ピクシブ百科事典

目次[非表示]

発疹チフス(ほっしんチフス)はリケッチア感染症の一種。

人口密集地域、不衛生な地域に見られ、衣服に付くシラミダニが媒介することから、、または寒い地域で流行する。特に戦争飢饉牢屋などで多発するため、戦争熱飢饉熱などの別称がある。ユダヤ人アンネ・フランク第二次世界大戦中にこの病気で亡くなったといわれている。
日本でもかつて第二次世界大戦中から戦後にかけて流行していたが、衛生状態の改善によって高度経済成長期以降は発生していない。現在はアフリカ南米高地を中心に発生している。

症状

高熱頭痛筋肉痛、全身の発疹がみられる。発疹は出血を伴うことが多いのが特徴である。
治療が遅れると死亡することもある。特に高齢者は注意。

治療

入院してリケッチアを殺すを服用する。

予防方法

衣服や寝具なども含め体を清潔にし、シラミやダニなどに刺されないようにする。

コメント