ピクシブ百科事典

目次[非表示]

俺、参上!
「言っとくが俺は、最初からクライマックスだぜ!」

詳細

CV:関俊彦
スーツアクター:高岩成二高田将司ドンブラザーズとのスピンオフ版)

モモタロス及びM良太郎が変身する、仮面ライダー電王の基本形態。
他のフォームでもモモタロスが憑依するとこのフォームになる。
ソードモードのデンガッシャーによる、素早い動きからの剣戟を得意とする。

スペック

身長190cm
体重87kg
パンチ力5t
キック力7t
ジャンプ力35m(ひと跳び)
走力5.2秒(100m)


ウイングフォームを含めた5フォーム中パンチ・ジャンプ・走力3位、キック力4位という基本フォームらしくパワーとスピードのバランスが取れた形態。
しかしリーチは短いため飛行する敵には分が悪く、またモモタロスがカナヅチなので水中戦も不得手(地上からデンガッシャーの刃先を水中の敵に飛ばしての攻撃は可能)。
パンチ力やキック力が高い訳でもない器用貧乏めいたスペックゆえ決め手に欠いており、デンガッシャー・ソードモードが通らない防御力の高い敵とも相性が悪い。

ある意味モモタロスの持論、手数と勢い任せの「戦いはノリのいい方が勝つ」を体現していると言える。

外見

アーマーは赤く(背中はアックスフォームの胸部アーマーで金色)、頭部の赤い複眼と触角が2つに割れたを模している。目の名前は『ペルシアスキャンアイ』というが、これは桃の英名『ピーチ』の語源がペルシャに由来するから(原産は中国でペルシアを通して西洋世界に齎された)。
変身すると大抵の場合妙なポーズを取って上記の台詞を言う。
モモタロスが憑依した人物が変身する時は、一旦プラットフォームに変身してからアーマーが出現・装着される(頭部は桃が顔のレールを伝って割れて装着)形で変身する。

エクストリームスラッシュ

パスをベルトにフルチャージして、デンガッシャーの刃先にエネルギーを溜めて敵を切り裂く。刃先を飛ばして攻撃するパターンもある。劇中では「俺の必殺技・パート~(数字や様々な言葉が入る)」と言って使用する。モモタロスが4を言えない為、パート4はない。
クライマックスフォームでも使用されている他、モモタロスも自らの専用武器・モモタロスォードで使用した事がある。

デンライダーキック

回し蹴りを2回決めてから跳び回し蹴りを放つライダーキック。この技は「俺の超必殺技」と呼称された。
なお、『オールライダー対大ショッカー』において、ソードフォームが他のライダーと共にシャドームーンに対して使用したオールライダーキックでもライダーキックを披露している(ただ、空中で一回転してから飛び蹴りを放つという初代ライダーを意識したと思われる技で、パスをフルチャージする動作もなかったため、デンライダーキックとは異なる技である可能性も高い)。
『平成ジェネレーションズFOREVER』では『オールライダー対大ショッカー』に近いキックをフルチャージした上で使っている。

ディソルダースラッシャー

ガンバライド初出。デンガッシャーにエネルギーを集めて敵を連続で切りつける。ロストヒーローズシリーズではエクストリームスラッシュの簡易版として表現されている。

余談だが、基本フルチャージ発動時ライダーパスは必ず投げる。その為、毎回イマジンを倒した後はあらぬ方向に飛んでったパスを探す羽目になるので、キンタロスから「パスが無いと帰られへんのに、いちいち投げよってからに!」 と指摘されるが、モモタロス本人は 「お前なぁ…フルチャージの後大事にしまってたんじゃ格好つかねェだろうが!!」 と逆ギレしていた

「意味わかんないー」
「お前そればっかりやな」

所が、この変な拘りの所為でとんでもないトラブルを起こす事になる
因みに、同作内ではフルチャージ後に癖でパスを投げそうになったがそれでトラブルが発生したばっかりだったのでしっかりしまっている。

備考

仮面ライダーキバ』以降の平成ライダー作品にも高頻度で登場している。
ディケイドが電王に変身するとプラットフォームでは無くこのフォームになる。因みに「俺、参上!」のカードもあるが、これらのカードが劇中で役に立った事は無い。更にネタなカードだけだったらまだしも、その後も電王のカードを使用して真面目に戦ってもマトモな戦果を挙げられておらず、カメンライドの中ではブッチギリで扱いが悪い(しかもコンプリートフォームの召喚ですら唯一外している)

魔宝石の電王

仮面ライダーウィザード』第52話ではモモタロス(というか関氏)そのまんまの電王として魔宝石の世界に召喚された。ライダーリングを持った少年に召喚されて響鬼キバと共に怪人軍団と戦うが、アマダムに捕らえられてしまう。
ウィザードを追い詰めるためにアマダムに召喚された際、アマダムの「所詮ライダーはリングの持ち主に従うだけ」という言葉に対して
「何言ってんだ?バカかお前。俺たちはリングの力で子供達に従ったんじゃねえ。弱き者を守っただけだ!」と一蹴。ディケイドの説教パートへのバトンを繋いだ。
巨大怪人戦では電王本編で慣れっこだったからか、真っ先にデンライナーゴウカを呼び出して攻撃を加えた。
また、アマダムとの最終決戦ではライナーフォームに変身していたため、モモタロス単体ではなくM良太郎が変身した姿なのかもしれない。

関連タグ

仮面ライダー電王
電王 モモタロス 野上良太郎 俺、参上! 最初からクライマックス 俺の必殺技
プラットフォーム ロッドフォーム アックスフォーム ガンフォーム ウイングフォーム クライマックスフォーム ライナーフォーム
乗っ取りフォーム

アーマードライダー仮面ライダー鎧武』、ニュートン魂仮面ライダーゴースト』:モチーフが果物である点が共通

星雲仮面マシンマン:スーツの配色が似ている特撮ヒーロー。こちらも「主人公が異星の大学のカリキュラムで地球に来ているだけの一般人」「敵の目的が子供嫌いなので子供をいじめるだけ」「敵を倒すのではなくカタルシスウェーブという特殊能力で改心させる」など、型破りな設定が多い。

ライダーフォームソードフォームキバフォーム

関連記事

親記事

電王 でんおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ソードフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ソードフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました