ピクシブ百科事典

ムテキゲーマー

むてきげーまー

ムテキゲーマーとは仮面ライダーエグゼイドの形態の一つである。
目次[非表示]

『マキシマムガシャット!ガッチャ―ン!レベルマーックス!』
「ハイパー大変身!」
『ドッキーング!パッカーン! ムーテーキー!』
『輝け!流星の如く!黄金の最強ゲーマー!ハイパームテキエグゼイド!』

概要

仮面ライダーエグゼイド最強フォーム。カラーリングはをベースにしている。仮面ライダークロノス同様レベルが設定されていない形態。

マキシマムマイティXガシャットハイパームテキガシャットを合体して上部スイッチを押すことでカバーが開き作動、黄金に光ったマキシマムゲーマーレベル99から射出されたエグゼイドが黄金の星を纏うことで変身完了する。

直接変身時は、マキシマムマイティXを挿しドライバーを開けた後、変身ポーズをとってハイパームテキをマキシマムマイティXと合体。二つのスイッチを押した後右腕を掲げてレベル99に変身。
その後射出され黄金の星を纏い着地する。

さらに短縮直接変身時は、永夢に黄金の星を纏って変身する。
またパラドとの同時変身の際にはアクションゲーマーがマキシマムゲーマに格納されると共にムテキ化、マキシマムゲーマがキャストオフのようにはじけ飛ぶというプロセスを踏んだ。

黎斗永夢用に開発したものだが、当初永夢はこの姿に変身できなかった。
これはパラドをリプログラミングした際に「天才ゲーマーM」の力を失ったのが原因で、パラドを騙してポッピーから借りたガシャコンバグヴァイザーⅡに彼を収納、それを用いて自分の体に注入することで一体化、再び「M」の力を取り戻して変身を可能にした。

マキシマムマイティXガシャットの完成には4人のライダーの協力があり、この形態もハイパームテキガシャットを作製した黎斗、及び彼を復活させたポッピーを加えたその時点の味方ライダー全員が協力して生まれたフォームと言える。

なお、この一体化でリプログラミングで失った天才ゲーマーMとしての力を再び取り戻したため、以後も問題なく変身可能となっている。

ただし、パラドが消滅してしまうと永夢が仮面ライダーの変身能力を失ってしまう為、そこが唯一無二の弱点になっている。

スペック

パンチ力128.0t
キック力128.0t
ジャンプ力ひと跳び128m
走力100mを0.128秒


カタログスペックは全てが128に由来する数字となっている。
128はコンピュータ関連で多用される数字。

クロノスに対抗するべく作られたため、身体能力はクロノスの完全上位互換となっており、100t以下の攻撃を安全に受け止めることができるクロノスに有効打を見舞える。平成ライダーシリーズ全体で見てもライジングアルティメットさえ全ての面で凌駕するどころか、それ以上のスペックを持つスーパーライジングアルティメットにも匹敵する

常時無敵状態であるためあらゆる攻撃が効かず、敵からのダメージを受けることがない
肩の「スパーキングショルダー」によってクロノスのポーズなどの特殊能力すら無効化できる。

防御能力だけでなく攻撃能力もムテキの名に相応しく、「EXコンプリートアーム・レッグ」等で常にエナジーアイテムで最大限強化されている状態に匹敵する。
「ヴィクトリーファイトグローブ」によってガシャコンウェポンの攻撃力も10倍に引き上げられていることに加えて、当たり判定をコントロールできるため任意での多段ヒット、無限ジャンプなども可能。この無限ジャンプのお陰で、どこかの配管工よろしく無敵状態なのを良い事に調子に乗ったところを穴に落ちてゲームオーバー……という事が一切無い(そもそも穴なんてないが)。

また頭部で一際目を引く「ハイパーライドヘアー」は伸縮自在の刃となっており、振り回すことで黄金の竜巻を起こして範囲攻撃ができる。同時に全身の余剰エネルギーをチャージする機能もあり、それを放出することでただでさえ強いムテキゲーマーの全能力を2倍にまで引き上げる(スペックを2倍すると256になり、これは8ビットで表現できる最大数。ファミコンやゲームボーイなどは8ビットゲーム機)。
頭部の1本伸びたブレード「ハイパーライドブレード」は敵の戦闘システムに干渉し、攻撃力や防御力に影響を及ぼす全ての機能を停止させることができ、こちらも長時間戦闘に強いクロノスに対するカウンターとなっている。


素のスピードも速く、計算すると2812.5km/h=約マッハ2.3。これはクロックアップなど正確な速度がわからないものを除けば、平成ライダー歴代3位の速さ(1位:仮面ライダー555 アクセルフォーム・アクセルモード時0.0058秒、2位:仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ・加速時0.12秒)を誇る(2017年6月現在)。

更に「EXコンプリートアーム・レッグ」による攻撃は上述の威力に加え視認不可能の速度を誇り、ゲームエリア内であればショートワープもできる。

まさしく「ぼくのかんがえたさいきょうのかめんらいだー」を具現化したような存在。

第37話以降は武器としてガシャコンキースラッシャーを引き続き使用している。

必殺技

  • ハイパークリティカルスパーキング

ハイパームテキガシャットのスイッチを二度押すことで発動。第36話で初披露。
第36話では全身に黄金の粒子を纏い、超高速移動を駆使した連続キックを相手に叩きこんだ。
これまで圧倒的なスペックで他のライダーを圧倒していた仮面ライダークロノスを初めて撃破した。
第37話ではガシャコンキースラッシャーを用いた必殺技を披露。連続で敵を斬りつけた。この技でカイデンを撃破した。
いずれも技を放ち終わった直後は相手にダメージが無く、時間差で相手の全身から無数のあたり判定「HIT!」「GREAT!」「PERFECT!」が炸裂し一斉に敵にダメージが入るという鬼畜仕様の必殺技となっている。
撃破後の音声は「究極の一発!完全勝利!」

余談

独特の変身ポーズは永夢役の飯島氏が考案した、ムテキの「ム」をイメージしたもの。
またセレクトで天に手をかざしているのはオープニング「EXCITE」の終盤の永夢が腕を上にあげてエグゼイドに変身するシーンが元ネタだという。

パラドを騙して永夢に宿させる事で実現した姿だが、パラドもまたゲーマドライバーでレベルアップする為に人間の遺伝子を手に入れる為に永夢を利用している為、意趣返しとも言える。
お互いがお互いのパワーアップに不可欠な、まさにライバル同士である。

外部リンク

テレビ朝日公式サイトの解説ページ

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド エグゼイド(仮面ライダー)
マキシマムゲーマーレベル99 :言わばムテキゲーマーのレベル1に相当する存在

黄金の最強フォーム究極フォーム
キングフォーム エンペラーフォーム
サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム インフィニティードラゴンゴールド 
CJGXとはで一人の仮面ライダーという共通点、インフィニティドラゴンゴールドとは自らに宿った怪人の力を使って変身しているという共通点がある。

中間フォームから二段変身する最強フォーム
シャイニングフォーム 極アームズ
特に極アームズはフォーム名が日本語、中間フォームの変身アイテムと組み合わせて使用する(玩具版ではセット販売がされる)という共通点がある。

無敵 この世で一番速いヤツ 
スター(スーパースター):マリオシリーズに登場する無敵になれる星形アイテム。おそらく元ネタ。
スーパーソニック:金色で無敵。ハイパーソニックという形態も存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ムテキゲーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145688

コメント