2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

G3ユニットは警視庁未確認生命体対策班(SAUL)内に編制されたG3運用チームである。
新たな未確認生命体は2年間現れず対策班自体の存続が危ぶまれていたが、「アンノウン」が出現したことにより本格的に稼働するようになった。

最終決戦後に解散し、後進のG5ユニットに業務が引き継がれている。

構成メンバー

冬服と夏服(18話~34話)の2種類の制服を着用する。
小沢澄子
 G3開発者にして司令官。
氷川誠
 G3及びG3-X装着員。
尾室隆弘
 オペレーター。TVSPではG3マイルド、TV終盤ではG3を装着した。
北條透
 捜査一課所属だが、氷川から装着員の座を一時的に奪ってメンバーとなる。終盤では尾室とともに新体制のG3ユニットを担当した。
Gトレーラーのドライバー
 確実に存在するはずだが顔も名前も不明。

関係者

津上翔一
氷川の要請によりG3-Xを1度装着した。
深海理沙
劇場版に登場。自衛隊からの研修生としてG3ユニットに参加したが、本当の目的はG4システムの設計図を盗むことだった。

他作品におけるG3ユニット

『仮面ライダーディケイド』における『アギトの世界』にて登場。
G3開発者及びユニット班長は八代淘子
G3-Xを用いてグロンギと戦っていたが使いこなせる者がおらず、世間からもその過剰戦力振りから非難の対象となっている。
古屋隆広が装着員を辞退した後は、一般応募で海東大樹小野寺ユウスケを採用している。
両名ともG3-Xを装着したが、バッファローロード撃破後は、かつてのメンバーだった芦河ショウイチが復帰した(完結編ではSAULの制服に身を包んでいるショウイチの姿が確認できる)。

小説仮面ライダーアギト』では当初からアンノウン対策のために組織されている。
エピローグでは北條透の発案によりG3が量産化され、30体以上のアンノウンを撃破する活躍をしている。

『アギト』本編終了から約20年が経過した『仮面ライダージオウ』ではG5ユニットではなくG3ユニットが登場している。リーダーは尾室隆弘
G3システムの最新型への研究などは引き続き行われているようだが、アンノウンの攻勢が終結した今の時代において、いったいどのような事態を想定して運用がなされているかは劇中でははっきりとは語られておらず不明(一応、過去改変されていないライダーの怪人や本編同様にアギトそのものという可能性もある)。

余談

制服をデザインしたのは『アギト』のクリーチャーデザインを担当した出渕裕

関連項目

仮面ライダーアギト 警察

関連記事

親記事

警視庁未確認生命体対策班 けいしちょうみかくにんせいめいたいたいさくはん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「G3ユニット」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「G3ユニット」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13491

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました