2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

小沢澄子

おざわすみこ

小沢澄子とは、『仮面ライダーアギト』の登場人物。G3ユニットのリーダーである女性。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーを創る女

演:藤田瞳子

仮面ライダーアギト』の登場人物。
G3の設計者にして、未確認生命体対策班の実働部隊G3運用チーム、通称「G3ユニット」の班長を務める人物である。役職は管理官。階級は警部。1977年生まれの25歳(本作の舞台は2001年のため矛盾が発生しているのだが……)。
ニューヨーク出身の帰国子女で、12歳の時にマサチューセッツ工科大学に入学し、15歳で博士課程を首席で修了。その後日本の城北大学を卒業してから警察官になったという経歴の持ち主。その経歴に違わずIQは180以上。
城北大学時代は、機械工学の権威である高村光介教授のもとで才気を磨いた。

氷川誠の実力と人柄を高く評価しており、常に信頼を寄せている。
頭の回転が速く、思考そのものは常に沈着冷静。どんな場面でも理性的に物事を考えることができる反面、性格はクールには程遠く常にアグレッシブで強気で押しが強い。その為、北條透を始めエリートを敵に回してしまうことが多い。
上記の経歴ゆえ彼女も十分エリートなのだが、エリート扱いは嫌いらしく、態度や嗜好は庶民派を貫いている。
好物は焼肉ビール。劇中では焼肉を頻繁に奢っている他、ビールに関しては昼間から(それも外出先とはいえ勤務時間中に)飲んだり、美杉家でもビールを要求するほど。
劇中では北條と幾度となく皮肉交じりの言い合いを繰り広げている。

またその天才ぶりから、彼女が機械的な完璧を突き詰めると、その機械は人間がついていける領域から外れてしまう。
開発したG3-Xは「機械として」は完璧ではあったものの制御チップなしでは常人に到底使えない代物である(機械として完璧と考えるあまり、G3-XのAIレベルを落とす発想がなかったことからもその危うさが窺える)。
G4に至っては、完璧な強さを追求して開発した結果G3-X以上に人命を顧みない存在と化してしまった。小沢自身の判断でG4の開発は止められたが…。
機械的な完璧を追求してしまう性でありながら人としての倫理観を持ち合わせている姿は、理性あるマッドサイエンティストとも言える。恩師の高村からも完璧な装置を求めすぎて人間の必要性を除外してしまう彼女の性質をして、「昔から嫌いだった」と率直に嫌悪感を示している。
感情的な振る舞いに重きを置いたりエリート扱いを嫌うのも、常人離れした思考を本人なりに気にしているからかもしれない。氷川を評価しているのも、自分には決して持つことのできない人間味のある輝きに惹かれたからであると思われる。

物語当初は髪を下ろしていたが、夏服への衣替え以降は一つ結びにしてまとめるようになった。

最終決戦から一年後には、(本人曰く「啖呵を切って」)警視庁を辞め、西ロンドン大学教授を務めている。

余談

演者の藤田瞳子氏は第35-36話にてコルウス・カノッススの声も担当している。3年後の『仮面ライダー剣』では栗原天音の父・栗原晋の助手であるカメラマン・神丘令役で出演している。

劇中において焼き肉を食べるシーンが多いのは藤田氏自身の好みに由来する。

関連イラスト

G3 Unit
ozw姉さん



関連タグ

仮面ライダーアギト 警視庁 G3ユニット 氷川誠 尾室隆弘 
ライダーヒロイン 警察官 警部 管理官

関連記事

親記事

G3ユニット じーすりーゆにっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小沢澄子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「小沢澄子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36501

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました