ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演/三浦孝太

概要

ノザマペストンサービス駆除班の解散後、アマゾンの駆除を行っていた4C黒崎隊の隊長。

アメリカ特殊部隊所属経験があり、アマゾンとの戦闘も常に冷静にこなす実力者。
戦闘時にはカービン型のアサルトライフルHK416Dを愛用しており、隊員に命令を出しながら援護射撃を行うことが多い。射撃精度は極めて高く、敵の頭部などに命中弾を与え続ける事で相手の動きを封殺。そのまま駆除に至る事もある。

長年、生死の懸かった戦いを続けている影響か、かなりのリアリストかつ毒舌家。
アマゾンに対する容赦は一切なく、かつての駆除班がマモルを仲間として大切に思っていたのとは対照的に、イユを完全に道具扱いして酷使し、「アマゾンを感知する能力が低い」などの理由から罵声を浴びせることがあった。
部下の福田耕太水澤美月に対しても、「水澤悠やマモルと交友を持っていた為、今もアマゾンに同情的な考えを持っている」という理由で不信感を抱いている。
当然ながら強い食人衝動を持つ千翼に対しても険悪な態度を取る事が多く、彼が暴走した際には真っ先に駆除を試みている。隊員が意志を取り戻したイユの駆除を躊躇うような言葉を発した際にも「他にも千翼とイユを人間と同等に見ている奴いるか?」「帰れ!」と恫喝していた。

ただし、アマゾンとの戦闘中であっても民間人の生存者を発見すると救助を優先したり、駆除を邪魔する長瀬裕樹に対しても一発殴るだけで過剰な暴行は加えないなど、人間に対してはそこまで非情というわけではない。先述の言動に関しても過酷な現実に対峙する為、あえて偽悪的な言葉を選んでいる節があり、要所で隠し切れぬ人情を垣間見せる事もあった。

片頭痛に悩まされているのか、大量の頭痛薬を服用しているシーンが多い。

上述の性格からは意外なことに甘党
それも筋金入りで、休日には一人スイーツバイキングを楽しむほど
休日にも関わらず緊急出動の電話が札森一郎からかかってきた際も、散々渋った末に皿に盛ったケーキやチョコレートをあきらめきれなかったのか、店員に持ち帰りができないか相談していた。

なお、休日も普段の戦闘服と殆ど見分けがつかない私服を着ており、女性だらけの店内ではかなり浮いていた。(演者のツイッター発言によると、一応細部のデザインが異なるらしい)

最終話では千翼の壮絶な生き様と、天条隆顕の狂気を目の当たりにして何か思うところがあったのか、札森に対して「お前、死にたくないって思ったことあるだろ?」「生きたいって思ったことあるか?」と尋ねた。札森からの「同じでしょ」という答えを聞いた黒崎は、劇中初めての笑顔を浮かべ、HK416Dをその場に置いたまま立ち去って行った。

しかし、別に戦いを捨てたわけではなかったようで、劇場版でも引き続き黒崎隊の隊長として登場。二年に渡る戦いの末、遂に最後のアマゾンの片割れ・水澤悠を駆除する機会が訪れるが、そこで彼らは想定外の存在と遭遇することになる……

余談

演者の三浦孝太は、『仮面ライダーOOO』で泉信吾を演じた三浦涼介氏の実兄である。

関連項目

仮面ライダーアマゾンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒崎武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9942

コメント