ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ペスト菌(細菌学者の北里柴三郎が発見)が人体に入ることによって引き起こされる病気。別名「黒死病」。元々はネズミが罹る病気で、ペストに罹ったネズミの血を吸ったノミが人間を刺すことによって発症する。
ペストは古くから発生しており、記録が残っている世界最古のペストは西暦543年にエジプトで発生したもので、この時、北アフリカヨーロッパ南アジア中央アジアで人口の50%〜60%が死亡したとされる。また1346年に発生したペストでは、当時のヨーロッパの人口の3分の1が死亡し、人々を恐怖に陥れた。日本では、感染症法により一類感染症に指定されていて、1930年以降発生していない。しかし日本人がペスト発生国に出かけ、感染する例は報告されている。また、近年はバイオテロの手段の一つとして使われている。

主な症状

感染の仕方によって異なる

腺ペスト

ペストの中で最も多く見られる症状。リンパ腺が冒されることから呼ばれる。ペスト菌を持ったノミに人間が刺されると、高熱とともに刺された付近のリンパ節が腫れ上がり後に腋の下や腿の付け根のリンパ節も腫れる。ペスト菌が肝臓脾臓に達し毒素を生成し、毒素によって意識が混濁し、心臓衰弱し多くは一週間くらいで死に至る。

ペスト敗血症

ペスト菌が血液で全身に回り敗血症を起こすと、体中に出血班が現れ、全身黒いだらけになって死に至る。
※ペストを「黒死病」と呼ぶ所以である。

肺ペスト

ペストの中では稀な症状。腺ペストの患者が二次的に菌がに回って発病するか、患者から飛沫した菌を吸って感染する。肺炎気管支炎を起こした後喀血し、呼吸困難で2〜3日で死に至る。

余談

太平洋戦争中、キスカ島にて日本軍が撤退した際に軍医がいたずらで「こちらペスト患者収容所」との立札を残していったが、これを見た米兵がパニックを起こして本国にペスト用のワクチンを大量発注する羽目になった。
なおこの立札を訳した通訳官は後年に日本に帰化している。

関連タグ

病気 感染症 
ネズミ ハーメルンの笛吹き男
北里柴三郎

外部リンク

ペスト(Wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「ペスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138054

コメント