ピクシブ百科事典

血の大晦日

ちのおおみそか

血の大晦日とは20世紀最後の日に起きた世界的バイオテロ。

概要

20世紀最後の日である2000年12月31日、巨大ロボットによる破壊行為と世界中で未知のウイルスによる、大量殺戮がなされ、大量の死者を出す。

この事件から世界を救ったとされるともだちは救世主後にとして世界中に名を馳せ、首謀者であると言われるケンヂ一行は世界的に歴史的罪人として指名手配される









以下ネタバレ注意





実は世界を救ったとされるともだちによる自作自演であり、ケンヂ一行はよげんの書の予言を差し止めるべくともだちに立ち向かったのであって、本来の立場は逆なのである。



関連項目

コメント