2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「アマゾン」

『ν(NEW)・OMEGA』

CV:藤田富
スーツアクター:藤井祐伍

概要

仮面ライダーアマゾンズseason2』より登場する、仮面ライダーアマゾンオメガの新たな姿。Episode9「VANISHING WINGS」で初登場し、以降オメガの新たな基本形態となる。

マスカーワールドにてニューオメガの名前が
『ν(ニュー)・OMEGA』になっているが、フィギュアーツでは『NEW・OMEGA』と表記されてる。

水澤悠が新たに入手したネオアマゾンズドライバーを使用して変身する。

スペック

身長188.0cm
体重99.7kg
パンチ力24.0t → 27.4t(劇場版)
キック力30.0t → 33.3t(劇場版)
ジャンプ力ひと跳び55.0m
走力100mを3.6秒

全体的なスペックはアマゾンネオよりやや劣る。
強化前と比べてパンチ力・キック力は増しているが、体重が増加したためかジャンプ力と走力は落ちている。

外見

アマゾンオメガの顔・胸と肩・前腕に銀色の装甲を纏わせた様な外見をしている。
同じくネオアマゾンズドライバーを使用するアマゾンネオと比較すると、装甲に不完全な部分があり、黒い内部メカニズムが露出しているようにも見え、キカイダーを連想させる左右非対称なデザインとなっている。
また透明なため分かりづらいがアマゾンネオと同じく複眼の上からバイザーがついている。

活躍

マモルが潜伏する廃墟で、旧駆除班メンバーを助けるために初変身を果たす。
ただ、(背後にクラゲアマゾンがいたとはいえ)マモルの仲間であった実験体アマゾンを殺せず煮え切らない戦いをした挙句、初お披露目となった美月の圧裂弾によって風圧で吹き飛ばされ派手に転倒するという、新フォームお披露目としてはなんとも不甲斐ない戦いとなった。

その後もクラゲアマゾンに敗北、アマゾンネオとの共闘中に暴走したカラスアマゾンが乱入しチームワークを乱されるなど、なかなか見せ場がないままだったが、それでもEpisode12ではヘビアマゾン2を撃破、続く最終回では美月を襲ったアマゾンネオの攻撃を阻止。胸部の装甲部分で相手の攻撃を受け止め、怒涛の猛反撃を仕掛けて変身解除に追いやるという、ようやく前作主人公らしい活躍を見せた。
その後、アマゾンアルファと共に同時変身を披露。溶原性細胞の悪夢を終わらせるべく、アマゾンネオに戦いを挑んでいった。

劇場版『最後ノ審判』でも引き続き登場。暴走した肉食アマゾンやアマゾンネオアルファと激しい戦いを繰り広げたが、肉食アマゾンの戦いでは若干押され気味でアマゾンネオアルファの介入でようやく優勢となり、アマゾンネオアルファとの戦いでは圧倒された挙げ句スイープソーでドライバーを破壊され変身不可能となってしまった。そのため最後の戦いでは通常のオメガに変身している。

劇中では苦戦する描写が目立つため不遇扱いされる事も多いが、フォローしておくと敗北を喫した相手はクラゲアマゾンとアマゾンネオアルファのみ
いずれもアマゾンアルファでさえ苦戦した強敵であり(前者は事実上のラスボス、後者は劇場版の敵なので強くて当たり前である)、負けても仕方がない相手ではあった
敵の撃破自体はちゃんと果たしているため決して弱い訳ではないが、登場してすぐ強敵と相対してしまった事が弱く見えてしまう要因だったと言えよう。
敵が相応に強くなる終盤に登場したため活躍できないという傾向は近年の最強フォームにも当てはまる事である。
また、スピード面が低下している事から、俊敏な動きで敵に跳びかかっていくアマゾンオメガの戦闘スタイルとやや相性が悪かったとも考えられる。
他に最後ノ審判では長い逃亡生活の故に十分な栄養を摂取する事が出来なかった為にアマゾンとしての力を発揮する事が出来なかったと考察の声もあり(逆に仁は定期的に養殖アマゾンの血液を摂取し続けていた為に十分に栄養を蓄えられ、アマゾンネオアルファを打ち倒しアマゾンオメガと互角に渡り合える程のコンディションを保てたという声もある。)、実際に十分に栄養を蓄えた後はアマゾンアルファと激闘の末に打ち倒せた様子からその事が窺える。

専用武装

  • ニューオメガソード

『最後ノ審判』で初使用。
ネオアマゾンズドライバーによって右腕部分の細胞が変質した物で、毎秒10万回の高速振動が切断力を高めている。

必殺技

  • アマゾンパニッシュ

ネオアマゾンズドライバーにインジェクターを再注入した後、アームカッターで敵を切り裂く。
最終回のEpisode13「AMAZONZ」で使用し、アマゾンネオにダメージを与えた。

ガンバライジング

ガシャットヘンシン5弾より参戦。

余談

デザインコンセプトは「アマゾンネオのプロトタイプ」。プロデューサーの要望もあってキカイダーを連想させる半身の内部メカが露出した左右非対称なデザインとなった。

『アマゾンズ』に登場した全ライダーの中で唯一変身時に機械的なエフェクトが掛かっている。これは全ライダーの中で最も登場が遅く技術が進歩した事を表現しているのかもしれない。

S.H.Figuartsでは、劇場版が公開前だったこともあり、ニューオメガソードは付属せずネオと同じアマゾンネオブレードが付属している。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ 水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ

外部リンク

仮面ライダーアマゾンニューオメガ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ネオアマゾンズドライバー ねおあまぞんずどらいばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーアマゾンニューオメガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーアマゾンニューオメガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113663

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました