ピクシブ百科事典

仮面ライダーG4

かめんらいだーじーふぉー

仮面ライダーG4とは、映画『仮面ライダーアギト PROJECT G4』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「俺の答えは解っているはずだ。どうする?俺は死を背負い、お前は生を背負っている。どちらが正しいか今この場で答えを出すか!」

概要

身長体重パンチ力キック力走力ジャンプ力硬度・防御力
198㎝187㎏4t13t100mを7.5秒ひと跳び25m10


仮面ライダーを超えようとする男

自衛隊製造のパワードスーツ
設計者は仮面ライダーG3と同じく警視庁小沢澄子
実験段階で判明した危険性が余りに高すぎたため警視庁に封印されていたが、自衛隊の深海理沙により設計図が奪取され新造された。

性能自体ではG3の強化版であるG3-Xと大差ないが、実際は後述の特性によってG3-Xはおろか、仮面ライダーアギトさえ(最強フォーム以外ならば)完全に凌駕する凄まじい性能を持つ。
その特性とは、AIによる機体制御。本機のAIは「装着者の意思や肉体的限界その他諸々を完全に無視し、戦闘のみに特化した動きを取る」という仕様になっているため、装着者はやがて肉体の限界を超えて死ぬというデメリットがある。
が、中身が死体であってもAIがスーツを制御するため、作戦行動中に限れば実質的なデメリットは存在しない。
この特性は、本機が「人間を強化するスーツ」ではなく、AIが主体となる「人体を消耗品のインナーフレームとして要する戦闘ロボット」(スーツを動かす「パーツ」として「人体という内部フレーム」が必要)であることを示す。

また本機は、予知能力者と連動することで敵の行動を先読み・先手を打つシステムを搭載しているが、この予知能力者も搭乗者同様の消耗品であり、死ぬ。
予知能力者は超能力者の中でも数少なく、(作中においても)再供給が困難な希少な存在であり、しかもシステムによる超能力の行使によってアンノウンを引き寄せてしまう上に、システムに組み込まれた超能力者が予知以外の能力を行使し機械的限界を超えてしまえばG4のシステムにもエラーが生じてしまう危険性すらある。
なお劇中では、『超法規的に国家の保護観察下においた』(当人からすれば、『謎の秘密結社拉致監禁された』と同義)予知能力者と思しき人間を用いていた。
そして、素質のあった風谷真魚も素体に利用されてしまう。

G4を操る人員は勿論、貴重な超能力者を消耗品とする点、更に能力行使において多大な危険と不確定要素を抱えてしまう点から、G4は(仮に「諸々の人道的観点」を度外視したとしても)欠陥品であると指摘されることが多い。

HERO SAGAではこのG4とG3-Xのパーツを組み合わせて修理した間に合わせの装備、G4-Xが登場している。

装着者

水城 史朗
陸上自衛隊三等陸尉である髭が特徴の男。
アントロード相手に為す術無く敗北した経験から生への執着を捨て危険を覚悟でG4となる。
また、彼曰く水城が装着員となる前にも他の自衛官が装着員となって死亡していたとの事で、劇中ではその遺体が自衛隊の研究施設に冷凍保存されている様子が描かれている。

装備

GM-01改四式

仮面ライダーG4


G3及びG3-XのGM-01の改良型。G4のバックパック下部には本装備の弾倉が2つ装着されている。
弾丸が強化されており更にフルオート射撃(連射)も可能になっている。

多目的巡航ミサイル「ギガント」

G4


正式名称:G4用強化体携行用多目的巡航4連ミサイルランチャー「ギガント」
4連装のミサイルランチャー。本体後部からケーブルを伸ばしベルト右側に接続し、ベルト左側のダイヤルを回すことでロックが解除され発射される。抜群の破壊力でアントロードの大群を殲滅した。

このミサイルは歴代の仮面ライダーに多段変身できる仮面ライダーディケイド激情態も用いていた。後年の作品では仮面ライダーJグランドジオウを吹き飛ばすなどの描写があり、改めてその破壊力を実感させられる。
劇場版ではミサイルを使用した2回両方とも一発しか発射しなかったが、ディケイド激情態やジオウでのG4では4発同時に発射している。

