ピクシブ百科事典

ガードチェイサー

がーどちぇいさー

仮面ライダーG3とG3-Xが使用するバイク。
目次[非表示]

諸元

ベースモデル:ホンダ・X4
全長:2430mm
全幅:855mm
全高:1300mm
最高時速:350km/h
最高出力:320ps/18000rpm
総排気量:1300cc

詳細

Gトレーラーにおいて仮面ライダーG3のスーツ装着を完了した氷川誠がトレーラーから現場へ向かう時に使用するバイク。出動時は移動するトレーラーの後部から後ろ向きの状態で路上に降ろされる事で発進する。スーツがG3-Xになってからも引き続き使用されており、G3マイルドも同型のマシンを使用している。尚、G3ユニット装着前の状態で使用される事はない。
氷川の他に北條透や津上翔一もG3ユニットの装着者だった時に使用した事がある。またG3-XとG3マイルドが同型のマシンで並走していた事から、少なくとも2台は存在する様子。

外見

前作における警察車両であるトライチェイサー2000がオフロード仕様のバイクなのに対し、ガードチェイサーは白バイのようなカラーの外見をしたオンロード仕様のバイクになっている。当然、警察機関の車両なのでパトランプも搭載される(本来ならヘッドライトの位置にあるのがそれ)。フロントカウルにHONDAのロゴ入り(X4はカウル共々ロゴがない)。
武装は特に無いが装甲は頑丈で、アンノウンに突撃してもびくともしない。マシンの後部にはG3やG3-Xの使用武器を格納できる。トライチェイサーと同様、片方のハンドルがエンジンキーと武器を兼ねており、外して長く伸ばす事で警棒「ガードアクセラー」になる。短い状態ではG3-Xの左脚に携帯できるが、劇中で武器としては使用されなかった。

客演

仮面ライダーディケイド』第1話にG3-Xと共に登場。アギトが乗るマシントルネイダーと並走していた。第12-13話における「アギトの世界」にもG3-Xのマシンとして登場した。

余談

複数のライダーが使用し、複数存在する専用バイクは昭和ライダーにおけるサイクロン以来となり、平成ライダーシリーズでは初となる(後に次回作第12作にも同型バイクは登場するので唯一ではなくなっている)。

HERO SAGA』にはビートチェイサーの発展型でガードチェイサーのプロトタイプ、つまり両マシンの中間に相当する「ロードチェイサー」が登場。
仮面ライダーG1事件ではG3MILDを装着した尾室隆弘が搭乗し現場に向かった。

関連タグ

仮面ライダーアギト 仮面ライダーG3 G3-X
ライドシューター ライドベンダー

トライチェイサー2000ビートチェイサー:元が警察車両で、右グリップが武器になる。
オートバジンハンドルが武器になるのは同じだが、こちらは左グリップを使う
トライドロン:同じく警察車両。サポートアイテムを供給するが、こちらは用途に応じて変形する

pixivに投稿された作品 pixivで「ガードチェイサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 961

コメント