ピクシブ百科事典

仮面ライダーG4

かめんらいだーじーふぉー

仮面ライダーG4とは、映画『仮面ライダーアギト PROJECT G4』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「俺の答えは解っているはずだ。どうする?俺は死を背負い、お前は生を背負っている。どちらが正しいか今この場で答えを出すか!」

概要

仮面ライダーを超えようとする男
自衛隊製造のパワードスーツ
設計は仮面ライダーG3と同じく警視庁
あまりに危険なため設計のみで封印されていたものが、自衛隊の一部幹部により奪取された。

性能面では、G3の強化版であるG3-Xはおろか、仮面ライダーアギトさえ(最強フォーム以外ならば)完全に凌駕するすさまじい性能を持つ。
ただし、本機のAIは「装着者の意思や肉体的限界その他諸々を完全に無視し、戦闘のみに特化した動きを取る」という仕様になっているため、装着者はやがて肉体の限界を超えて死ぬというデメリットがある。
が、中身が死体であってもAIがスーツを制御するため、作戦行動中に限れば実質的なデメリットは存在しない。
この特性は、本機が「人間を強化するスーツ」ではなく、AIが主体となる「人体を消耗品のインナーフレームとして要する戦闘ロボット」であることを示す。

また本機は、予知能力者と連動することで敵の行動を先読み・先手を打つシステムを搭載しているが、この予知能力者も搭乗者同様の消耗品であり、死ぬ。
予知能力者は(作中においても)再供給が困難な希少な存在であり、それを消耗品とする点においてG4は人道的観点を度外視したとしても欠陥品であると指摘されることが多い。
なお劇中では、『超法規的に国家の保護観察下においた』(当人からすれば、『謎の秘密結社に拉致監禁された』と同義)予知能力者と思しき人間を用いていた。

sicではこのG4とG3-Xのパーツを組み合わせて修理した間にあわせの装備、G4-Xが登場している

装着者

水城 史朗
陸上自衛隊の三等陸尉である髭が特徴の男。
アントロード相手に為す術無く敗北した経験から生への執着を捨て危険を覚悟でG4となる。
また、彼曰く水城が装着員となる前にも他の自衛官が装着員となって死亡していたとの事で、劇中ではその遺体が自衛隊の研究施設に冷凍保存されている様子が描かれている。

装備

GM-01改
G3、およびG3-XのGM-01の発展型。やはり牽制用に多用する。バックパック下部には本装備の弾倉が2つ装着されている。

多目的巡航ミサイル「ギガント」
4連装のミサイルランチャー。抜群の破壊力で敵を殲滅するが、発射の際にケーブルを伸ばしロックを解除する等、隙が大きい為超能力者との連携による予測で真価を発揮する。
正式名称:G4型強化体携行用多目的巡航ミサイルギガント

このミサイルは歴代の仮面ライダーに多段変身できる仮面ライダーディケイド・激情態も用いていた。

仮面ライダーディケイド

ライダー大戦で倒れている姿が確認できる。

「アギトの世界」ではG4チップのみ登場。海東大樹が狙ったが破壊された。

ディエンドコンプリートフォームの召還ライダーの1人でもある。

余談

劇場版発表当時、雑誌記事などでは「仮面ライダー20号」と紹介されていた。

放送当時、玩具はソフトビニール人形しか発売されなかった。インターネット上で「映画館限定で装着変身が発売される」というデマが流れたことで、東映公式サイト上で「G4の玩具はソフビだけで、装着変身はありません」と明記された。
装着変身は放送終了の1年後、香港での展開に合わせて作られ、日本でも限定で発売された。

プレイステーション用の格闘ゲームにも登場はしているがボイスを一切発さない。また必殺技はGM-01改の連射であり、ギガントはまったく登場しない。

スーツは色が黒い以外はG3-Xをベースに、肩パーツがG3、頭部と左胸の自衛隊のエンブレムが新造形。

スーツアクターはRXなどでお馴染みの岡元次郎氏。氷川誠役の要潤は顔出しでの対決シーンを「あまりの迫力で怖かった」と語っている。

関連タグ

PROJECT_G4
仮面ライダーアギト 仮面ライダーG3 G3-X 仮面ライダーギルス

劇場版限定ライダー 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム

ゼロシステム・・・同じく使用者よりも戦略重視のシステム
仮面ライダー龍玄・黄泉・・・同じく長時間使うと装着者の命が危ないとされるライダー
ただしこちらは死ぬ前に変身解除したため、変身者は命を落とす事は無かった。

外部リンク

PROJECT G4 - 東映
劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーG4」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44872

コメント