ピクシブ百科事典

遠藤カンナ

えんどうかんな

遠藤カンナとは、漫画及び映画『20世紀少年』のもうひとりの主人公である。

演:平愛梨畠山彩奈(幼少)

概要

遠藤ケンヂの姉であるキリコの娘。登場した頃は赤ん坊だった。
生まれてすぐキリコによってなかば強引に実家に預けられ、ケンヂと祖母のチヨによって育てられた。そのため、ケンヂを実の父親のように慕っている。実は父親がともだち、敵方からもいろいろと特別視される存在。
20世紀末の頃はケンヂたちに庇護される子どもに過ぎなかったが、時系列が2010年代になる高校生に成長して本格的に物語で活躍するようになる。ユキジに育てられて強気で負けん気が強く優しさの持ち主に成長したが、世間でケンヂが極悪非道のテロリスト扱いであり、ともだちが世界を救った英雄として認識されているためか、若干他人に対して冷ややかなところが見受けられ、学校内ではやや孤立している。
一方でスプーン曲げやカード当てなどの超能力を有し、長年敵対していた中国マフィアとタイマフィアを停戦させ、双方のボスから気に入られるなど、生みの父親譲りの人を惹きつけるカリスマ性の持ち主であり、おおくの不法者が彼女の力になってあげようとする。
ともだち暦の時代ではヨシツネ率いるゲンジ一派に属して抵抗活動をしていたが、反対勢力を容赦なく粛清していくともだち府のやり方で多くの仲間が斃れいくのが我慢できずに袂を分かち、氷の女王を名乗って民衆を巻き込んでのともだちの排除を計画するまでに過激化してしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「遠藤カンナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204

コメント