仮面ライダーディケイド

ライダー大戦で倒れている姿が確認できる。

アギトの世界」ではG4チップのみ登場。海東大樹が狙ったが破壊された。

ディエンドコンプリートフォームの召還ライダーの1人でもある。

仮面ライダージオウ

EP44にてスウォルツアナザーディケイドにアナザーワールドから召喚される(つまり「G3-Xやアギトに勝った」世界線。他と違い勝っても死ぬのでは…。まあ他のライダーと違いある程度の身体能力があれば誰でも装着可能なため、別の誰かが受け継いだと考えよう)形で登場。
レイダークゴースト風魔と共にグランドジオウゲイツリバイブに襲い掛かり、2人に向かってギガントのミサイルをぶっ放した。

EP46で再びジオウ達の前に現れ、ゲイツリバイブやウォズギンガファイナリーと対決。最後は風魔と共にウォズギンガタイヨウフォームのバーニングサンエクスプロージョンを喰らい敗北・消滅した。

また、召喚されたライダー達が勝った世界線が容易にバッドエンドを想像しやすいのに対し、G4だけはそういったバッドエンドを想像しにくいが、原典で深海理沙がバックにいた事を考えると国防を大義名分に人々がG4の贄とされる世界線または、G4が他国に軍事利用されて多くの人々が犠牲になった世界線になったのだと思われる。上述した変身者が死亡するリスクは「通常の人間」に対する物であると解釈すると、ハイドロゾアロードに強奪された仮面ライダーG1のように何らかの人間を越える存在がG4を強奪し運用している世界の可能性も考えられる。
いずれにせよ、誕生から十数年経った現在では改良型が活躍している可能性もある。

余談

劇場版発表当時、雑誌記事などでは「仮面ライダー20号」と紹介されていた。

平成ライダーではお馴染みとなったダークライダーだが、G4はその1号でありその存在は仮面ライダーの怪人に新たなジャンルを追加する事となった。
18年経った仮面ライダージオウでもギガントを放つ姿を披露、現行のライダーを相手に初代ダークライダーとして遺憾なく猛威を振るっている(ファンからも根強い人気がある一方で、設定故に恐怖の存在としての印象も強いとか)。

放送当時、玩具はソフトビニール人形しか発売されなかった。インターネット上で「映画館限定で装着変身が発売される」というデマが流れたことで、東映公式サイト上で「G4の玩具はソフビだけで、装着変身はありません」と明記された。
装着変身は放送終了の1年後、香港での展開に合わせて作られ、日本でも限定で発売された。

プレイステーション用の格闘ゲームにも登場はしているがボイスを一切発さない。また必殺技はGM-01改の連射であり、ギガントはまったく登場しない。

スーツは色が黒い以外はG3-Xをベースに、肩パーツがG3、頭部と左胸の自衛隊のエンブレムが新造形。

スーツアクターはRXなどでお馴染みの岡元次郎氏。氷川誠役の要潤氏は顔出しでの対決シーンを「あまりの迫力で怖かった」と語っている。

関連タグ

仮面ライダーアギト PROJECT_G4
AGITΩ 仮面ライダーG3 G3-X 仮面ライダーギルス

劇場版限定ライダー ダークライダー 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム

仮面ライダー龍玄・黄泉:同じく長時間使うと装着者の命が危ないとされるライダー。ただしこちらは死ぬ前に変身解除したため、変身者は命を落とす事は無かった。

シャイニングホッパー:同じくAIで最適な戦法を導き出し、その戦法が変身者の能力を上回る場合は強制的に能力を引き出すフォーム。こちらも命の危険こそないが大きな反動がある。

ファフナーヴァルヴレイヴバイオゾイド:同じく「人間をパーツ」として扱うロボット

ジアース:こちらは「人間を動力源」として扱うロボット

外部リンク

PROJECT G4 - 東映
劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 - Wikipedia

関連記事

親記事

PROJECT_G4 ぷろじぇくとじーふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーG4」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137002

コメント