ピクシブ百科事典

太陽の塔

たいようのとう

岡本太郎の代表作。大阪万博のシンボルにしてパブリックアート。
目次[非表示]

概要

1970年に開催された大阪万博のシンボルおよびパビリオンとして、芸術家の岡本太郎がデザインして建てられたパブリックアート。
全長65メートル。基底部の直径20メートル。

両目はサーチライトになっており、万博当時には照射していた。
万博当時はこの像の建つ場所には大屋根が設置されており、大屋根をぶち抜く巨大な像になったことから岡本太郎と万博に参加した建築家の間で激しい議論になったという。
この大屋根は万博終了後も1976年頃までは残されていた。
エキスポタワーと対になるように配置されていた。
また、万博当時には政治的意図で頂部に登って居座った男がいた。

当初は必ずしも万博終了後も保存するという方向であったわけではなく、一部で撤去、解体の動きもあったが、市民の反対の声や、自身の作品を残すことに拘りのない作者の岡本太郎が珍しく残すことを主張したこともあり、保存されることになった。

両目のサーチライトは万博終了後に電気室が浸水したために2000年代まで使用不能になっていた。
愛知万博を前にした2004年にプレイベントとして自動車用ライトと電源を仮設して仮復旧されて久々に照射された(この時の写真を見ると、元のライトは撤去されていなかったので、往時よりやや内側で発光しているのがわかる)。
現在は本格的に修復され、LEDで点灯するようになっている(航空機の眼を眩ませる危険があるので当時より光量は落とされている)。

塔の先端と中央部、そして裏側に顔が付いているのが特徴。それぞれの顔は未来、現在、そして過去を意味する。万博を護る守護神的な意味もあったという。また、万博当時は地下に第4の顔 「地底の太陽」が設置されていたが地下の閉鎖に伴い撤去された後行方が分からなくなってしまった。

党の内部にある高さ45メートルの「生命の樹」には生命の進化を示した模型が展示されている。万博終了後は非公開となり展示模型の多くが散逸してしまったが模型を復元し、内部を補修。
幾度かの限定公開を経て2018年3月19日より再び公開された。(要予約)
また、内部の修復や耐震工事に伴い前述の「地底の太陽」も復元された。

2018年、2025年に大阪で万博で開催が決定し、それを受けて大阪府松井知事(現:大阪市長)が太陽の塔の世界遺産登録を目指すことを表明している。

太陽の塔オフィシャルサイト


太陽の塔ロボ

太陽の塔はフィギュアなどいくつか商品化されているが、超合金となりロボへ変形することになろうとは誰が想像しただろうか。


関連イラスト

対抗できるのは奴しかいない
エントリープラグ挿入
復活祭
太陽の、もうひとつの顔



関連タグ

岡本太郎 大阪万博 万博 大阪府

超合金

20世紀少年 ゴモラちゃん

関連記事

親記事

岡本太郎 おかもとたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「太陽の塔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 479493

コメント