ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

正式名は『本格科学冒険漫画 20世紀少年』で、ビッグコミックスピリッツ1999年から2007年まで連載され、単行本は全22巻。完結編の上下2巻は『21世紀少年』と題名が少し異なっている。

概要

 複雑で重層的、レトロな郷愁感とかつて夢見た未来現実、意表を突いた展開、様々な登場人物を織り交ぜた壮大な長編物語

 数々の各分野賞を受賞し、海外でも高い評価を得た。

映画化の際に一般的によくある内容展開の原作との相違は今作でもあるが、第3部のラストが原作と違っており、多くの出演者の登場とともに話題を呼んだ。

 Pixivでは漫画と映画のラストを明かしたネタバレ作品が多数投稿されているので閲覧の際には注意が必要。


ストーリー

 主人公・ケンヂは高度経済成長期の昭和40年代、仲間達とともに未来に夢を馳せ、空想を膨らませた少年時代を過ごす。

 ・・・時は流れ1997年、大人となったケンヂは、失踪した姉の娘・カンナを育てながら、しがないコンビニの店長をしていた。

 ところが身の回りで不可解な事件が多発し、次第に古い記憶を思い出していく中でかつて自分が書いた“よげんの書”と同じ内容が現実に起きていることに気付く。そしてそれらの背後には“ともだち”と呼ばれる謎の存在がいた。

 ケンヂは幼なじみ達と共に“ともだち”の野望を止めるために戦いに身を投じていく。


登場人物


【主人公】

ケンヂ

演:唐沢寿明/田辺修斗/西山潤

本名・遠藤健児

遠藤健児


カンナ

演:平愛梨/畠山彩奈

本名・遠藤カンナ

「20世紀少年」より遠藤カンナの模写


【仲間達】

⇒秘密基地のメンバー

オッチョ

演:豊川悦司/澤畠流星

本名・落合 長治(おちあい ちょうじ)


ユキジ

演:常盤貴子/松元環季

本名・瀬戸口 雪路(せとぐち ゆきじ)


マルオ

演:石塚英彦/安岡壱哉

本名・丸尾 道浩(まるお みちひろ)


ヨシツネ

演:香川照之/小倉史也

本名・皆本 剛(みなもと つよし)


ケロヨン

演:宮迫博之/森山拓哉

本名・福田 啓太郎(ふくだ けいたろう)


モンちゃん

演:宇梶剛士/矢野太一

本名・子門 真明(しもん まさあき)


コンチ

演:山寺宏一/清水イブキ

本名・今野 裕一(こんの ゆういち)


ドンキー

演:生瀬勝久/吉井克斗

本名・木戸 三郎(きど さぶろう)


⇒その他仲間達

キリコ

演:黒木瞳

本名・遠藤 貴理子(えんどう きりこ)


小泉 響子(こいずみ きょうこ)

演:木南晴夏


神様

演:中村嘉葎雄

本名・神永 球太郎(かみなが きゅうたろう)


蝶野 将平(ちょうの しょうへい)

演:藤木直人


角田(かくた)

演:森山未來


春 波夫(はる なみお)

演:古田新太


仁谷(にたに)

演:六平直政


ヤン坊・マー坊

演:佐野史郎/山田清貴


ウジコウジオ

演:手塚とおる(金子)/田鍋謙一郎(氏木)


敷島教授(しきしまきょうじゅ)

演:北村総一朗


【かつての同級生】

フクベエ

演:上原陸

本名・服部 哲也(はっとり てつや)


サダキヨ

演:ユースケ・サンタマリア/藤原薫

本名・佐田 清志(さだ きよし)


ヤマネ

演:小日向文世/安彦統賀

本名・山根 昭夫(やまね あきお)


カツマタ

演:???/神木隆之介/黒羽洸成

本名・勝俣 忠信(かつまた ただのぶ)


【ともだち組織】

ともだち

演:???

ともだち


万丈目 胤舟

演:石橋蓮司

本名・万丈目 淳一郎


高須 光代(たかす みつよ)

演:小池栄子


殺し屋

実写版未登場


敷島ミカ

演:片瀬那奈


13番

演:ARATA

本名・田村 マサオ


山崎

演:光石研


ホクロの巡査

演:佐藤二朗


実写映画

第1章『終わりの始まり』が2008年8月30日、第2章『最後の希望』が2009年1月31日、最終章『ぼくらの旗』が2009年8月29日に公開された。

製作は日本テレビを中心に行われ、監督には堤幸彦、脚本には原作者の浦沢自身も参加した。

原作と異なる展開となる映画について、脚本を手がけた作者の浦沢は「もうひとつの『20世紀少年』として観ていただければと。ただ、映画を見終わったときの“風合い”が原作と同じであれば、観た人は納得してくれると思うんですよ」と語っている。

ちなみに、企画・脚本を担当した長崎尚志は、自身と浦沢の原作チームと映画サイドでは意見がバラバラで毎回激論となり大変だったと証言しており、脚本に関しては、第1章と第2章は脚本段階で約3時間あったものを2時間ほどに収めたものの、最終章は脚本段階で約4時間半あったため、「4部作にして『21世紀少年』やるか」という話も出たという。しかし、結局2時間半に圧縮する羽目になった。(ただ、最終章に関しては「もうひとつのエンディングバージョン」があり、そちらは2時間40分ほどに伸びている。)



関連イラスト

20th century boys原っぱメンバー+3


余談

  • ともだち暦

作中にともだち暦という架空の暦が登場し、ともだち暦3年を2017年と勘違いしている者が多いが、正しくは2018年である(2017年なのは実写版のみ)。


  • ダブルミーニング

作品タイトル『20世紀少年』はT.Rexの楽曲『20th_Century_BOY』が由来だが、同時にとある登場人物の事を指している。

関連タグ

原作者…浦沢直樹


用語…友民党よげんの書しんよげんの書血の大晦日宇宙特捜隊バッヂともだちランドヴァーチャルアトラクションともだち暦ひみつ集会1970年の嘘ボブレノン巨大ロボット(20世紀少年)


モチーフ、オマージュ…鉄人28号ナショナルキッド忍者ハットリくん太陽の塔ウルトラマン万博


ジャンル…レトロレトロフューチャーノスタルジック昭和未来近未来友達SFカルト教団


宗教団体…創価学会幸福実現党オウム真理教


その他…時代が追いついた

関連記事

親記事

浦沢直樹 うらさわなおき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1810237

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました