ピクシブ百科事典

天然痘

てんねんとう

かつて存在した、非常に危険な感染症。現在は根絶されている。
目次[非表示]

天然痘(てんねんとう)は、非常に危険なウイルス感染症の一つ。医学界では痘瘡(とうそう)とも言う。

概要

天然痘患者と接触することで感染する。感染力は非常に強い。
高熱頭痛筋肉痛嘔吐下痢などの初期症状の後、全身に特徴的な発疹ができる。ひどい場合は全身の臓器が侵され、呼吸不全により死亡する。致死率は30%と非常に高い。
この病の恐ろしさは高い死亡率もそうだが、何より体中に大きな発疹が大量にできることだろう。大量のボツボツに埋め尽くされた身体の見た目は鳥肌が立つ程非常におぞましく、例え病が治っても発疹痕は残りあばた顔になってしまう。女性にとってこれほど恐ろしい事はないだろう。
ワクチン種痘)で予防できるが、現在は発生していないため、一般の人に接種されることはない(軍人など一部の人のみが接種できる)。

昔は天然痘にかかった名残の「あばた顔」の人がしばしば見受けられ、夏目漱石も幼少時に天然痘に感染したとされている(しかし、昔は肖像写真が修正されることがよく行われていたため、現在残っている写真には漱石が気にしていたという「あばた」の跡が見受けられない)。

根絶

1796年、イギリスの医学者エドワード・ジェンナーの手で、種痘による予防が確立された。
古くから「牛痘に感染したことがあれば天然痘にはかからない」ということが経験則から広く知られており、これに目を付けたジェンナーは、自分の息子を実験台にして、牛痘の膿を皮膚下に注射することで人為的に牛痘に感染させ、もって天然痘への免疫をつけさせることに成功。これが世界初のワクチンであった(なお、中国や西アジアではさらに昔から天然痘患者の膿を用いた方法が行われていたが、ジェンナーのそれは安全性を飛躍的に高めたという点で画期的であった)。

医学の発展でワクチンはさらに安全になり、その特徴的すぎる症状もあって、予防はさらに容易になり、1976年に根絶宣言が出された。現時点において、天然痘は人類が根絶に成功した唯一の感染症である(ただし、アメリカロシアの一部の研究所にはウイルスが厳重に保管されている。また北朝鮮が天然痘ウィルスを保有していると一部で囁かれている。)

1類感染症

天然痘は感染力・致死率ともに高い非常に危険な感染症であるため、感染症法では1類感染症に指定されている。1類感染症では患者は疑いのある者を含め強制的に入院検疫交通規制病原体の所持の禁止といった措置をとることができる。
1類感染症には天然痘のほか、エボラ出血熱マールブルグ病クリミア・コンゴ出血熱ラッサ熱南米出血熱ペストがある。なお、ペスト以外はすべてウイルス感染症である(ペストは細菌感染症)。

創作における天然痘

感染力の強さ、致死率の高さ、感染した後も痘痕が残る事等から古代から恐れられ様々な題材に取り上げられてきた。
黒死病と並び死のメタファーに使われ、医学の発展後もワクチン接種のポスターに何度となく取り上げられており、日本では牛痘によるワクチン接種が伝わるも、接種すると牛になるという迷信が信じられ、神獣の牛が天然痘の妖怪を討伐するチラシが作られ配布されていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「天然痘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2895

コメント