2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

****演:三浦孝太

概要

仮面ライダーアマゾンズ』Season2から登場する人物。
ノザマペストンサービス駆除班の解散後、アマゾンの駆除を行っていた4C黒崎隊の隊長。

アメリカ特殊部隊所属経験があり、アマゾンとの戦闘も常に冷静にこなす実力者。
戦闘時にはカービン型のアサルトライフルHK416Dを愛用しており、隊員に命令を出しながら援護射撃を行うことが多い。射撃精度は極めて高く、敵の頭部などに命中弾を与え続ける事で相手の動きを封殺。そのまま駆除に至る事もある。

長年、生死の懸かった戦いを続けている影響か、かなりのリアリストかつ毒舌家。
アマゾンに対する容赦は一切なく、かつての駆除班がマモルを仲間として大切に思っていたのとは対照的に、イユを完全に道具扱いして酷使し、「アマゾンを感知する能力が低い」などの理由から罵声を浴びせることがあった。
部下の福田耕太水澤美月に対しても、「水澤悠やマモルと交友を持っていた為、今もアマゾンに同情的な考えを持っている」という理由で不信感を抱いている。
当然ながら強い食人衝動を持つ千翼に対しても険悪な態度を取る事が多く、彼が暴走した際には真っ先に駆除を試みている。隊員が意志を取り戻したイユの駆除を躊躇うような言葉を発した際にも「帰れ!」「他にも千翼とイユを人間と同等に見ている奴いるか?」と恫喝していた。

ただし、アマゾンとの戦闘中であっても民間人の生存者を発見すると救助を優先したり、駆除を邪魔する長瀬裕樹に対しても一発殴ってはいるものの過剰な暴行は加えないなど、人間に対してはそこまで非情というわけではない。先述の言動に関しても過酷な現実に対峙する為、あえて偽悪的な言葉を選んでいる節があり、要所で隠し切れぬ人情を垣間見せる事もあった。
使用者が限られている圧裂弾の使用を、混戦の緊急状態でもあくまでその資格を持っている人間に発砲させようとする規則に真面目な面もある。

片頭痛に悩まされているのか、大量の頭痛薬を服用しているシーンが多い。

上述の性格からは意外なことに甘党
それも筋金入りで、休日には一人スイーツバイキングを楽しむほど
休日にもかかわらず緊急出動の電話が札森一郎からかかってきた際も、散々渋った末に皿に盛ったケーキチョコレートをあきらめきれなかったのか、店員に持ち帰りができないか相談していた。

なお、休日も普段の戦闘服と殆ど見分けがつかない私服を着ており、女性だらけの店内ではかなり浮いていた。(演者のツイッター発言によると、一応細部のデザインが異なるらしい)

最終話では千翼の壮絶な生き様と、天条隆顕の狂気を目の当たりにして何か思うところがあったのか、札森に対して「お前、死にたくないって思ったことあるだろ?」「生きたいって思ったことあるか?」と尋ねた。札森からの「同じでしょ」という答えを聞いた黒崎は、劇中初めての笑顔を浮かべ、立て掛けていたHK416Dをその場に置いたまま立ち去って行った。

最後ノ審判における活躍

season2最終話の描写から戦いを捨てたと思われたが、別にそうではなかったようで、劇場版でも引き続き黒崎隊の隊長として登場。
相変わらずアマゾンへの偏見は健在であり、それどころか妨げになる相手が例え人間でも容赦無く撃つという過激な人物と化している。(これに関しては、人間の遺伝子を持つ悠はいつ溶源性細胞のオリジナルになってもおかしくないと言う事情や、シーズン2のバラアマゾンの例のように人間がアマゾンを匿ったことで発見が遅れ、被害が拡大したケースもあったこと。そして悠を庇った人間が『戦闘訓練を積んだ兵士』という場合によってはアマゾンより危険な存在になりうる人物であったことなど、複合的な理由が考えられる)
悠を追う中で想定外の存在、そしてアマゾンの群れやそれを利用した陰謀に遭遇する。

最後のアマゾンである水澤悠鷹山仁を二年に渡り追い続け、夜の森の中で遂に悠を追い詰めたが、美月が前に立ちはだかり説得されるも無視、彼女ごと撃つも両者は湖に転落し見失う。
翌朝、切子聖園付近にてバッファローアマゾン&サメアマゾン交戦するニューオメガ&ネオアルファを目撃、二体のアマゾンを駆除した後に追撃するもネオアルファの手で目眩ましを受け、更に乱入した駆除班のバンに二人のライダーが乗り込み逃げられ、こちらもバンに乗り後を追い銃を乱射するも結局は振りきられ逃げられてしまう。
その後、捜査を続けようやく駆除班を見つけ出し、廃屋を出ようする、福田を除く駆除班と廃屋の子供達を他の隊員と共に取り囲む。
黒崎「お前ら(駆除班)こそ何時からアマゾン親衛隊になった?”お互い”アマゾン狩るのが役目だろうが」
これを聞いた子供達の正体はアマゾンであり、これを受けて「嵌められた」と誤認し、絶望からアマゾン態になって隊員等に襲い掛かり、駆除班と共に交戦状態となる。その最中にウミヘビアマゾンにより拘束され危うく殺され掛けるも、嘗ての部下である福田の狙撃により解放され、最終的にカミツキガメアマゾンを駆除し、他のアマゾンも駆除班により駆逐されるも、黒崎隊は自分と札森以外は全滅してしまう。
三崎「なんだか・・・やりきれねぇな・・・。」
志藤「いつまで続けんだ・・こんなこと・・・。」
人とアマゾンの争いにやるせなさを抱く駆除班に対しあくまで仁と悠を駆除しない限り問題は解決しないと主張する黒崎だったが、志藤から切子聖園の実態を全て聞かされる事となり、考えを改めたのか悠を追うことは止め、札森と共に村を降りていった。
(その道中、仁が死に悠の敵がいなくなった事を喜ぶ令華に出会している。)

最終的に悠を駆除せず戻ってきたことには激怒し批難されるも軽く受け流し、逆に(おそらく黒崎や駆除班から事情を聞いたであろう)事件の黒幕である橘を告発する意思を見せた令華に対し橘が迫った際には拳銃で発砲して脚に重傷を負わせ(あくまで令華を護る為の正当防衛と主張)、もがき苦しむ彼を嘲笑っていた。


余談

演者の三浦孝太氏は、『仮面ライダーOOO』でアンク泉信吾)を演じた三浦涼介氏の実兄である。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ イユ 水澤美月 福田耕太 

関連・類似項目

関連記事

親記事

仮面ライダーアマゾンズの登場人物一覧 かめんらいだーあまぞんずのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18217

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました