2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

仮面ライダーG電王

かめんらいだーじーでんおう

「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー EPISDE YELLOW お宝DEエンド・パイレ~ツ」に登場する時間警察の仮面ライダー。
目次[非表示]

レイジ「そんなに自分を消したいなら、俺が消してやる!変身!」
イブ「海東大樹!時間を盗もうとした容疑で逮捕する!」

CV:古川雄大(レイジ変身時)/高橋広樹(イブ暴走時)
スーツアクター:伊藤教人

概要

時間警察の捜査官「黒崎レイジ」が、Gデンオウベルトに専用のライダーパスをセタッチする事で、人工イマジン「イブ」の力を纏って変身する仮面ライダー

デンガッシャーを武器として使用する点を除けば、ライダーパスで変身する中でも独特なシステムを持つ。
まず、G電王は固有のフォーム名を持たない。そのため変身時のアナウンスも無し。変身後のセタッチする際はフルチャージではなく「パーフェクト・ウェポン」を発動。強力なバリアを手をかざす形で展開が可能となる。


スペック

身長196cm
体重98kg
パンチ力7t
キック力10t
ジャンプ力ひと跳び40m
走力100mを3.8秒


時間警察という組織が作り上げ、海東大樹を狙わせただけの事はあり、全ての性能でディエンドを凌ぐ。
キック力と走力では電王の最高戦力超クライマックスフォームと並ぶ高スペックを誇り、単純な数値だけなら電王の敵ライダーの中でも随一。膝蹴り一発で象すらも倒すという。
ただパンチ力は1tと僅差だが、ジャンプ力では10mと大差をつけられている。

加えて人工イマジン・イブ(後述)の解析による敵の動きの先読みもあり、戦闘能力は非常に高い。ただし連携技では一人目の行動は読めても二人目までは読めず劣勢に追い込まれる描写もあった。


複眼「レッド&ブルースキャンアイ」で対象をアカシックレコードと照合させて善悪を測っている。

この他にもイブの力で時の列車を使わずに時間を行き来する事が可能。



必殺技

イブの「パーフェクト・ウェポン」のコールと共に発動。

ワールドバニッシュ
バリアを展開し敵の攻撃を防ぎながら、デンガッシャーガンモードから無数の赤と青のエネルギー弾を発射する。

ワールドエンド
劇中未使用。デンガッシャー十手モードを使用する必殺技。

ツール

ライダーパス

イブの顔が出現している他、警察手帳も兼ねているほか、転送機能や手錠をかける機能(スマートフォンのように操作するためモニターがついていると思われる)なども備えているため多機能。

Gデンオウベルト

G電王への変身に使用する。変身メロディはガオウの物に酷似している。
フォームスイッチも存在するが、黒一色になっており機能や役割については不明。


デンガッシャー

電王の物と同じ。ガンモードの組み方は電王の物とは違い、オーラアックスが展開している。
ガンモード、十手モードを使用した。
玩具でも再現可能。

人工イマジン・イブ

イヴ


声:高橋広樹

時の運行を管理する時間警察が作り上げた人工のイマジン第1号のドーベルマン型イマジン。普段はレイジの持つ“ライダーパス”内部に存在している。

G電王に変身した後はの装甲の一部となるが、ゼロノスベガフォームのように飾りなのかどうかは不明。ちなみに会話する際はが赤く光る為、ゼロノスとは違ってガチで本人の顔である可能性もある。

人工的に生まれた存在である為か融通が利かない堅物=機械的な性格の上、他のイマジンと同じく傲慢かつ独善的な一面を持っており、内心では人間を感情に左右されて完璧な行動が出来ない生物として見下している。

しかし、自身と同じようなタイプであるレイジに対しては絶対的な信頼を寄せており、レイジに対して様々なアドバイスを行う。

この世の全ての歴史が刻まれたアカシックレコードに忠実に行動した結果…


余談

名前に電王と入っているくせにモチーフはパトカー。モチーフの通り、電仮面はパトカーの形状から仮面へと変形する。
もちろん体のところどころに、線路のようなものがあるので、ちゃんと電車要素はある。
あの仮面ライダーに先駆け自動車がデザインモチーフに選ばれた初(?)のライダーだった。

関連タグ

仮面ライダー電王 超電王トリロジー 

ポリスライダーズ 劇場版限定ライダー ダークライダー

劇場版限定ライダー
キバーラ/スカルG電王エターナル/ジョーカー

以下人工イマジン・イブのネタバレに付き閲覧注意‼















物語の終盤、海東大樹の行動により、自身を捨てたと思っていたの本当の気持ちや、大樹の行動の真意を悟った事で彼への憎しみが薄れ母と大樹を許そうとしたレイジが、自分のアドバイスを全く聞かなくなると突然「これだから人間は信じられない‼」と本心を露わにすると同時にレイジを見限り暴走。

感情に全く左右される事無く完璧な行動ができる自身が世界を管理しようと目論み、単独でG電王へと変身(というより、他のイマジンが契約後に実体化するのと同じ方式だった為、変身ベルトを使ってG電王の姿で実体化したという方が正しい)。

上記にある通り、未来人の精神体たるオリジナルイマジンとは異なり、人工的に生みだされたとはいえ本質自体がイマジンたちと同じである故に、“人間を全て消し去れば歴史を改変しようと目論む者もいなくなる”=“時間を完全に管理することに繋がる”=“万事めでたく全てが丸く収まる”というイマジン特有の勝手な解釈による判断から全ての人間を消し去ろうと活動を始めてしまった(要は本三部作のトリを飾るラスボスである)

自身が持つ完璧な判断力を用いてタロスズ及び電王を圧倒するが、最後はディエンドとの連携で正面突破して来たクライマックスフォームの必殺技を受けた所へ"コンプリートフォーム"へとフォームチェンジしたディエンドが発動した召喚ライダーたちの必殺技+『強化ディメンションシュート』の同時攻撃を受け大爆発と共に消滅した。

前述の通り、「これだから人間は信じられない」と言っているが、イブを生み出したのは何を隠そう人間である。本来イブは時間を管理する=人間の平和のために生み出されたはずであり、その人間に対し殺意を抱いたことにより、レイジのパスから抜け出し単独変身が可能となった。
平成・令和になっても「悪の勢力の出自であったり同等の力を持つ」スタンスは変わらない仮面ライダーシリーズにおいて、イブが「自身を生み出した存在を消す」ために変身したG電王もまた、れっきとした仮面ライダーであり、「仮面ライダーシリーズとしての電王のこれから」を描いた『EPISODE YELLOW』のボスキャラに相応しい存在だったと言えよう。

関連タグ

関連記事

親記事

ライダーパス らいだーぱす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーG電王」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーG電王」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20400

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました