ピクシブ百科事典

エナジーアイテム

えなじーあいてむ

特撮作品『仮面ライダーエグゼイド』に登場する補助アイテム。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーエグゼイド』に登場するライダー達が使うメダル型のアイテム。
共通のデザインとしてライダーを模したシルエットが描かれており、そのアイテムの効果を示している。
ゲームエリアに点在するアイテムボックスに入っており、壊すことで中のメダルが対象に吸収され効果の名称をコールしながら発動する(序盤はコールがなかった)。
第15話にてパラドクスにより他ライダーたちのアイテムが統一され、それ以降はエナジーアイテムが直接ゲームエリアにバラまかれる演出になっている。
ネットムービー『【裏技】仮面ライダーゲンム』公開開始以降は本編でもCGに限定せず実物の小物を直接ロケ地に置いて撮影しているため、大量のエナジーアイテムがシュールに見えることも。

サポート能力は非常に高く、レベル1桁のゲーマーでもエナジーアイテムを使えばレベル30以上の敵に肉薄・ないし圧倒することすら可能。
この強力さ故か、第38話にて、全てのエナジーアイテムが檀正宗/仮面ライダークロノスによって独占される事態も起きた。
(独占後のエナジーアイテムはメダルサイズにまで縮小された状態でメダルホルダーに収納されており、クロノスが使用する際に元の大きさに戻るようになっていた。 )

これにより、積極的にエナジーアイテムを活用してきたパラドクスは能力面で大幅に弱体化する事となってしまった……
かに思われたが、第40話にてクロノスがメダルホルダーを開いた瞬間にパーフェクトパズルの能力で全てのエナジーアイテムを奪い返すことに成功、逆に「混乱」を付与して逆転の糸口とした。
(設定上はパーフェクトノックアウトもゲームエリア内のあらゆる物質を自在に操る特殊装置「マテリアコントローラー」を持っているが、 左肩にしかないため左手でしか発動できず、扱えるエナジーアイテムの量に制限があるのだと思われる。また、分離という意表をついた戦術により「クロノスにエナジーアイテムを使わせる」という目的もあったと思われる。)

なお、ライダーやバグスター(劇中ではコラボスバグスター(ジェットコンバット)やポッピーピポパポが該当)以外にも、ゲーマであるファンタジーゲーマが獲得しても効果が得られる描写があった。

エナジーアイテム一覧

・高速化
対象のスピードを一時的に上げる黄色のメダル。
第1話では機動性に富むアクションゲーマーであったとはいえ、若干の飛行すら可能としていた。
絵柄は疾走するシルエット。

・鋼鉄化
対象を一時的に鋼鉄化する灰色のメダル。
防御に用いるほか、放ったエネルギー弾や拳を鋼鉄化することで攻撃にも応用できる、
汎用性の高いエナジーアイテムであるが、効果時間は短い模様。
絵柄は鋼鉄化したシルエットと折れる剣。

・挑発
相手を挑発し、対象に注意を向けさせる橙色のメダル。
絵柄はこちらを指で挑発するシルエット。

・ジャンプ強化
対象のジャンプ力を一時的に上げる青色のメダル。
絵柄は助走をつけてジャンプするシルエット。

・マッスル化
対象の攻撃力を一時的に上げる赤色のメダル。
絵柄は力瘤を見せ付けるシルエット。

・回復
対象の体力を回復する灰色のメダル。
絵柄はマッスルポーズをするシルエット。

・縮小化
対象を小さくするクリーム色のメダル。
絵柄は小さくなったシルエット。

・巨大化
対象を巨大化させる緑色のメダル。
絵柄は力を溜めるシルエットと巨大なシルエット。
本編では仮面ライダークロノスが使用しようとしたが・・・
超スーパーヒーロー大戦でも使用。

・透明化
対象を一時的に透明にする水色のメダル。
絵柄は透けたシルエット。

・混乱
対象を思ったように動けなくしてしまう紫色のメダル。
絵柄は混乱したシルエット。

・クリスマス
対象のコスチュームをクリスマス風にする黄緑色のメダル。
エグゼイド曰く、「期間限定のレアエナジーアイテム」で、劇中でもクリスマス記念の第12話以外では登場していない。
季節や天候に関係なく雪を降らせることもできる。
絵柄はサンタ衣装でプレゼント箱を手に持つシルエット。

・発光
対象から眩い光を放ち、敵の目をくらませる紫色のメダル。
絵柄は全身から光を放つシルエット。
仮面ライダー平成ジェネレーションズで使用。

・分身
対象を一時的に分身させる桃色のメダル。分身する人数は7~8人で時によって異なる。
絵柄は左右に分身するシルエット。

・伸縮化
対象の身体を鞭の如く自在に伸縮させる桃色のメダル。某オカマを連想させる。
絵柄は左腕を思い切り伸ばすシルエット。

・反射
敵の攻撃を反射させ対象を守る赤色のメダル。
絵柄は胸のライダーゲージで攻撃を跳ね返すシルエット。
ニコが使用し、コール音声はなかった。

・逆転
自分と相手の体力を入れ替える青色のメダル。
絵柄はマッスルポーズをする黒いシルエットと、困っている白いシルエット。
超スーパーヒーロー大戦で使用。

・モノマネ
対象を特定の姿そっくりにする水色のメダル。
絵柄は鏡の前で自分を指差すシルエット。
『仮面ライダーレーザー』で使用。

・セーブ
対象のデータをセーブし、クロノスのリセットを無効化するオレンジ色のメダル。
絵柄はムテキゲーマーの顔が描かれた本のシルエット。
ハイパームテキガシャットの再開発時に追加されたセーブ機能によるもので、フィールドには出現しない。

※以下、劇中でクロノスのメダルホルダーに確認できるが未使用のエナジーアイテム。
・液状化
対象を液状化させる緑色のメダル。あれではない。
絵柄は眼を残して液状化したシルエット。

・暗黒
対象の周りを闇で包み込む黒色のメダル。
絵柄は右半分が闇に覆われているシルエット。

・睡眠
対象を眠らせてしまう青紫色のメダル。
絵柄は鼻提灯を作って眠っているシルエット。

・幸運
対象に幸運をもたらす黄緑色のメダル。
絵柄は四つ葉のクローバーを持って笑うシルエット。

・平面化
対象を紙のように薄くする紫色のメダル。
絵柄はペラペラになったシルエット。

・風船化
対象を風船のように膨らませる淡い緑色のメダル。
絵柄は膨らんで宙に浮かぶシルエット。

・ギャグ
ギャグをかます青色のメダル。(効果不明)
絵柄はマイクの前で蝶ネクタイをつけたシルエット。
漫才をイメージしていると思われる。

・魅了
相手を対象に魅了させるピンク色のメダル。
絵柄はコロンを吹きかけ魅力(?)をアップしているシルエット。
本作でも特定のゲームでなら活躍しそうなエナジーアイテムである。

・相棒
相棒を呼び出す銀色のメダル。
絵柄は並び立つ2人のシルエット。

・予知
未来を予知する青紫色のメダル。
絵柄は何かを察知したように額に指をあてるシルエット。

・停止
対象の周りの時間を止める黄緑色のメダル。
絵柄は眼のあるアナログなストップウォッチの時が止まっているもの。

・終末
使用すると終末が訪れるという灰色のメダル。
『ブットバソウル』では檀正宗曰く「禁断のエナジーアイテム」だと言う。
絵柄は崩壊する世界と力を抑えられない様子のシルエット。

・ランダム
対象にランダムで効果を付与する銀色のメダル。
絵柄はエナジーアイテムに囲まれているシルエット。

未登場のエナジーアイテム一覧

※「ブットバソウル」等のゲーム作品には登場しているが、映像化作品に登場していないアイテムをここに記す。

・先輩
銀色のメダル。
絵柄はクウガ~ゴーストのライダーズクレストと、それに手を伸ばすシルエット。

・記憶
黄緑色のメダル。
地球の記憶を研究して作られたらしい。
絵柄は本棚と検索を開始する運命の子のポーズをとるシルエット。

・欲望
金色のメダル。
人間の欲望を研究して作られたらしい。
絵柄はタカメダルを背景に、何かに手を伸ばすシルエット。
絵柄が傾いており、まるで落ちながら何かに手を伸ばしているように見えるが・・・?

・友情
青色のメダル。
コズミックエナジーを研究して作られたらしい。
絵柄は握手するように手を差し出すシルエット。

・大先輩
銀色のメダル。
仮面ライダーの伝説を研究して作られたらしい。
絵柄は昭和ライダーライダーズクレストと、それに手を伸ばすシルエット。

・継承
何かを継承させる黒色のメダル。
絵柄はの背景にバトンタッチする2人のシルエット。

・バグ
対象にバグを発生させてしまう紫色のメダル。
絵柄はノイズが走ったシルエット。

・コンティニュー
対象をコンティニューさせる紫色のメダル。
絵柄は土管から出てくるシルエット。

・暴走
対象を暴走させてしまう赤色のメダル。
絵柄は右腕を押さえるシルエット。

・残像
対象に残像を残す能力を付与する黄色のメダル。
絵柄は残像となったシルエット。

・天才化
対象を天才にする水色のメダル。
絵柄はいくつかの数式と『Q.E.D.(証明完了)』の文字、そして考えるシルエット。

○○座
絵柄は星座のマークと願うシルエット。
2017年11月現在、蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座が登場している。

・音速化
対象の速さを音速レベルにする金色のメダル。
絵柄は『高速化』と同一。
・金剛化
対象を金剛に変える金色のメダル。
絵柄は『鋼鉄化』と同一。
・扇動
周囲を対象に扇動させる金色のメダル。
絵柄は『挑発』と同一。
・飛翔
対象を飛翔させる金色のメダル。
絵柄は『ジャンプ強化』と同一。
・剛力化
対象を剛力にする金色のメダル。
絵柄は『マッスル化』と同一。
・全快
対象を全快させる金色のメダル。
絵柄は『回復』と同一。
・極小化
対象を極小レベルに小さくする金色のメダル。
絵柄は『縮小化』と同一。
・極大化
対象を極限に大きくする金色のメダル。
絵柄は『巨大化』と同一。
・消失化
対象をその場から消失させてしまう金色のメダル。
絵柄は『透明化』と同一。
・混沌
対象を混沌へと導いてしまう金色のメダル。
絵柄は『混乱』と同一。

その他にも、多くのエナジーアイテムが確認されている。

その他

厳密にはエナジーアイテムではないものの、映像作品内で登場した物をここでは併記する。

・仮面ライダーエグゼイドアクションゲーマーLv2(♯劇場版仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間)
エグゼイドの客演時に散らばっていたメダル。
絵柄は蹴りを入れるエグゼイド。
・仮面ライダーエグゼイドアクションゲーマーLv2&仮面ライダーゴーストオレ魂(♯仮面ライダーゴースト最終回)
去り際にエグゼイドが破壊したアイテムボックスから飛び出してきたメダル。
これが変化したエグゼイドゴーストアイコンが後に、重要な役割を果たす。
絵柄はダブルライダーキックを放つエグゼイドとゴースト。

ゲームソフト「マイティアクションX」において

ここではオール仮面ライダー ライダーレボリューションに付属する番号をダウンロードすることで遊べるアクションゲーム、マイティアクションX内で登場するエナジーアイテムとプレイヤーキャラであるマイティへの効果について記述する。
※なお、形状や絵柄は上のものと同じである。

・高速化
使うと、マイティのスピードが一時的に上昇する。
・マッスル化
使うと、マイティの攻撃力が一時的に上昇する。
・回復
使うと、マイティのHPが少し回復する。
※ブラックバージョンでプレイする時には出現しない。
・巨大化
ボス戦のみ出現するもので、使うとマイティが巨大化し、ソルティ伯爵にマイティビッグハンマーをお見舞いする。
・混乱
使うと、マイティが一定時間逆方向へ移動してしまう。

アイテムボックス

エナジーアイテムが内包されている入れ物。
ここではライダーごとのアイテムボックスも併記する。
なお、第15話にて仮面ライダーパラドクスパズルゲーマーレベル50によって統一されたからか第16話以降登場していなかったが、第31話で久しぶりに登場した。

仮面ライダーエグゼイド
板チョコ型のブロック(CGを使っていないものがあるためか、シーンによっては若干安っぽいものアリ)
仮面ライダーブレイブ
宝箱
仮面ライダースナイプ
ドラム缶
仮面ライダーレーザー
優勝トロフィー
仮面ライダーゲンム(ゲーマドライバー使用時)
バトルシーンでは見当たらないが、一応エグゼイドと似たブロックが出てきた。
仮面ライダーパラドクス
なし(周りの物をエナジーアイテムに変えることができるため)
ライドプレイヤー
不明
仮面ライダーポッピー
なし
仮面ライダークロノス
なし(エナジーアイテム自体も配置されない)

関連項目

DXガシャコンエナジーブレード



仮面ライダーエグゼイド・・・登場作品

ライダーガシャット・・・同じく仮面ライダーエグゼイド内のキーアイテム。

オーメダル・・・仮面ライダーオーズのキーアイテムで同じくメダル型

ブットバソウル・・・メダルの形状が同一。

ガンバライジング・・・QRコードで連動する。

財団X・・・今度はエナジーアイテムに注目しているらしいが、果たして...?

外部リンク

ブットバソウル公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「エナジーアイテム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13989

コメント