ピクシブ百科事典

目次[非表示]

諸元

ベースモデル:ホンダ・X4
全長:2430mm
全幅:855mm
全高:1300mm
最高時速:350km/h
最高出力:320ps/18000rpm
総排気量:1300cc

詳細

Gトレーラーにおいて仮面ライダーG3のスーツ装着を完了した氷川誠がGトレーラーから現場へ向かう時に使用するバイク。
出動時は走行中のGトレーラーの後部から後ろ向きの状態で路上に降下する。
スーツがG3-Xになってからも引き続き使用されており、G3マイルドも同型のマシンを使用している。尚、G3ユニット装着前の状態で使用される事はない。
氷川の他に北條透や津上翔一もG3ユニットの装着者だった時に使用した事がある。
またG3-XとG3マイルドが同型のマシンで並走していた事から、少なくとも2台は存在する様子。

外見

前作における警察車両であるトライチェイサー2000がオフロード仕様のバイクなのに対し、ガードチェイサーは白バイのようなカラーリングのオンロード仕様のバイクになっている。
ヘッドライトの中央部分とリアボックスの後ろがパトランプになっており、出撃時には緊急車両として赤色灯を点灯させサイレンを鳴らしながら走行する。
フロントカウルにHONDAのロゴ入り。(ベース車両のX4はカウル共々ロゴがない)

Emargency Guard Chaser


武装は特に無いが装甲は頑丈で、アンノウンに突撃してもびくともしない。
マシンの後部にはG3やG3-Xの使用武器を格納できる。
トライチェイサーと同様、片方のハンドルがエンジンキーと武器を兼ねており、外して長く伸ばす事で警棒「ガードアクセラー」になる。
短い状態ではG3-Xの左脚に携帯できるが、劇中で武器としては使用されなかった。

客演

仮面ライダーディケイド』第1話にG3-Xと共に登場。アギトが乗るマシントルネイダーと並走していた。第12-13話における「アギトの世界」にもG3-Xのマシンとして登場した。

仮面ライダージオウ』にも登場…したのだが、肝心のシーンがジオウトリニティと交戦していたアナザーアギトがたまたま近くに停車させられていたガードチェイサーをトリニティめがけて投げつけ、それをトリニティがジカンギレードで真っ二つに切り裂いて爆散させるというもので、かつてのアギトの盟友のライダーマシンとは思えないほどの何とも雑な扱いを受けてしまった。

余談

走行中のGトレーラーの後部スロープからバックで地面に降りる危なっかしい出撃シーンはカット割りを使った演出であり、実際にやれば転倒事故の危険が非常に高い
素人が許可なく行えば間違いなく道路交通法違反となるため、絶対に真似をしてはいけない。

複数のライダーが使用し、複数存在する専用バイクは昭和ライダーにおけるサイクロン以来となり、平成ライダーシリーズでは初となる(後に次回作第12作にも同型バイクは登場するので唯一ではなくなっている)。

HERO SAGA』にはビートチェイサーの発展型でガードチェイサーのプロトタイプ、つまり両マシンの中間に相当する「ロードチェイサー」が登場。
仮面ライダーG1事件ではG3MILDを装着した尾室隆弘が搭乗し現場に向かった。

関連タグ

仮面ライダーアギト 仮面ライダーG3 G3-X
ライドシューター ライドベンダー

トライチェイサー2000ビートチェイサー:元が警察車両で、右グリップが武器になる。
オートバジンハンドルが武器になるのは同じだが、こちらは左グリップを使う
トライドロン:同じく警察車両。サポートアイテムを供給するが、こちらは用途に応じて変形する

関連記事

親記事

仮面ライダーG3 かめんらいだーじーすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガードチェイサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5604

コメント