘技・機々三発」でサソリ共々捕まり、オモイの雷遁刀で自爆も封じられて敗北した。

アニメではこの後白ゼツの手引きで逃走しているが、穢土転生ゆえに何度自爆しても再生してしまい、「儚く散りゆく一瞬の美」が体現できないことを嘆いている間にまた捕まってしまった。
最終的にはイタチによってカブトが操られ、穢土転生から解放されたことで昇天した。

死してなお己が美学を信じた芸術家は、最後の最後までその生き様を貫いたのだった。

「不発じゃねェ! 芸術は、不滅だァァァーッ!!」


関連イラストだ!うん!

なつい
Dダラ先輩


一瞬、芸術
穢土転生デイダラ



関連タグだ!うん!

芸術コンビ 暁(NARUTO) サソリ 岩隠れ

岡本太郎
デイダラさんこっちです
プラスチック爆弾

関連キャラだ!うん!

ブラストマン:『芸術は爆発』繋がり、但し、こちらは拉致者によって、洗脳・改造されていた。
魘夢:手に口が付いている悪役繋がり。

他の記事言語だ!うん!

Deidara

関連記事

親記事

芸術コンビ げいじゅつこんび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイダラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20397208

コメント