ピクシブ百科事典

千翼

ちひろ

「千翼」とは日本における一般的な男の子に付けられる名前だが、ここでは『仮面ライダーアマゾンズ』season2主人公について解説する。
目次[非表示]

演:前嶋曜
※少年期:田口翔大
※赤ん坊&幼少期:高橋琉晟

概要

仮面ライダーアマゾンズ』season2の主人公

幼少期にアマゾンに育てられたこと以外の素性が不明の18歳(後述する点から、あくまで外見年齢と思われる)の少年。
自身もまた、保護されてから異常な成長速度を見せており、食人衝動も持っていて、更にはネオアマゾンズドライバーを使用することで仮面ライダーアマゾンネオに変身できるが、アマゾンかどうかは頑なに否定している。

ネオアマゾンズレジスターを装着しているのに抑えられない強すぎる食人衝動に悩まされており、人と深く交流できないというジレンマを抱えている為、アマゾンを深く憎んでいる。
そのため普段は寡黙で大人しいが、自身をアマゾンと言われるとその場で暴れだすほどに激怒する。また戦闘中は闘争本能と憎悪が合わさり、敵アマゾンに対して苛烈すぎる暴力を振るう。
暴走を抑えるためにまともな食事も摂らず、全て高タンパク質を含むゼリー飲料で済ませている。
自らがアマゾンだということを頑なすぎるほどに否定するのは、愛する母親を食欲に駆られて食べてしまったのかもしれないという恐怖と後悔と自己嫌悪に苛まれており、それを否定したいためという面もある。
アマゾンを狩るのは上記のように八つ当たりという理由が強いが、一応アマゾンに襲われている人を放っておけずに介入する程度の情は持っている。

かつて日本政府系列の秘密機関「4C」に保護され戦士として育成されたが脱走。
行くところが無かった自分を受け入れてくれた不良集団“TEAM X”へと所属し、彼らのアマゾン狩りというゲームに戦力として身を投じている。
体よく利用されており、チームメンバーの長瀬裕樹とは喧嘩することもあるが、千翼も一応拾ってくれて居場所を与えてくれたことに感謝はしているようである。

アマゾン狩りに興じていた時に偶然出会ったイユに対してだけは食人行動に駆られる事が無く、自らがアマゾンではなく人間と思いたいという気持ちの拠り所にしようとする。
そのため橘に「イユを人間扱いすること」という条件を出し、自ら4Cに戻ってアマゾン駆除に参加するようになった。
最初は利己的な理由による一方的な思い入れであったが、イユの境遇を知っていくうちに、"護りたい"と思う感情を抱き始め、更にイユに生前の感情を取り戻させてやりたいと思うようになっていく。

関連項目

仮面ライダーアマゾンズ 仮面ライダーアマゾンネオ

主人公 少年

マーティン・ブランドルディズィーシン=キスク…色々と共通点がある人外。

以下、ネタバレ注意‼
































その正体はトラロック作戦の後遺症で一時的に理性を失っていた鷹山仁泉七羽の間に生まれた仁の実子。
トラロック後に生まれたことから、実年齢は5歳以下である。

生まれながらに人間とアマゾンの遺伝子を受け継いだハイブリッド(小説『仮面ライダーEVE』に登場する蜻蛉の少年や『真・仮面ライダー序章』に登場するライダーベビーに近い存在)で、仁と七羽から認知はされているが、あくまでも全てのアマゾンを狩り尽す事に執着する仁からは命を狙われている。

また、から4Cに提供された溶原性細胞を持つアマゾンの腕に遺伝子が残っていたことが判明、溶原性細胞のオリジナルかもしれないという疑惑が持ち上がっている。

その為、橘雄悟から危険かつ重要な存在と判断された事で凍結処分が下され、千翼もイユの身を案じた事からそれに従う事になる。

凍結処置が施される中、イユの姿を見た千翼は…。



「イユ…俺、今初めて…お前が、欲しいと!」



Episode9ネタバレ注意!!















































直後、イユへの感情が暴走した千翼は肉体に異変が生じ、凍結処分用のケージを破壊。突如無数の触手が出現し、4Cの隊員や研究員達に襲い掛かる。
破壊されたケージの中から現れたのは…

CHIHIRO


無数の触手を操る、アマゾンネオがより異形となった容姿を持つ6本腕のアマゾンだった。

4Cの隊員や研究員、更には加納や橘すらも殺傷し、黒崎の投げつけた手榴弾による爆発でも止まらない千翼の暴走。
そんな彼の暴走を止めたのは、意図せず攻撃したイユの傷から滴り落ちる血の音だった。

正気を取り戻した彼は、自身が引き起こしてしまった事態に狂乱し、4Cから脱走してしまう。
その後は食欲に流されて人を襲いそうになり、イユや父親である仁に命を狙われる中で自分は人食いの怪物だという現実を嫌というほど思い知らされるが、それでも生きたいという生物としての最も根源的な欲求に従うことを決意、抗い続けることを選択する。

なお、"オリジナル"である彼は他の溶原性細胞感染者と同様に、人間の特定のパーツに対して食人衝動を抱いているらしく、彼の場合は"腕"であるとの事(東映公式HPより)。
実際本編ではEpisode3でアマゾンに脳を捕食されていた女性の腕から血が滴り落ちるところを見て強い食人衝動が起き、その後も度々人の腕(特に女性の生の腕)に目を奪われている。










































Episode11~最終回ネタバレ注意

自らを駆除しようとするイユに対し「生きる為にお前と戦う」決意を語り、死闘を繰り広げる。
両者共に深手を負って変身解除という形で戦いは決着するが、その場に仁までもが乱入。
先の戦闘のダメージで動けない千翼は為す術もなくトドメを刺されそうになるが、
その光景を見たイユが感情を取り戻し、千翼の命を救った。

ようやくこれまでの努力が報われたかに見えたが、
イユの離反を知った橘局長は彼女の廃棄プロセスをスタートしてしまう。
心身共に崩壊していくイユを救う手段を求め、千翼は4C本部への突入を敢行する。

ブレードで4C隊員を斬り伏せながら突入を図る千翼だが、悠の乱入により劣勢に立たされ、
イユが倒れて動揺した隙にアマゾンパニッシュを喰らい、変身が解除されてしまう。
トドメとばかりに4C隊員の一斉射撃に晒されるが、イユを庇おうとする千翼の姿と、
長瀬による涙ながらの説得により4C隊員が戦意を喪失、その隙に撤退した。

その後、千翼はかつて七羽と共に暮らしていたふれあい動物パーク跡に辿り着く。
ようやく笑顔を取り戻したイユと共に幸せな時間を過ごすが、程なくしてイユは絶命。
更に溶原性細胞という危険性を抱えた千翼を抹殺すべく、仁と悠が現れる。
千翼は自らの運命を受け入れながらも「最後まで生きる」決意を表明しつつ変身。
アルファとニューオメガに対し、戦いを挑んだ。

戦いの結末は描写されなかったが、悠と仁は共に千翼の死を示唆する発言をしている。
また、戦いの舞台になった空き地には夥しい血痕や黒い液体が残されていたほか、
付近にはかつて七羽が天使の絵を描き遺した廃倉庫があり、
絵の前には七羽のストールと、二人分のネオアマゾンズレジスターが置かれていた。
その様子は、母親に見守られる息子とその恋人のようであった。

Last Episode  [やがて星がふる]

pixivに投稿された作品 pixivで「千翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42920

コメント