ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

俺を呼ぶ時は………ショーグンと呼べ


概要

本名は落合 長治(おちあい ちょうじ)

バンコクに住んでいる者や角田からはショーグンと呼ばれている。


ケンヂの幼馴染の1人で、ひみつ基地で“よげんの書”を作った時のメンバー。

また、“ともだち”のシンボルマークの考案者でもある。


人物

長髪に無精髭が特徴的な男性。

暑い日であっても常にロングコートを羽織り、その身体には無数の傷が隠れている。

2014年以降は髪は真っ白になり、少し禿げて額が広くなっているほか、立派な口髭とアゴ髭を蓄え、まるで仙人のような容姿となっている。


少年時代から常に冷静で、ひみつ基地ではケンヂに次ぐリーダー格であった(サダキヨからは「小器用でかっこつけしい」と思われていた)。


作中でもトップクラスの戦闘能力の持ち主で、中でも棒術を得意とするほか、“血のおおみそか”の際には武器のチャーターや戦闘訓練を主に担当した。


来歴

過去

小学校時代から優秀で一流大学卒業後一流企業に就職し結婚するも家庭を顧みない働きぶりから家庭環境は冷え切り、息子を交通事故で亡くしたのを期に離婚する。


その後、ジャングルの奥地でとある僧に出会い、修行の道に入る。


ユキジの調べによると9年前にタイで事故を起こし1週間行方不明になったのちに会社を辞め(この時期に修行をしたと思われる)、8年前にインドで競争相手であった商社マンに目撃される。


2000年〜

2000年頃にはバンコク暗黒街マフィアなどの裏社会を相手にするボディーガードをしていた。

マフィアに囚われていたホステスのメイを救出し、逃走するさなかで万丈目と出会う。

その後、日本にいるケンヂから「お前の力が必要なんだ」と協力を求められ、麻薬工場を破壊したのちに日本に帰国しケンヂ達に合流する。


新宿で購入したトカレフコルト・トルーパーベレッタなどの拳銃を秘密基地に持ち込み、モンちゃんヨシツネマルオに万丈目を拉致するための戦闘訓練を施す。


“血のおおみそか”ではユキジ・モンちゃんと共に友民党本部に乗り込み、モニター室からケンヂ“ともだち”らしき人物の元へと誘導する。

その後ケンヂ・マルオと共にトラックで巨大ロボットの下に潜り込むが、1人乗り込んだケンヂから後を託される。


2014年〜

2014には海ほたる刑務所に収監されていたが、最後の希望であるカンナを守るために漫画家の角田と共に脱獄し、新宿の教会でホクロの巡査から命を狙われていたカンナを身を挺して庇う。


その後、細菌兵器の開発を止めるためにヤマネの所在を探り、元部下であった戸倉を襲撃しヤマネの住所を聞き出す。

戸倉から手に入れた住所の元に向かうも空き家となっており、隣人の女性から手に入れたヤマネの実家の住所から、大福堂製薬のDr.ヤマネが、かつての同級生の山根君という事実に気づき、同時に“ひみつ集会”の存在を思い出す。


“ひみつ集会”で山根と再開しキリコとの関係を問いただすが、後からやってきた“ともだち”を山根が暗殺したことでその素顔を確認する。

しかし暗殺されたはずの“ともだち”をユキジと共に中華街で目撃し、ローマ法王の暗殺計画が継続している事実と万博会場で“ともだち”の遺体と法王を対面させる、という情報から最悪の事態を想定する


ともだち暦(2016)〜

ともだち暦以降は2年以上にわたって本州一帯を歩き回り、ワクチンをめぐって殺し合う人々や“ともだち”の息の掛かった者が支配する小さなコミュニティなどの“多くのゼツボウ”を見る。

壁を自力で登り東京に入るが、組織からの襲撃を受けサナエとカツオ姉弟の元で身を潜める。


氷の女王と呼ばれていたカンナと再開し武装蜂起を取りやめるよう説得するが、親友隊に捕まり万丈目のもとへと連行される。

万丈目から“ともだち”の暗殺を持ちかけられ、カンナ・ユキジと共にともだち府へ向かうが、高須が万丈目を暗殺した事で失敗する。


“ともだち”が全てを告白し攻撃を仕掛けた際には、二足歩行型ロボットに乗り込み円盤を2機撃墜することに成功する。


“ともだち”が倒れた後はケンヂと再開しかつての幼馴染達と乾杯し束の間の平穏を過ごす。

その後、入院しているサダキヨのお見舞いに向かうも彼を捕らえにきた国連軍と対峙し、突如動きだしたロボットを止めようと奔走するカンナ達の元へと駆けつける。


全ては終わったあとはバンコクに戻り、再びショーグンとして裏社会での戦いに身を投じた。


実写版

演:豊川悦司/澤畠流星(幼少)


1章の冒頭には、海ほたる刑務所で角田に語りかけるシーンが描かれた。


2章では、倒れたホクロの警官の持っていたショットガンを拾いあげ、パレードを行なっていた“ともだち”に銃口を向けてその正体を探るも、「翔太君はお父さんと遊びたかった!!」と、息子を死なせてしまった過去を引き出され、深く動揺する。


最終章ではケンヂと連携して巨大ロボットを止めることに成功し、ヨシツネ・ケンヂと共に原っぱで“ともだち”と対峙しその素顔を見る。


その他

ともだちマークの考案者であり、唯一消息を掴めない事から、当初はオッチョが“ともだち”の正体だと思われていた。

その他にも

  • チョーさんが卒業アルバムと名簿を照らし合わせるシーンにて「落合長治………………!!」と、オッチョを見て“ともだち”の正体に辿り着いた、かのように見える
  • インドで目撃された姿がかつて“ともだち”が所属していた宗教団体の装束と酷似している

等々、オッチョが“ともだち”の正体だとするミスリードがあった。


関連イラスト

オッチョ読み始めたばっかだけども

(少年時代:左)


関連タグ

20世紀少年 ケンヂ 角田(20世紀少年)

関連記事

親記事

20世紀少年 にじゅうせいきしょうねん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13517

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました