ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして
ブルース・ウィリス
狂竜ウイルス
VIRUS(ハドソンセガサターンのゲーム)

そうじゃないなら……

ウイルスとは――


概要

スペルは"Virus"
日本ではラテン語であるvirusをそのままラテン語で発音した(うえで長母音を省略した)「ウイルス」表記が正式。ウイルスが正式表記になった際はウ"ィ"ルスと表記されることもあったが現在はウイルスに統一されている。
かつて日本では70年代まではドイツ語読みした「ビールス」と呼ばれていた。「ヴィールス」や英語読みした「ヴァイラス」の表記が使われることもある。
なお、日本のラテン語学者たちは現代西洋諸語に「訛った」読みでなく「ウイルス」表記を採用したことを称えていたりもする。

ウイルスには細胞が無く、自己複製ができない。その代わりDNAなどに遺伝子を持ち、生物細胞を利用して増殖する。
そのため、生物であるとも、非生物であるとも言われる。

非常に小さいため、顕微鏡ではその姿を見ることができず、細菌濾過器やマスクなどのフィルターも通過してしまう。
マスクはむしろ「喉の粘膜を乾かさないようにすることで免疫機能を保つ」道具である。また、「飛沫を防ぐ」事に意味がある。

形状はいろいろあり、
インフルエンザウイルスなどは形、タバコモザイクウイルスなどは状、
バクテリアを狙うバクテリオファージ月面着陸船のような形をしている。

病原体としてのウイルス

病原体として認知されており、特にインフルエンザHIVなど、他者から他者へと拡大感染していくものを指す場合が多い。
特に空気感染などで広範囲に繁殖できる病原体が世界規模レベルで爆発的に広がることをパンデミックと呼ぶ。

人類が利用できるウイルス

ではウイルスはすべて人類の敵であるかというとそうでもない。非病原性のウイルスも多く、なかにはヒトの役に立つウイルスも存在する。

  • 細菌に感染するウイルスの総称「バクテリオファージ」の中には食中毒の原因となる細菌だけを殺してくれるものがあるため、食品を加熱せずに殺菌できる。
  • 細菌感染症に対して病原菌に感染するファージを投与する治療法をファージセラピーという。1930年代に抗生物質が発見されるとファージセラピーは廃れてしまったが、近年は抗生物質が効きづらい「薬剤耐性菌」が現れており、ファージセラピーが再び治療法として注目されている。
  • 害虫だけを殺す遺伝子を持ったウイルスを使うことで、農薬などを使わずに植物を健康に育てたり、作物に干ばつ耐性や耐熱性を与えてくれるウイルスも実用化されている。
  • 海底のプランクトンを殺すウイルスを利用し赤潮を解消する研究が進められている。
  • 医療の分野では、非病原性のトルクテノウイルスの特性を活用してより安全な臓器移植を実現したり、がん細胞だけを攻撃するウイルスの研究も進められている。
  • タバコモザイクウイルスはチューブのような形をしており、この形を利用しナノワイヤと呼ばれる超極細のワイヤーを作る方法が研究されている。実用化されればより小型の電子部品半導体が作れると期待されている。

「やっつける」だけでなく「利用する」。人類のウイルス研究はまだ始まったばかりである。
人間にとってウイルスは、長い間病気の原因とだけ考えられてきたが、近年はウイルスが生物進化を進めたり、地球環境に働きかけている事も分かってきている。

創作での扱い

昨今ではSFホラーにとって欠かせない存在である。

代表格としては『バイオハザードシリーズ』に登場するT-ウイルス。人をゾンビのように変貌させ、ゾンビ化した感染者が健全な人間を襲い、さらに襲われたがものがゾンビ化するという、ウイルスの感染と吸血鬼の特性を合わせた独特の特性を持つ。
また、日本テレビドラマ作品では君と世界が終わる日ににも似た性質のウイルスが登場する。

以降、SF世界はもちろん、ギャグ漫画でのパロディのみならず、剣と魔法のファンタジーですらウイルスでゾンビ化という怪現象が一般化している。

ただ、ややご都合主義が目立つのも実情(良いか悪いかは別として)。
例えば、『ようこそ!恋ヶ崎女学園へ』というエロゲに登場する「絶滅ウイルス」は、男性病死させるだけでなく、極めて生まれにくくさせる。そんなウイルスが世界中に蔓延しているという、あからさまにエロゲのための設定となっている。

主なウイルス



根絶済
  • 天然痘ウイルス : 歴史上、人類が制圧に成功した唯一のウイルス。

ヒト以外に感染するウイルス

関連タグ

生物 生化学 病気 感染症
……「風邪の菌」「インフルエンザ菌」等と慣用的に言われるが、厳密にはウイルスは菌ではない。

ファージ バクテリオファージ T2ファージ
インフルエンザウイルス HIV

バイラス・ドーパント…ウイルスモチーフの怪人(もとい車)
流行性ネコシャクシビールスドラえもんひみつ道具。2014年にアニメ化された際は時代の流れを受けて「流行性ネコシャクシウイルス」に名称が変更された。
パープル・ヘイズ…殺人ウイルスを撒き散らすスタンド。
バイオハザード…作中で登場する敵キャラ動植物がウイルスで変化してできたクリーチャーという物が大半である。

ウィルス(表記ゆれ)

MtUウィルス……パンチラに関する構図系のタグ

関連記事

親記事

非細胞性生物 ひさいぼうせいせいぶつ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウイルス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウイルス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2183442

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました