ピクシブ百科事典

クリミア・コンゴ出血熱

くりみあこんごしゅっけつねつ

非常に危険なウイルス感染症の一種。ダニが媒介する。
目次[非表示]

概要、流行地域

クリミア・コンゴ出血熱(クリミアコンゴしゅっけつねつ)は、非常に危険ウイルス感染症であり、出血熱の一種。
アフリカ東欧ロシア中東で流行している。
日本での発生は報告されていない。

感染経路

ウイルスを持ったダニに刺されることで感染する。また、患者の血液体液に直接触れることでも感染する。

症状

高熱頭痛筋肉痛といった初期症状の後、やがて全身の出血症状鼻血全身のあざ吐血血便)がみられる。
エボラ出血熱などの他の出血熱に比べても、特に出血症状が顕著である。
患者の約30%が死亡する、非常に危険な病気である。

治療方法

有効な治療法はなく点滴などの対症療法となる。感染症法ではエボラ出血熱天然痘ペストなどと同等の1類感染症に指定されており、患者は強制入院の対象となる。

予防方法

流行地域では長袖長ズボンを着用し、虫よけスプレーを使うなど、ダニに刺されないように心がけること。また、などの野生動物に近づかないようにすること。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「クリミア・コンゴ出血熱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240

コメント