ピクシブ百科事典

八代淘子

やしろとうこ

八代淘子とは、『仮面ライダーディケイド』の登場人物。

演:佐藤寛子

概要

アギトの世界の住人で、グロンギから人々を守るG3ユニットの開発者兼班長。
クウガの世界で殉職した八代藍と瓜二つであり、小野寺ユウスケも驚いていたが藍本人ではなく並行世界の同一人物である。

マスコミの集中砲火にも怯まない気の強い人物。仮面ライダーG3-Xの運用と信用性を世間に認めてもらおうと装着員の一般公募を実施した。
G3-Xは新開発の神経断裂弾でグロンギに対抗できる程の性能を示していたが、一方で対グロンギ用装備としては過剰戦力であると批判を受けていた。しかし、既にアンノウンというグロンギを超える存在が出現していることを察知しており、アンノウンに対抗するためにG3システムを強化する必要性を痛感している。

前G3ユニットの装着員で、不完全な形でエクシードギルスになってしまい姿を消した芦河ショウイチを心配しており、ロッカーの中にG4チップを託し、彼への手紙とG3-Xを開発し、ショウイチを守ろうとしていた。

最後は戻って来たショウイチと握手を交わし、彼を迎え入れた。

キャラクターは小沢澄子オマージュ、名前は小沢を演じた藤田瞳子に由来すると思われる。

関連タグ

アギトの世界

関連記事

親記事

アギトの世界 あぎとのせかい

兄弟記事

コメント